FC2ブログ

不登校の子ども達にとっての二学期とは? 自分づくりの好機に。

2012.08.23.16:57

■不登校の子ども達にとっての二学期とは? 自分づくりの好機に。

▼ある不登校関係者がつぶやいています。「これから10月までの間は、子どもたちの自殺が毎年1年間で一番多い時期。不登校関係の活動をしている人たちにとっては常識になっている話」そう決めつけたくないが、そう言えないこともない。
進路進学問題が具体化する二学期は、不登校の子どもたちがそれまで逃げていた問題に真正面から向き合わなければならなくなる。心すべき時期である。

▼大学受験やその他の資格試験等と違って、高校受験は待ったなしの勝負になることが多い。小中高の進度は年齢別になっていて、1年休み、2年休み、3年目で勝負!等と言うことがまず認められないシステムになっている。高校も成人した高校生の存在を嫌う。高校は基本的に未成年者を指導する場なのだ。

▼この窮屈さが不登校の子にはたまらない。周回遅れのランナーでもいいから自分らしくやりたいという希望が通らないのだ。いつもこの問題が不登校の子どもを必要以上に苦しめる。だが、不登校で学校に来なくなった生徒のそういう悩みを学校の先生は知らない。いや、知らないことにしているのかも。知ったところで、それが学校教育のシステムである以上、教師にはどうしようもないのだ。

▼今、そういう不登校の子どもの気持ちを理解し受け止め、本人にあった自分づくりの支援をできるのは、民間のフリースクールにしかない、と思っている。例えば、ぱいでぃあからは今までに様々な進路、公立高校もいれば私立の受験進学校に行く子も、サポート校や技能連携校(専修学校)等に進む子もいる。作業所で真面目に頑張っている子もいる。自分らしい希望実現の道を見出だすのが、フリースクールの役割である。

▼間もなく夏休みも終わりとなる。自分を理解し応援してくれるフリースクールの中で、傷んだ心の翼を休め、再び希望に向かって飛び立てるように、じっくり自分づくりに励めればいいだろう。自信を取り戻した子ども達が元気に飛び立って行くのを応援するのが私達スタッフの生き甲斐でもある。


******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR