FC2ブログ

「子どもが立ち止まるとき」~不登校の理解を深める~ に参加して

2020.01.30.12:56

▼少子化で各地の小中学校で統廃合が進む中、不登校の児童生徒は過去5年ほど前から増加傾向に転じ、とうとう小中学校合わせて16万人の大台を突破した。「連続30日以上の欠席」が不登校の基準とされているが、統計の取り方によっては20万人を優に突破するだろうと言われている(NHKのデータや民間の想定ではもっと多い)。
そういう中、「不登校」の社会的認知は徐々に広がり、「不登校支援」の輪も広がっている。

▼ただし、その支援が成功しているかと言うとむしろ逆だ。経済的に公的支援のない中での活動は参加者の手弁当に頼るしかなく、一方では有志の新たな参入が続くが、一方では続かなくなり消えて行ったり看板を付け替えたりしているのが現状だ。公的資金で行う教育行政の動きはどうかと言えば、民間のノウハウを盗むのには熱心だが、担当者が1年から数年でコロコロ変わるのでいつも入り口の対応に止まり「やってます」とは言っても「モグラ叩き」の対症療法に終始している。根本的な方途はどこにも見出だせない。

▼そういう中、2020年1月26日「さいたま・協同して子育てを勧める交流会」が開かれた。その集会を覗いてみた。

クリック↓
「子どもの目に映っているものは何?」
スポンサーサイト



01/29のツイートまとめ

2020.01.30.04:20

kodomo_sien

この基準では、韓国の民主主義の度合いがアジアで最高で、日本はその下にあるのは見逃せない。安倍日本がご主人をお仰ぐアメリカはもっと下だと確認するのも重要だ。やがて経済の面でも日本は沈み込むらしい。https://t.co/2wqkCN8ueR
01-29 11:06

プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR