不登校児童生徒を抱える学校現場に望むこと少々

2016.01.23.15:06

不登校児童生徒を抱える学校現場に望むこと少々

現在の日本の学校教育である種の子ども達が「不登校」(この言葉は好きではないが)なることはやむを得ない、避けられないことだと思っている。ここには先進諸国が共通に抱える近代学校教育の問題があるが、同時に日本の学校教育が抱える独特の問題もある。

だから、現代の学校の現場にはある一定の不登校の児童生徒達が存在することは当たり前のことであり、殊更隠すことでも卑下することでもない。「我が校にはいじめは存在しません」と言うのと同じである。否定する方が不自然であり、「どんな対応をしているのかな」と考えると却って怖い。
いや、むしろ今こそ「我が校にはいじめも不登校のあります。でも、少しでもそうならないように頑張っています」と言うべきではないか。その方がよほど児童生徒や保護者の信頼を得られるだろう。

殆どの親御さんや保護者の方達は「学校を信頼したい」と思っている。また、我が子が不登校になるとも思ってもいない。
だから、我が子が突然「学校に行きたくない」とか「もう学校に行けない」という事態は、親御さんに取っては正に青天の霹靂、寝耳に水の出来事なのである。それまで「もしや…」「まさか…」と思っていたとしてもである。

学校が親御さんや保護者の付託や信頼を得たいと思うならば、見え見えの下手な言い訳や言い逃れをしないこと、厳正にかつ謙虚にその事実と向き合うことである。そこからいじめや不登校への実りある対応が始まるのではないか。

もし、それを望むなら、いじめや不登校とは当該の学校教育にとってどういう問題を持っているのかを教職員で確かな理解を持たなければならない。そして、現在の段階で出来ていることと出来ていないこと、いじめや不登校の実態を実数を含めて明らかにすることではないだろうか。

(この話題、続く)

↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
******************************************************
「こどもネット」のサイトhttp://kodomo-sien.net/wp/
「いきいきニコラ」のサイト http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
「教育落書き帳」(ブログ)< http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト http://freeschool-paidia.com/
******************************************************
スポンサーサイト

ぱいでぃあの新学期(3学期目)が始まります。

2016.01.11.11:37

皆様、新年おめでとうございます。年末年始、お正月は楽しみましたか?
普段は近代的な装いの生活が主流で中々本来の日本が感じられることが少なくなりましたが、この次期は古来連綿と続いてきた日本的なるものが全面に浮き上がって来て、良きにつけ悪しきにつけ、様々なる意匠を通して味わえたのではないでしょうか。

「ぱいでぃあ」の新学期が1月13日から始まります。準備はできていますか?

例年、成人式の後から始まります。そこに日本人として生まれ育った子どもがこれからはこの日本を牽引していくメンバーとなったというその門出を祝う意味があります。別の側面から言いますと、そこに長年培われた教育の成果が示されております、教育の関わりとしてはほぼ集結した姿があります。
今後の教育はどうあるべきか、大きなヒントがそこにあるのを感じます。

ぱいでぃあにやってくるのは、大体は学校を逃れてきたいわゆる不登校の子どもたち。そういう子どもたちにとって、新成人の姿は一つの鏡であり、反面教師でもあります。
「ああ成りたいのかああは成りたくないのか」
そういうことを踏まえて、ぱいでぃあの新学期を開始します。

フリースクールとは、もともと個々人の個性・特性に合わせた指導・支援を行うところから個別指導が中心です。そして、学校を離れても大丈夫なように、また学校を離れたから大丈夫なように、単に学業支援だけではなく様々な側面から心身の総合的な支援を行って行きます。ところが、教科指導に特化し学校教育の補完強化的な受け皿的な役割を担っていた学習塾が営業的側面から個別指導塾化したように、従来のフリースクールも大きな変容を遂げようとしています。

ご存知かも知れませんが、フリースクールは文科省の管轄からは自由な、民間主導の独立した機関です。従って、税金等の公的な財政的援助もありません。全くの民間の教育寄付やボランティア的な支援によって運営されているスクールなのです。しかし、それは決してマイナスではなくだからこそ自由に理想の子ども支援の場を創り得たのです。
ところが、やはり日本という国は「寄付文化の育たない国」と言われたように、フリースクール自体の運営に行き詰まるところが色々と生じてきました。その生き残り策としてでしょうか、現在、本来のフリースクールとして運営されているところはほとんど姿を消してしまいました。

現在、フリースクールと言われるところの殆どは従来のフリースクールではなく、サポート校が母体であったり、技能連携校の下部組織であったり、株式会社立の通信制高校や私立高校であったりします。
そしてさらに近年は民間教育の窮状を見越した教育行政の側が、一定の財政支援を行うという名目の下に、民間のフリースクールの許認可権を得ようとしています。

NPO自体が行政のチェックを経なければならない構造になっていますが(本来、市民活動やNPOは行政のチェック機関の役割もありはずですが)、教育NPO的な位置付けでそこに地域の教育委員会の許認可を付与しようというもののようです。一見「安心できるフリースクール」というような感じで良さそうに見えます。
しかし、それが認められるということは、公教育の中に「二重基準:ダブルスタンダード」が導入されるということであり、命の危険さえ感じて学校から逃れてきたいわゆる不登校の子どもたちから、最後のシェルターとしてのフリースクールを取り上げることに繋がります。

本来のフリースクールとして、生き残ることができるかどうかの試練の年となりそうです。それは教育界での「炭鉱のカナリア」としてのフリースクールが生きられるかであり、そういう日本の教育の危機の声に賛同する人たちやそれを必要とする人たちが実際に具体的に支援してくれるかです。

日本に国家主導の教育が導入される明治以前には、「寺子屋」という公教育を上回る数の民間の自立した教育の営みがありました。そういう活動が優れた日本特有の文化を作り上げてきたのです。
皆様のご協力をお願いする次第です。

↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

******************************************************

「こどもネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/

******************************************************

プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR