ぱいでぃあ社会体験学習が目指すものー感性の器づくり

2012.07.18.18:59

■ぱいでぃあ社会体験学習が目指すものー感性の器づくり
▼ぱいでぃあの社会体験学習をした後には、子ども達に《何が面白かったか?》と簡単な質問をすることがある。答えることは義務でも何でもないが、自分の現在の興味関心で体験したもの、目に映じたものから何をどのような角度で切り取ったかーそれがとても大事だと思っている。それこそがその人のオリジナリティの現れであるのだから。時には、私達大人が考えていなかったような鋭い視点を提示してくれることも決して珍しい事ではない。

子どもと関わる私達大人が子ども達から本当に試されているのはそういう時かも知れない。算数の問題の解き方、国語の漢字や文章題の捉え方などはその専門の先生にはお手のものだろう。しかし、教科以外の事柄でそういう感覚に感応できる能力を身に付けることは容易ではない。教員養成の大学を出てそのまま先生として務まるような種類のものではない。だから、経営的な問題も絡んでか、まだ自身の体験も十分でない社会経験途上のお兄さんお姉さんが関わるような場合には、よほど注意が必要だ。その一部に激しく共鳴することは、逆にその子のバランスを持ったオリジナリティの形成にマイナスの影響を与えることもあるのではないかとの危惧も持つ。

▼ 今回、川口SKIPシティの体験学習の中で、子ども達は時には俳優を演じ、時にはカメラマンをかって出たり、空飛ぶジュウタンで探検してみたり、企画展のアニメを鑑賞したり、様々な映像技術を体験したが、 最終的に彼等が一番《面白かった!》ものは、映像を駆使して独自のストーリーを組み立てる編集作業への挑戦であった。一見とても地味な工程に見えるが、何が彼等を惹き付けたのか?
 それは素材そのものは共通ではあっても、それをどの様に組み合わせて自分が意図したストリーを展開するか…そこに自分のオリジナリティとでもいうべき創意工夫が発揮されるからであった。実は現在この場所で仕事をしているぱいでぃあの卒業生がいるが、そういう映像技術に関する専門的な取り組みではなくても、自己の持ち味をそれなりに表現することが可能だからである。

▼ただ、私達はそれを子ども達に知的学習という形では提供したくない。残念なことに学校では先生方が対応できないということで下火となってしまったが、自由な発想や試みを重視する総合学習的な意味合いにおいて、面白く楽しみながら体験することで学習したいと思っている。思春期を過ぎるまでのこの時期、知的な思考を積み重ねることは勿論大事なことであり、それを疎かにする積りはないが、それ以上にこの時期はそういう思考を可能とする器づくりこそが大事ではないかと考えている。
今、学校教育にはそういう側面が決定的に不足している。知識はあるが体験がない。学校の先生においても然りである。そういう理解は学校を通過すれば結局雲散霧消してしまう。これは私達がそういうものを大いに持ち合わせているから言うというのではなく、むしろそれが欠けた学びが如何に歪な学びであるかを痛感したからである。


******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************

 良ければクリックを。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ぱいでぃあに相談に訪れる親御さん達へ 「ぱいでぃあ」って?

2012.07.14.20:54

ぱいでぃあに相談に訪れる親御さん達へ

▼一学期もだんだん残り少なくなって来ました。そこで4月の当初は《もしかしたら学校に行くと言ってくれるかも知れない》と思いそのままとなり、5月の連休を境に《もしかしたら立ち直ってくれるかも知れない》 と思ってずるずると不登校期間を長引かせていたご家庭の方々も、費用やその他の面で一つの区切りをつけて、次なるステップへと動き出すのが大体夏休みが近付いた今頃の時期です。そこに《フリースクールへの相談》も入って来ます。

フリースクールというのは本来、一国の教育の枠に囚われず教育本来の役割を追求しようという活動ですが、幸か不幸か日本では不登校の子ども達の受け皿、救済機関の役割を担ってきました。 しかし、フリースクールと一口に言っても、その理念も活動方針もそれぞれみな違っています。当然、私達フリースクールの側も、ぜひ引き受けたい子ども、支援したいタイプの子どもというものがあるわけです。

▼私達ぱいでぃあは主として私立・公立の小学校・中学校の 子ども達を支援しており、相談される親御さん方も大体インターネットのサイト等でここがどういうフリースクールであるかを下調べされて相談に来られます。ですから、相談に訪れるお子さんたちは不登校であることで深く悩んでおり、真剣に出口を求めている子ども達がほとんどです。そして、一般に不登校=落ちこぼれと見做されるような知的レベルの問題で不登校になったお子さんというよりも対人関係とか先生との齟齬とか知的問題以外のことがきっかけで不登校になったというような子が多いと言えます。ただし、学校に行けなくなったので勉強が心配という動機でご相談に来られる方が多いのは事実です。勿論、私共はどのようなタイプのお子さんでもお引き受けしますが、決して自分の人生を投げ出していないみな自分の生き方を真剣に考えている真面目なお子さんであることは共通しているように思います。それ故に思い悩むのだとも言えます。「なんとなく不登校」の子ども達ではありません。

▼フリースクール・ぱいでぃあは学校を離れても大丈夫、学校と同じように、時には学校以上に個々人に合った学習をしてくれるところ、というのが相場だとすると、それは結果論かも知れません。ぱいでぃあを卒業した子どもは全員、自分づくりを行い、夢実現を目指して進学して欲しいと願い、それを地道に支援し、実現しているだけのことです。むしろそれよりも私達は、自己実現できる社会人の育成を目指して最大の努力をしていると言った方がいいかも知れません。

▼ですから、最終的にぱいでぃあに通ってくる子ども達は不登校全体の割合からすれば決して多くはないタイプの子ども達かも知れません。しかし、自分の傷付いた翼を癒し、自分を生かし他者をも生かすwin-winの社会感覚を身に付け、自信を持って羽ばたいて行くならば、その先にあるのは、ぱいでぃあのミニ・パンフレットの記述にあるように、「不登校も過ぎてみれば貴重な体験!」というものではないでしょうか。私達はその確信のもとに活動しています。


******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************

 良ければクリックを。
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (26)
フリースクール・ぱいでぃあ (16)
身体活動と脳の発達 (1)
遊びと学びと (5)
右脳と左脳 (0)
社会体験学習の目指すもの (10)
スポーツ活動 (1)
クレヨンしんちゃんとコボちゃん (1)
学校教育と不登校 (5)
理科的思考 (2)
漢字学習 (2)
受験・進学 (2)
コーピング・スキル (1)
昔遊び (1)
「ぱいでぃあ」からのお知らせ (11)
ぱいでぃあの行事から (4)
国語の学習 (1)
不登校とフリースクール (162)
フリースクールの卒業生 (1)
本当の学びとは何か (6)
骨董アンチーク (0)
骨董アンティーク (1)
海外で勉強 (1)
親の問題・子の問題 (4)
最終的な学び場 (1)
コモンセンス (1)
不登校の子どもを持つ親 (4)
日本の教育 (3)
無用の用ということ (1)
ぱいでぃあ活動での学びから (7)
フリースクールでの学び (3)
脱・不登校 (1)
〈不登校〉って何だろう? (6)
東日本大震災 (1)
ぱいでぃあでの活動と学びから (9)
ぱいでぃあ社会体験学習 (5)
子ども達の教育を求めて (7)
ぱいでぃあに集う子ども達について (1)
NPOニコラ:教育ホーラム (1)
高校入試 (1)
アシスタント (1)
不登校からの羽ばたき (9)
フリースクールでの応援の形 (3)
夏期講座 (1)
官民連携の不登校セミナー (1)
不登校だからできる学び方 (0)
不登校だから出来る学び方 (1)
アンスクーリング (1)
親御さんへのQ&Aから (0)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR