FC2ブログ

新年度用のパンフレットの「まえがき」について---ほんのつぶやき

2014.03.29.01:20

▼3月14日に無事卒業式を終え、小学生と中学生の卒業生をつつがなく新世界へと送り出し、正直ちょっとホッとしているところ。束の間の休息です。公立学校の先生方は間もなく人事異動が発表となり、それで慌ただしい日々を過ごすことになる人もいるのでしょうが、フリースクールではこの時期、今年度の反省や修正点を踏まえて次年度の構想を練る時でもあります。

▼新聞報道によると、「ついに」というか「とうとう」というか、「経済格差=教育格差」となっている現実を、天下の文科省も認めざるを得なくなったようです。が、こんなことは何もお偉い学者さんの統計データを待ってその御託宣を聞くまでもなく、世間ではとうに常識となっていたことに過ぎません。後出しジャンケンのように後から出されても現実には何の役にも立たない。

▼さて、「2014年度のフリースクール・ぱいでぃあのパンフレット」が漸くできました。まだ未完成の部分もないわけではありませんが、一応仮止め。大きな変更を加えたいのは、「入学金」と「施設費」に関するもの。こういう社会情勢に鑑みて、両方とも様子見で始めます。でも、民間の教育機関の場合、必ずしもなしでは済ませられない事情があります。公立学校のように多額の税金は投入できませんし、私学のように助成金があるわけではないのですから。施設や人件費その他もろもろのものは結局利用される方の手弁当でということになります。
(本当は、公立や私立の学校から逃れて救いを求めてやって来た子ども達なのだから、《文科省が放っておくのはおかしい!》と声をあげても良さそうなものですが、親御さんは声をあげては下さらない。)

▼その鍵を握るのが、「不登校ファンド」。これが稼働したら(そのためには、一般の寄付行為がどれくらいあるかにもよる)、「どんなことがどれくらい可能になるのか」ということ。全てはその成功の可否にかかっている。それがやはり「それ見たことか!」と笑い話に終わる可能性も、寄付行為等にあまり馴染みのない日本では大いに有り得る。それはもうそれまでのことと腹をくくるしかないのかも。そうなれば「思いをかけた奴が馬鹿だった」ということになる。「猫に鈴を!」と言うのは簡単だ。いつまでも「不登校の子どもに教育バウチャーを!」と言うだけに終わってしまうかも。(「教育バウチャー」そのものは不登校支援の切り札、自由な学び推進の切符と思われたが、もはやすっかり色褪せ品質劣化が激しい。文教族は学校間競争を煽るツールにしたいらしいのだ---)

▼以下、ぱいでぃあ新しいパンフレットの挨拶文です。宜しければお目通しを。

------------------------------------------

「フリースクール・ぱいでぃあ」に関心を抱いて下さり有り難うございます。
2014年度のパンフレットが出来ましたのでお知らせいたします。

「フリースクール・ぱいでぃあ」はNPO法人教育ネットワーク・ニコラの(「子どもの心と命のために ---子どもの育ちと学びと人権と--- 」という)子どもの支援活動の一環として、特に不登校の子ども達支援を目的に2000年に設立しました。

子どもの不登校には様々な捉え方がありますが、その一つに日本の学校教育が偏狭な知育に傾斜する中で,それに対する子ども達の異議申し立ての声が真剣に考慮されずに来てしまった過程で生まれてきた側面もあると感じています。1980年代~1990年代に入ってから脱学校現象はさらに顕著になり(1997年以降常に10万人以上)、そこからさらに「引きこもり」移行していく若者も珍しくなくなりました。

不登校になると「もう自分はダメな人間だ」とばかりに、自己否定や自己卑下の感情でいっぱいにもなりがちです。不登校とは、本人にとっては何とも無念なことであり、社会にとっても人材の大きな損失と負担なのです。不登校は誰にとっても利することのないもの。「明るい不登校」などと言っても、所詮は強がりの遠吠えと思われるだけです。

でも、見方を変えますと、付和雷同するだけの周囲の人達と違って、不登校の子ども達はそれでも自分を曲げなかった優れた個性の持ち主であるとも言えます。それは誇るべきこと、褒められていいことです。他の人がなろうとして真似てもとてもできるものではありません。

後年「特別な能力を発揮した人たち」と称賛される人達を見てください。有名人の中にも多いですね。みな個性豊かな人達ばかり。そして、その人達はみな自分を否定せず自分の個性で勝負してきた人達ばかりです。

ぜひ、あなたも自分を信じ、自分の思いを大切にし、楽しみながら、自分づくりのスキルに励んでみませんか?そのためのお手伝いなら、喜んでさせてもらいます。

では、パンフレットをご覧になり、あなたに相応しいかじっくりご検討ください。自分づくりの手掛かりになるものが見つかるといいですね。疑問等は遠慮せずにどうぞ。

-------------------------------------------

******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
「こども支援ネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/
******************************************************

良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR