スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校教育と不登校の関係を考える

2017.08.31.15:20

▼不登校は1980年代後半~1990年代から顕著に
 不登校とは、学校に登校しなくなるからそう言われる(学校は心理的に高い所にあるらしい)。建前上、日本の社会では、子どもの教育は学校で行うことになっている。本来、子どもたちの居場所は学校にある(近年になってからの話だが)。それが建前である。ところが、そこから「不登校」の子どもたちが生み出されるようになった。それが顕著になったのは、1980年代後半~1990年代になってから。

▼「不登校」は学校教育を計るバロメーター
 不登校の子どもたちは、大体、いじめその他の被害を受けていることが多く、学校には自分の居場所、自分が生かされる場がないと訴える。事実、そこに頑張って通い続けた結果、ついに精魂尽き果てて、自殺してしまったという例がないわけではない。
 学校教育は子どもたちのために行う。学校は子どもが主人公であるべき場である。そこから不登校が生まれることは、学校教育が十分機能していないということ。そういう意味からすれば、不登校とは学校教育の危機の表明、教育における「炭鉱のカナリア」の羽ばたきであろう。

▼「発達障害」で学校教育を不問にできない
 つい近年になって、「発達障害」という言葉に象徴されるように、不登校になる子どもの側の問題も多々指摘されるようになった。主に身体や心に関する医学分野からの指摘である。不登校が増え始めた時からそれを子どもの「情緒」問題とする考えはあったが、それを医学的に根拠付けをしたという感を否めない。違うところは親の責任へはもって行かないところか。
 確かに、その指摘は看過できないが、それによって学校教育の問題が不問にされたということではない。やはり学校で居場所を失った子どもたちが生まれるという問題は不問にはできない。

↓ 良ければクリック。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

****************************************************** 
「こどもネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」のサイト
http://kodomo-sien.sakura.ne.jp/nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

フリースクールぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
******************************************************



スポンサーサイト

08/30のツイートまとめ

2017.08.31.04:22

kodomo_sien

要するに、イタズラに国民の不安を煽るだけのようなおかしなマスメデイアの報道に対しては、「見ない、聞かない、信じない」という消費者、視聴者の側からの抗議の行動が必要だ、ということですね。 https://t.co/5XK4IoqTcC
08-30 22:40

要するに、イタズラに国民の不安に煽るだけの https://t.co/5XK4IoqTcC
08-30 22:34

子ども自身では気付けない。周りにいる大人が「帰っていいんだよ」と教えてくれるどころか、「何でキミは頑張ろうとしないんだ?」と非難するばかりだったもんね。自分でようやく気付いたときは、もう自分はやり直しの利かないところまで来てたもん… https://t.co/uckS7F8wFS
08-30 22:22

プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。