03/11のツイートまとめ

2018.03.12.04:19

kodomo_sien

薬依存症は怖い。それなしには過ごせなくなりやがてその薬の副作用(本当は別の本作用では?)に侵されていく。体調に合わせて減薬し、できれば断薬に持っていくことですね。 https://t.co/KbpCDqcNxf
03-11 20:56

◆2018年度新パンフレットができました:多様な価値観や異能が集う学び場◆

2018.03.05.18:37

◆2018年度新パンフレットができました:多様な価値観や異能が集う学び場◆

◆2018年度の「フリースクール・ぱいでぃあ」の新カリキュラム等のお知らせである。
 一般に「フリースクール」と呼ばれるものは、海外の動向とは違って日本の場合には「不登校」の子どもたちの受け皿と考えられている。「ぱいでぃあ」もその方針に大きな違いはないが、「フリースクール・ぱいでぃあ」の場合には単なる不登校の受け皿ではなく、設立の当初から不登校の問題を通して日本の教育問題を問い直すという活動の一環として不登校の支援も行っている。

◆ただし、「不登校」には大きく分けて2種類ある。「不登校」という言葉で一般の人や教育関係者が思い浮かべるのはいわゆる「落ちこぼれ型」。しかし、それと同じく「浮きこぼれ型(噴きこぼれ型)」も無視できない(後者は別名「はみ出し型」とも言う)。そのどちらにせよ文科省が決めた狭い枠からこぼれ出てしまう。それが「不登校」の実際である。「不登校は教育界のカナリヤ」と言われる所以がここにある。

文科省が定めた学校教育の平均的な枠は、一方で理解できない子どもたちを置いて見切り発車を行い、一方では個性的な子どもの異能にも対応できていない。フリースクールでは当初より、また塾産業の衰退による家庭教師型の参入(不登校生への対応は大丈夫?)でも個別対応が当たり前になっている。が、学校教育では相変わらず十把一絡げの集団指導にしか対応できていない。特別支援学級や特別支援学校は義務教育の枠から零れ落ちた子どもたちの落穂拾い的な対応を理解し行っているが、差別や収容内容に敏感な大抵の不登校生には見向きもされない。

◆子どもたちは実に敏感だ。不登校の子どもたちはさらに鋭い。特別支援学級が自分たちを理解し応援してくれる場ではなく、ほとんどが普通学級からこぼれ落ちた「ダメな子どもたち」の収容場所であることを知っている。一旦ここに収容されたらほとんどここから這い上がることは難しい蟻地獄のような場所だとも本能的に知っている。だから、自分に断念し、それを受け入れた子どもたちしか通わない。

◆ところが、今まで「ぱいでぃあ」にはこの両方の子どもたちが通ってきた。一方にIQ140の子どももいれば、一方には小学校中学校の9年間を生徒にも教師にも「お客さん」と看做され、イジメの対象になり、学校という生活空間で全く楽しさを知ることもなく過ごして来た子もいれば、「場面緘黙」となり学校では一切の言葉を失った子がぱいでぃあで言葉を取り戻したという事例もある。学年でトップクラスの「噴きこぼれ」の子も知的障害の「落ちこぼれ」とされた子も共に認められ同居していた学び場、それが「ぱいでぃあ」であった。
 なぜそういう奇跡のようなことが当たり前の風景として存在したか。それは、ぱいでぃあが多様な価値観や学校では評価され難い異能が寄り合う空間であったから。どのような子であれ、自分を照らす光が確実に当てられていたのだ。

◆因みに、「ぱいでぃあ」とは「遊び」と「学び」との両義的な意味を持つ和製日本語。ギリシャ語の「パイディア」と「パイディア」のひらがな表記である。つまり「遊び」と「学び」とは同根のもの、これが「フリースクール・ぱいでぃあ」の基本理念である。もう一つ、基本的な教育理念としてはフランスの「フレネ教育法」が下地となっている。ただし、シュタイナーの教育思想のように教条ではない。
(以下、続く)

↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 

*********************************
「こどもネット」のサイト
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/ 
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
*********************************


03/02のツイートまとめ

2018.03.03.04:17

kodomo_sien

オラ、「そだね〜」と同じ土地の出だから、そういう喋りがよく分かる。「子どもが真似るから〜」なんてバカな母親がいるようだけど、どんどん真似して広めてほしいな。尊敬語も謙譲語もクソくらえ!丁寧語だって親しければいらないよ。旧態依然の差別語はみな要らない。https://t.co/oW9oisKQd4
03-02 08:29

02/28のツイートまとめ

2018.03.01.04:18

kodomo_sien

人を慰めるのに、難しい言葉なんていらない。そっと寄り添い、優しく包んでくれる思いや言葉があればそれでいい。この子はそれを教えてくれた。 https://t.co/leMhVaLzjj @youpouchから
02-28 23:01

自殺者と事故死をあわせて1年間に約13万人の変死者がいるのだとか。日本では完全に自殺と認定できるものしか自殺とはしない。ここに朝三暮四のような統計のトリックがある。が、それでも日本が若者の自殺でトップなのは多い隠せない。生きる希望のない日本社会の反映では?https://t.co/WSUOpTadKu
02-28 19:28

02/27のツイートまとめ

2018.02.28.04:19

kodomo_sien

実体験者の声です。こういう声にどれだけの人が真摯に受け止めているだろう。とりわけ自称専門家の人… https://t.co/plabvJuXsh
02-27 05:34

RT @TailFealy: 親の立場でなんですが、自閉症スペクトラム・高次機能発達障害という苦難に加えて、4年程前には「てんかん」を発症し、それでも頑張って生きてきた故人の短い生涯を想うと、こぼれたカケラは拾ってあげたいと想うものなのです。どうかご協力をお願いいたします。財布…
02-27 05:29

同感ですね。環境を変える。支援の方法を変える。目に映る風景を変える。これってとても大事に思う。 https://t.co/7D1WTXRnJn
02-27 05:27

ふーん、そうなんだ。 https://t.co/vFY00wAV3f
02-27 05:22

学校の先生多くは「発達障害」という医師の診断名を聞くと、もう「教育者」としての関わりを放棄してしまう。たとえそういう特性があったとしても、今ここに日本語を話す日本人としているのに。教育とは「変わるという可能性」にかける営為ではないのか? https://t.co/Jt9gy1gfbx
02-27 05:19

成長とともに変わる人(脱する人)もいるしね。固定的に考えない方がいいかも。 https://t.co/Z4lAgEvHpn
02-27 05:00

参考までに。敏感な子どもにカフェインの取り過ぎには注意したいね。 https://t.co/JItvKLVTle
02-27 04:57

プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR