FC2ブログ

不登校の子どもの「ゆめ実現」「自己実現」を応援---フリースクールでの応援の形

2014.06.01.20:28

不登校の子どもの「ゆめ実現」「自己実現」を応援---フリースクールでの応援の形

不登校問題に関わり続けてもう随分経ちます。それはただひたすらに「子どものゆめ実現」のためでした。ところが、立場が違う筈の親御さんや周りの人達の場合にもただやみくもに救急の処置に走りがちで、「なぜ我が子が不登校になったか」までには考えが及ばないことが多くあります。それは、子どもが思わぬ急性の病にかかった時の行動にどこか似ています。ですから、その症状が治まれば親はホッとし、もうそれで終わったものと思いがちでした。結局、それが、モグラ叩きのように生起した現象にあたふたと対応するだけとなり、不登校問題を考える限界となる大きな要因でもありました。でも、ちょっと考えて見てください。不登校という子どもの行動は長い潜伏期間のあってのことであり、急性の症状とは明らかに違うのです。

▼なぜ私たちは病気になるのでしょうか?簡単に言えば、身体が病原菌に負けてしまったからだと言えるかも知れません(中にはアレルギーなどの誤動作反応もありますが)。実際、空気中にも食物中にも身体の中にも様々な細菌が存在します。善玉菌と言われ身体に欠かせない菌もあれば、悪玉菌と言われる怖い菌もあります。でも、健康な人は簡単には病気にはなりませんね。抵抗力の弱った人がなりやすいのです。

▼これは不登校の場合も同じかも知れません。いい加減の人、気丈な人、周りに振り回されず自分のしっかりある人…そういう「学校的日常をサバイバル的に生き抜く、いわば「非学校教育的なふるまいのできる人」はまず不登校にはなりません。逆に不登校になりやすい人というのは、一見真面目そうで素直な人、あまり自己主張をせず周りに自分を合わせるような人、学校やクラスで決めたことは極力守ろうとするタイプの人…自己本位ではなくそのように周りとの調和を気にする「学校教育的にはいい子」に属する子ども達であることが多いように思います。

▼これはタイプの違いであり、どちらの子が良くてどちらの子が悪いというようなことではありません。便宜的な分類に過ぎません。確かに、生得的な気質というものはありますが、後天的な生育環境の中で醸成されたものであることが多いのです。子どもの育ちに影響する環境として、学校や地域などがありますが、最大のものは家庭という環境ですね。ここで、子どもの基本的な気質や感覚が醸成されます。学校は知識や交友関係、社会性等を身に付けるのが主な役割です。

▼子どもが不登校となりますと、まず学校との関係で文字通り「学校に行けないこと」が問題視されますが、それは不登校の主要な問題ではありません。問題は、その子が学校生活に耐えられない感性や感覚、対人関係能力などのまま生育してきたのではないかということです(全てではありません)。もし、早い段階でそれに気付いたならば、なるべく早期に対応することです。不登校を心の風邪とか麻疹(はしか)に喩える人がいますが、まずはこじらせないことが肝要です。初期の段階であれば子どもが不登校気味になること自体にはさほど神経質になることもありません。乗り越えるべき心の課題くらいに軽く受け止めればいいのです。でも、そのために家庭で「風邪ぐらいには負けない体力」を付けておくことはとても大事なことになりますね。

▼不登校を大層な心の問題であるかのように考え勝ちです。でも、その多くはそれ以前の交友関係や生徒としてのふるまい方など基本的な対人関係の齟齬(そご)から起きていることが多いのです。余りにも「独り善がりで非社交的」であるとか。たとえば、学齢期の子どもであれば「おはよう、こんちわ、ばいばい、またね、ありがとう、すみません、どうしたの、大丈夫?」くらいの発話は子どもの口から自然に発せられるように思いますが、不登校となる子の中にはこういう基本的な挨拶の習慣ができていないことが実に多いのです。周りの人には渇望するほどそういう言葉がけを求めていながら、自分からは一言も相手の心に響くような言葉を発することが出来ない…。面談などをして見ますと、それはその子の問題ではなく、そいういう生活習慣を当たり前の環境と理解して育ってきた結果らしいことが見えてきます。

▼対人関係が苦手であるということは、その子の生得的なものではなくて、そういう心使いや感覚の働かせ方が社会生活を送る上で最低限身に付けておくべき大事なルールであり素養なのだと子どもに理解させスキルを積ませてこなかったことの結果であるように見えるます。小さいうちはそれでも問題はなかったのかも知れません。でも、学校に通う段になると、そういうことがきちんとできることは自分の名前をちゃんと書けるかどうかということよりももっと大事なことなのです。
 では、学校ではそういう基礎訓練を重視して行ってくれるかというとノーなのです。かつて学校を支配していた権威主義的規範は否定されましたが、それに代わる新たな基準が出来たわけではありません。(ブログ『教育落書き帳』で紹介したように、戦後の学校教育で指導上の混乱が1965年文部省発行『生徒指導の手引き』の表記に散見されます)。国家の方針に抵抗する術もなく従った家庭にももちろん指針はありません。軍国主義時代の教科書には墨を塗り「民主教育」はとして再出発はしましたが、社会の悪風がもろに学校に持ち込まれないように塀を設ける措置を取っただけです。家庭教育もなく野放しの子ども達が学校に集まり、やがて戦後の復興と進学熱の高まりとに呼応して「学校神話」が高まり、子どもや家庭を巻き込んでいきました。その過程でそのような学校教育のあり方に対して、子ども達が捨て身とも言える形で身体を張って「ノー」という異議申し立てをしたということ、それが近代学校教育が生んだ不登校という現象です…そう見ることもできるのです。

▼ただ、一般的には、特に小中学の不登校の場合、そんなに難しく考えない方がいいのかもしれません。本人やご家庭で見るべきは、不登校と不登校ではない子どもの違いは何なのかを冷静に理解すること。どうしてあの子は学校に行っているのにうちの子は行けないのか?これは学校に行くことが善で学校に行かないことが悪である、などと言っているのではありません。そういう判断基準は逆に害になるだけでしょう。不登校には「選択的不登校」という見方もあります。それが「積極的不登校」の場合にはそのプラス面を評価し、むしろ子どもの応援者となることも必要なのです。(こういう不登校の子ども達はぱいでぃあでは特に歓迎です)
 しかし、「行きたくても行けない不登校」である場合、どうすれば本人に不足している感性や感覚、対人関係や社会性などの能力を回復することが出来るか(知識や勉強の遅れが第一ではありません)---はとても大事です。フリースクールとは、学校で培えなかったそういう力を養い、やがては自分の道を自力で切り開いていけるようにする場=感覚と知の道場でもあります。

▼「鉄は熱いうちに打て」といいます。不登校の場合も同様です。小学中学という若木のうちに、早期の関わりをお勧めする理由です。そうすれば、最初から一般の公立高校受験を諦めて通信制サポート校や技能連携校を選ぶようなことはせずとも、公立高校→私立高校→通信制高校等のステップ(目標がどこかは受験生によって違いますが)を踏んで高校の受験もできるでしょう。
 不登校になれば、パンフレットやチラシ、宣伝文句などにどうしても目が行きがちです。でも、それらは学校選びの付帯状況に過ぎません。教育の根幹はソクラテスの昔から「人と人との対話」にあります。そこにどんな人がいて、どんな自己実現の道があるか、それが全てであろうと思います。(組織が大きいほど、セールストークや相談の人と現場の人が違うことがありますので、見極めを)社会人としての自己実現、それがぱいでぃあの応援する形です。

※修正の加筆訂正が入ることがあります。

******************************************************

「こども支援ネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/

******************************************************

良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



theme : 不登校・ひきこもり
genre : 学校・教育

tag : 不登校 フリースクール 小学中学 脱不登校

comment

Secret

プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR