「今だから見える」と応援してくださるOBの親御さん達

2012.06.27.17:47

「今だから見える」と応援してくださるOBの親御さん達

▼今年、長男がめでたく念願のB大学に入学したS君のお母さんが「仕事でこちらに来たついでに…」とおっしゃって、夕方ぱいでぃあを訪問された。お母さん自身、息子さんがほとんど引きこもりの状態になっていた頃とは見違えるように若々しくなり、今は家庭に仕事にと精力的に活躍されている様子が伺われた。生き方や気力の持ち方、周りの状況が変われば人はかくも大きく変わりうるものなのか──そんな感じである。

▼学校に行けなくなり引きこもり状態となっていた息子さんがすっかり意欲を失っていた時、お母さんもまた深く沈み込んだ状態にあった。足繁く通った教育相談、医者通い、投薬…、しかし一向に改善の兆しは見えず、殆んどさじを投げた状態でのフリースクール・ぱいでぃあへの相談であった。だから、親子とも当初はまったく私達に期待していなかったかもしれない。だから私達の言葉に従い、車で送迎はすることにしたものの、「来ても5分と経たずの退席」からのスタートだった。

▼それでも、他所には絶対足を向けようとしなかった息子さんが、たとえトンボ帰りの連続からの始まりではあっても、とにかく母親の車に乗ってやって来ようとしたからには、私達の言動に何かを感じたからに違いなかった。その蜘蛛の糸のように細い信頼の絆が、彼を徐々にそこから引き出す作用をしたのである。それまでは直ぐに帰っていた彼が、少しは私達の話しを聞くようになり、少しずつ会話が来るようになり、生徒が帰った後の誰もいない教室をのぞいてみたり、そこに座ってみたり…、そして、遂に皆と同じ教室に腰掛けるようになったのだった。

▼フリースクールの活動に参加して通常に活動できるようになってからは、持ち前の真面目さや真摯さもあり、少しずつ少しずつ薄皮を剥がすように変わって行き、自分に自信を持ち始め、無事進学も果たした。そして今年の春、めでたく念願の大学にも進学できたのである。それは彼なりに不登校というレッテルを貼られた偏見からの脱却の過程でもあったろう。「不登校とは負け犬になることではない。一つの生き方の選択である」ことを彼は見事に証明して見せてくれた。今後とも、その体験を否定せず、貴重な体験として活かすことに意味があろう。

▼お仕事で忙しい中、わざわざやって来てくれたお母さんは「当時はよく見えなかったけれど、今は物がよく見える。本当の物は何か見分けられるようになった」とを話された。だから、これからもいろいろな人のためにぱいでぃあに頑張って欲しいと。そう言って、今回もまた応援の寄付を差し出された。ありがたい!ぱいでぃあを飛び立たれた方の中に、このような形で応援を申し出られたり、「当時は自分達のことで精一杯だったが、今だから出来る」と有形無形の形で応援して下さる方達がいらっしゃる。私達の活動はそういう見えない手、これ見よがしではないけれども陰に陽に差し出される様々な手に支えられていることを忘れないようにしたいと思っている。

******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.hp.infoseek.co.jp/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
 良ければクリックを。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

子ども達を忘れ、置き去りにした日本の教育----フリースクールの窓から

2012.06.19.18:15

インカ帝国展より インカ帝国展より ポスター&サンポーニャ

▼梅雨に入り、父の日も過ぎ、すでに6月も半ば。21日にはもう夏至となります。今、アジサイが青やピンク、白の花々を開いています。こうして、今年も半年を過ぎようとしています。今日19日は台風4号で関東も午後から雨になりました。

▼フリースクール・ぱいでぃあの週3回の「ぱいでぃあ活動」も天気の良い時は主に外でテニスやサッカー等のスポーツが中心ですが、さすがに6月にもなるとスポーツの内容も春のようなわけにはいきません。暑さにあわせて徐々に変えていきます。ですから、今は直射日光を避けた木々の梢がいっぱいの場所で、キャッチボール、ソフト、バドミントンなどを、何回かの休憩を挟みながら軽めの身体活動を行っています。

▼でも、こういう時期になっても身体活動を続けるのがぱいでぃあの特徴です。それだけ、成長期の子ども達にとって身体活動は大事だと考えています。ですから、充分にそういう場所を確保できない都内のフリースクールなどの子ども達を可哀想にも思います。「行動療法」などという理屈は抜きに、身体活動を通じた心身の活性化・開放感というものは座学だけでは決して得られないように思います。実際、子ども達はこういう活動を通じて、自分でも気付かぬ内に身体だけでなく心も生き生きとしてきていることを発見するわけです。まさに「心と身体は繋がっている」(養老孟司さんの言葉)ことの実践がここにあります。

▼フリースクール・ぱいでぃあには、不登校になったけれど、自分の人生に前向きに取り組み、勉強などにもできるだけ意欲的に取り組みたいという望みを持った子ども達が来るように思います。でも、その分学業以外の活動がお留守になっていることも多いように思います。勉強さえ出来ればすべて解決するかのように。そのリベンジの気持ちは分かりますが、それであれば尚更、身体活動にも力を入れて欲しいと思います。そういう身体の活性化が出来るようになれば、学業等への取り組みも自然に意欲的になってくる様を私達は数多く見てきているからです。

▼10数年前、フリースクール・ぱいでぃあを立ち上げた頃からすると一見、不登校を取り巻く環境は大きく変わったようにも見えます。それなりに社会的認知が進んだせいでしょうか、今の不登校の子ども達には以前のような悲壮感はありません。学校での対応も進んできました。でもそれはその存在価値が認められるようになって来たということではなく、それなりの存在として体の良い隔離収容的な排除的対応が進んだということではないかと思われてなりません。

本当に問われるべきは、そのような不登校の子ども達を生み出し、特別支援学校とか特別支援学級という形で隔離収容して良しとする日本の教育のあり方なのではないでしょうか。今後、学校や教育の多様な存在が認められ、子どもの多様性が認められるねばならないでしょう。

福島第一原発事故から一年が過ぎました。その間、学校の子ども達は学校教育の名の下にどんな危険な状態に据え置かれたことでしょう。それが今なお進行しています。それを見るにつけ、これは単に不登校となった子ども達の問題ではないことを感じないわけには行きませんし、学校の先生たち自身も子ども達の側に立って考えることが出来ない様を痛いほど見せつけられてきました。子ども達を忘れ、置き去りにした日本の教育の姿があるように見えます。


******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.hp.infoseek.co.jp/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
 良ければクリックを。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

Pagetop
Pagetop
プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (29)
フリースクール・ぱいでぃあ (16)
身体活動と脳の発達 (1)
遊びと学びと (5)
右脳と左脳 (0)
社会体験学習の目指すもの (10)
スポーツ活動 (1)
クレヨンしんちゃんとコボちゃん (1)
学校教育と不登校 (5)
理科的思考 (2)
漢字学習 (2)
受験・進学 (2)
コーピング・スキル (1)
昔遊び (1)
「ぱいでぃあ」からのお知らせ (11)
ぱいでぃあの行事から (4)
国語の学習 (1)
不登校とフリースクール (172)
フリースクールの卒業生 (1)
本当の学びとは何か (6)
骨董アンチーク (0)
骨董アンティーク (1)
海外で勉強 (1)
親の問題・子の問題 (4)
最終的な学び場 (1)
コモンセンス (1)
不登校の子どもを持つ親 (4)
日本の教育 (3)
無用の用ということ (1)
ぱいでぃあ活動での学びから (7)
フリースクールでの学び (3)
脱・不登校 (1)
〈不登校〉って何だろう? (6)
東日本大震災 (1)
ぱいでぃあでの活動と学びから (9)
ぱいでぃあ社会体験学習 (5)
子ども達の教育を求めて (7)
ぱいでぃあに集う子ども達について (1)
NPOニコラ:教育ホーラム (1)
高校入試 (1)
アシスタント (1)
不登校からの羽ばたき (9)
フリースクールでの応援の形 (3)
夏期講座 (1)
官民連携の不登校セミナー (1)
不登校だからできる学び方 (0)
不登校だから出来る学び方 (1)
アンスクーリング (1)
親御さんへのQ&Aから (0)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR