FC2ブログ

「学校外で学ぶという選択肢」---不登校のための新しい学びを求めて(1)

2016.11.15.13:12

▼2016(H28)年度の官民連携の「不登校セミナー」から
 今年度(2016年)の官民連携による「不登校セミナー」では、第一回の7月23日(土)にはシンポジストにぱいでぃあからも保護者の参加を、第二回の10月15日(土)には下記のチラシを配らせていただいた。何らかの支援に寄与できただろうか。
 しかし、不登校児童生徒(埼玉県だけでも小中学の不登校の児童生徒は5千人以上)を抱える親御さんの圧倒的多数は当日会場に足を運んでいない。それで正しく情報は伝わっているのだろうか。
 そこで、少なくともネット環境を利用できるご家庭のために、チラシとして配った2枚のPDFファイルを掲載した。ご覧を。
◎「学校外で学ぶという選択肢」
◎「脱・不登校:心も頭も身体も」

▼不登校の爆発的増加とフリースクールの誕生
 1980年頃から爆発的に増え始めた不登校は、1990年代に入ってそのピークを迎えた。そういう中から、不登校の子どもたちを支援する数々のフリースクールも誕生した。
 私たちの不登校支援の活動は、フリースクール・ぱいでぃあの前に1995年創刊の月刊教育雑誌『二コラ』の活動があった。フリースクール・ぱいでぃあを創設したのは2000年のことである。

▼不登校の減少から再び増加傾向へ
 民間が先行した不登校支援の活動(当初「不登校の子どもたちを守る」というスローガンから出発)に、やがて教育行政の側からの参入(「不登校の子どもたちを学校に戻す」という趣旨)が始まった。そういう官民双方の努力の結果なのだろうか、その後、不登校の児童生徒が5年連続で減少していった。
 しかし、近年、新たな要因も加わり、再び再び増加傾向に転じている(特に小学生の不登校が増加中)。

▼フリースクールの変質という悲しい現実が…
 もしかすると、これは民間の教育機関の衰退が大きな要因かもしれない。教育行政の側からの不登校児童生徒の取り込みが強まるのに反比例して、徐々に民間のフリースクールの側が活動を維持するのが難しくなってきている現状がある。そして、断念したところも多い。その結果、本来は「子どもの心と命、人権を守る」という思いから出発したはずなのに、中には、フリースクールの生き残りをかけて、不登校の子どもたちを収容・隔離する施設まで生まれ来ている。保護するという建前は立派だが、それではますます社会参加は難しくなるのではないだろうか。(もちろん、それを必要とする人たちもいる。だが、それは本来行政のやる仕事のはずである。)

▼日本の学校教育を考える時に欠かせない「不登校」という視点
 「不登校」の視点から見ると、日本の教育の抱える様々な問題が浮き彫りになる。不登校支援のフリースクールのも存在意義もそこにある。
 一方にたとえ無償であろうとお金をもらおうと子どもが行きたがらない学校があり、他方に教育行政が一円の助成を行わず、家庭の自腹であろうと子どもが行きたがり、親が行かせたいと思うフリースクールがある。

▼不登校児童生徒に対する学校の無理解
 不登校問題で教育行政の側が完全に取り違えていると思うのは、小中学校は無償なので不登校になった子どもの家庭を支援せず、経済的に締め上げればやがて学校に戻ってくるのではないかと誤解していることである。不登校になった子どもの心をまるで分っていない。分かろうともしない。いつも「学校は善である」という視点に立ち、それを疑わない。問題は不登校になった子どもの側にあり、学校にはないと考える。不登校の子どもの目にどんな学校教育的日常が映じているだろうか。
 もしかすると、学校は地域の中心ではなく陸の孤島かも知れないという認識などどこにもない。

▼学校にあるのは隔離収容の発想で、バリアフリーの視点がない
家庭や学校を一歩出ると、今日バリアフリーの施設はいろいろなところにある。横断歩道には目の不自由な人用に音楽が流れている。歩道には専用のイボイボ等のマークがある。車道から歩道に無理なく自転車や手押し車で上がれる。車椅子用のために階段ではなくエレベーターもある。電車やバスの優先席もある。それが現代社会の日常である。そして、それは障碍者だけでなく健常者も含め、住むのに優しい社会づくりに役立っている。
 だが、学校の中には、教育の主人公であるはずの子どもを活かせない現実がある。いくら取り繕おうと現に学校に行きたくないという不登校の子どもがいるのだ。無理やり、やむを得ず学校に来るようにすればそれで解決という問題ではあるまい

(この話題、続きます)

↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村
******************************************************

「こどもネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/

******************************************************
スポンサーサイト
プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR