スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強というよりは「スキルトレーニング」として……ぱいでぃあでの学び

2015.04.22.14:41

勉強というよりは「スキルトレーニング」として……ぱいでぃあでの学び(1)

▼小中学校でいわゆる「勉強」と呼ばれているものは、本当に「勉強」なのでしょうか。ぱいでぃあでは、それを「勉強」という括りでは考えず、むしろ<自分づくり>のための「トレーニング」の部類と考えています。
「トレーニング」の目指すものは基本的に持続して行うことによる自分自身の「向上」。ですから、適切な方法で練習をすれば……乗れなかった自転車に乗れるようになるように……「誰でも上達することができる」ということが念頭に置かれていいます。

▼ちょっと蛇足ですが、ぱいでぃあでの活動の根底には「play-study-work」という考え方があります。これは、「遊び」であれ「勉強」であれ「仕事」であれ、その根底にある基本的な感覚は一緒ではないかということ。それはすべて「パブリックなものへの働きかけとその結びつき」にあるという点でみな共通ではないかということです。

もしそれらが私的な営みに終始してしまえば「独り善がり」なものになります。善意の行動でさえ時には「親切の押し売り」ともなります。そういう意味でも、実際、どれ一つとして「公的な繋がり」を持たないものはない……そう考えています。

▼子どもはだいたい3歳くらいまでの間に人間としての基本的な感覚や能力を身につけますね。ネイティブとしての母国語もこの段階で修得します。でも、それは「学び」と呼べるものでしょうか?むしろそれは、「人間となるための基礎トレーニング」とでも言うべきものではないでしょうか。人間の子どもは、そういう行為を誰に命令されるわけでもなく自らの自然な欲求として、遊びのような行為を通して身につけていきます。
3歳以降に日本の子ども達が一般的にたどる幼稚園、小学校、中学校のコースの途上でなされる様々な育ちや学びの行為も、基本的には「人間となるためのトレーニング」の延長と考えては行けないでしょうか?

(続く)

※フリースクール・ぱいでぃあ(母体はNPO法人教育ネットワーク・ニコラ)では、「本来のフリースクール運動」とか「不登校の子ども達支援に特化された日本のフリースクールの問題」とか「日本の教育システムと不登校の問題」などを、子ども達のいる現場から絶えず問いかけています。

それは教育学や教育心理学、発達心理学等やカウンセリングや医療等に見られる子どもの外部からの考察とは違った、臨床的な視点や子どもの人権に基づいた視点を提供できるものと思っています。

※この続きは次回に回します。

↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

******************************************************

「こども支援ネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/

******************************************************
スポンサーサイト

自信を回復し、元気に学校復帰する子ども達---フリースクールの一風景から

2015.04.14.20:25

自信を回復し、元気に学校復帰する子ども達---フリースクールの一風景から

▼4月から新年度新学期が始まりました。今までぱいでぃあに通っていた子ども達の中で勉強でも他の活動でも自信がつき元気を取り戻した生徒達はこの春休みを境にまた学校に復帰して行きました。(自己否定の塊で来た子ども達が一人残らず元気になっていきます。)

▼今年度も、小学生中学生とも複数の子ども達が無事元気に学校への復帰を果たしました。元気になれて良かった、自信を回復できて良かったと思います。

▼自分の心身の危機を回避するために一時的に逃げるのはとても大事だけれども、逃げているだけでは負け犬になります。最終的には「自分にイエスと言い切れる自分」でありたいと思います。

▼元より「学校復帰」は我がフリースクール・ぱいでぃあの第一の方針ではありません。外側から子どもに枠をはめることはしないのです。あくまでも本人の意志と選択を尊重したいと思います。

▼ですから、様々なことを考えて、自信もついたし元気にもなった,、「ぱいでぃあにずっと留まるのは一番安心だけれど、負け犬にならずもう一度挑戦してみたい」という本人の意志が強ければ、「ここまで来れば大丈夫」という状態になった子どもに関しては、「挑戦することもまた良し」と送り出しています。

▼ただし、それには幾つかの条件があります。本人がずいぶん回復していること、単なる引き戻しではない受け入れ体勢が学校に出来ていること、学校の多くの子ども達が本人の復帰を歓迎し待ち望んでいること…等です。

▼現在の学校教育が集団指導体制をとるあまり、個々人の特性に光を当てた指導はなかなか難しい状況にはありますが、特に小さい時代の群れて育ち合う経験の有無はとても大きなものがあります。個性の尊重が大事であるのと同じく、集団の力学も決して軽んじてはいけないのです。

▼明治5年の学制発布以後、日本はそれまでの隆盛していた寺子屋の教育を捨て、近代国家教育に梶を切るわけですが、その意味もまた考えなければいけません。特に近代教育は国が多大な税金を投入して施設や人材を擁して営まれています。その恩恵に浴さない手はありません。そのためにも国民は税金を払っているのです。

▼勿論、それは教育の選択肢の一つです。他にも、例えば私立学校に進学する、中学・高校は別の所の学校を考える(転編入もある)、海外の学校に行く、ホームスクールで行う、オルタナティブの学校に行く…等、選択肢は様々。本人が一番望む方法を応援したいと思っています。

▼そうようなことも含めて、日本の教育がもっと子どもの自己実現や夢実現に沿ったものにならないかな、もっと民間に開かれた自由な風通しの良いものにならないかな、というのが近頃思うところです。

↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

******************************************************

「こども支援ネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/

******************************************************
プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。