FC2ブログ

不登校の子ども達をどのようにして立ち直らせるか?---早期対応のお勧め

2014.05.29.08:29

不登校の子ども達をどのようにして立ち直らせるか?---早期対応のお勧め

▼「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイトをご覧になった方は、もしかして、ぱいでぃあの料金設定が他のスクールに比べて意外に格安に設定されていることに驚かれるかも知れない。「社会情勢に鑑み…」ということは当事者ではなくても理解できよう。だが、時には長年の不登校や引きこもり、対人恐怖症や社会不安症等の発症、学業の大幅な遅れ、社会性等の感覚の欠如、高度の自閉症や場面緘黙等々…一口に「不登校・登校拒否」とは言っても、そうなった事情も実に様々であり、現在の状態も多岐にわたることは疑いようがない。そのいう状況下での料金設定であるのだから。

▼正直言って、環境を変えたり人との関わり方を変えるだけで何とかなりそうな子どもから、担任の教師、学校の相談室のスタッフやカウンセラー、心療内科医や精神科の医者、学校の補助機関としての特別支援学級、元不登校体験者の思い入れ(自身の問題は解決している?)などではもうとても手に負えない段階にまで突入してしまっている子ども(場合によっては人間として再起が危ぶまれる領域にまで達していたり、薬漬けで完全に廃人になってしまっている例もある)まで、フリースクールには実に様々な不登校の子ども達が相談にやって来る。

▼例えばの話であるが、軽い風邪くらいの症状の患者と、癌がかなり進行した段階の患者と、脳外科の手術を一刻も早くやらねば命にかかわる段階の患者と、救急車で絶命しかねない状況で運び込まれる交通事故等の患者と---、病院では皆同一に扱うであろうか。それぞれの状態や状況に応じて患者への対応は皆違うだろうし、料金体系もそれによって皆違っているはずである。当然のことだろう。中には保険でまかなえるものもあるだろうが、実費を別途請求されることもあるだろう。最近のことだが、アメリカで盲腸の手術をしたところ600万円から900万円くらい請求されたという実話もある。

不登校の問題には1900年代半ばから本腰で関わってきたが、当時は教育行政や私立学校協会等では全く相手にされず、対策もないままに放置されていた。私たちはその頃から現在に至るまでを俯瞰できる位置にいるが、一種の不登校ビジネスを目的に後発で参入してきた所はどうだろうか。
 いずれにせよ、そういう病院の患者さんの状況と同じようなことが不登校になってフリースクールの門を叩かれる子どもや親御さん達にも言えそうである。確かに、不登校の場合には心の問題が中心であるだけに、外科治療の患者のように外見では即断できないことも多い。体験入学を通して、さらに一月ほど様子を見なければよく分からないこともいろいろ出てくる。

▼本当は不登校の子どもを引き受けるスクールの料金体系も本来は一律の料金であるはずがない。具体的に言えば、まだ軽い段階でフリースクールで再起を図りに来た子どもであればそれなりの料金で済むのが当たり前で、法外な料金を要求される必要はないはず。もしそうだとすれば、一度疑ってみた方がいい。ところが逆に、とことん大変な領域にまで来てしまっている不登校の子どもの場合には軽い段階の不登校の子どもと同じ料金で対応できるはずがない。引き受ける側も安請け合いは出来ない。だから、それに見合った料金が求められて当然かもしれない。もし、それが「安かろう悪かろう」の範疇に当てはまるものならば、どこかに手抜きがあることになる。そうでなければ不登校の子どもを受け入れる機関を維持することができないはずだ。これは時には大変重いお子さんも引き受けて頑張って支援活動を続けている通信制高校対応のサポート校等へのエールでもある。

▼だから、主としてそれ以前の年齢の不登校の子ども達を支援している私たち「ぱいでぃあ」では、「脱・不登校!小中学生の不登校は早期・短期に克服を!」とサイトのページに掲げている理由でもある。その方が、不登校の克服は容易であるし、親御さんの負担もまだ想定内の料金で対応できることになるだろう(しかし、不登校の親御さん達は支援者に愚痴を言ったり依存したりするのに時間は割くのに、なぜ必然的に不登校の子ども達を生み出す日本の教育システムが内包する根本問題の解決のために自ら行動しようとはしないのか?)。
 しかし、不登校への真摯な対応が小学→中学→高校と先延ばしにされ続け、精神的にも、身体的にも、学業的な側面からも、対人関係や感覚的な面からも、社会人として復帰できるかどうか等の側面からも沢山の「???」のマークが付くような段階にまで至ってしまったような不登校・引きこもりの場合には、当然それだけの年数や労力、費用のかかることは覚悟しなければならなくなる。

▼フリースクールまでやって来るのは、学校の先生ではダメ、カウンセリングでもダメ、心療内科や精神科でもダメ---そういう切羽詰まった段階になってからのことが多い。「ようやく!」である。だから、フリースクールでそういうお子さんを引き受けるということは、支援者として関わるスタッフ一人ひとりにも、単なる机上の論を超えた、ここまでに辿り着くまでに関わった人達ではとても無理な実践の能力を要求されることになる。「何となく不登校」レベルの不登校ならいざ知らず、単なるレンタル姉さんやお兄さんの能力ではまず立ち直らせるのは難しかろう。(しかし、不登校の子どもの場合は基本的な「社会性の欠如」等に起因していることが多く、まだ社会体験の乏しい若者にどこまで務まるかも疑問でもある。補助ならいいかな?)

▼不登校の子どもを抱える親御さんはぜひその辺を理解してほしい。(今までも社会性が欠如して場面緘黙[バメンカンモク:人前で喋れなくなる。選択制緘黙とも]となってしまった子ども達を立ち直らせてきた経験からも言うことだが)出来るならば子どもをそこまで追い込まないうちに相談に来てほしいものだ。それが子どものためであり、費用を負担する親御さんのためでもある。「ぱいでぃあ」で「脱・不登校!小中学生の不登校は早期・短期に克服を!」をサイトに掲げる理由でもある。

※原稿に訂正加筆をすることがあります。ご了解を。

******************************************************

「こども支援ネット」(サイト)
http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」(サイト)
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」(サイト)
http://freeschool-paidia.com/

******************************************************

良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR