フリースクールとは何か ─ 学校教育の枠に囚われない学びを求めて(1)

2012.04.26.17:21

ぱいでぃあでの一こま

▼フリースクール・ぱいでぃあに対する一種の誤解がある。どうも最初に学校の先生が付けたらしい。「フリースクール・ぱいでぃあは不登校生のエリートが行くところ」だと。余り有り難くない命名である。一方、「こんなフリースクールが欲しかった」という声を、親御さんたちから聞くのは正直嬉しい

▼不登校の子ども達が教育現場から大量に生まれ出るようになったことを憂え、その受け皿的な存在として日本のフリースクールは生まれた。そしてそのほとんどはいわゆる「落ちこぼれ」と言われる子ども達とか様々な「障害」を抱えている子ども達を主な対象とした。学校教育からこぼれ出る子ども達の中でまず一番に救済されるべきは彼等であったから、さもありなんと納得はした。しかし、同時にフリースクールの活動をそれに特化することには様々な疑念も持っていた。

▼応急的な措置としてやむを得ない面があったのは確かだ。しかし、本来のフリースクールというものは既存の制度に限定されず、もっと広いパースペクティブで教育全体を捉え直す視点を持つものであったはず。だが、日本のフリースクールではそういう始まり方はしなかった。半ば反学校的な色彩を前面に出して、「学校から子ども達を守る」ということが大義名分であった。もとより教育行政の側からは毒キノコのように忌み嫌われ、公的な支援など対象外であったのは言うまでもない。この方向性は正しくもあり正しくないとも言えた。子どもの涙が出汁(ダシ)に使われた、という側面がないわけではないからである。

▼そこに徒手空拳で本来のフリースクールのあり方を求めて設立したのが「フリースクール・ぱいでぃあ」であった。だから、国が主導する学校教育への批判は先行のフリースクールと同様ではあったが、日本のフリースクールの中にあっては異質な存在ともなったのは否めない。これは昔も今も変わりはない。
 しかし、日本の不登校問題は教育行政が考えた情緒障害の子ども達の学校不適応というような単純な問題ではなく、「日本の学校教育そのものが陥っている危機を体現したカナリヤなのではないか」というのが基本的認識であった。だから「ぱいでぃあ」の登場は、不登校の子ども達の保護救済問題だけではなく、日本の学校教育そのもののあり方、子どもを庇護する家庭のあり方や子どもの育ちそのものの問題にまで切り込むものとなった。

▼不登校となる子ども達のうちで障害を持つ子ども達が圧倒的に多いのは否めない。だから、学校でも父母の間でも不登校生=落ちこぼれ生みたいな図式で見られがちである。しかし、障害のある子どものように「異質なものとして排除しようとする価値観」それ自体も日本の学校教育が生み出したものである。だが、「異質」なものはそれにとどまらない。割合は少ないかも知れないが、「噴きこぼれ」とか「浮きこぼれ」とでも名付けるべきタイプの不登校生が必ずいるのだ。学力的にはそれなりの力を持っていながら、体力的精神的な諸条件により学校の中ではうまく自分を発揮できなかったり認められなかったりした子ども達である。そういう子ども達は、かつては医療の現場でも「LD児」(学習障害児)というような一律のレッテルを貼られていたものである。

▼そういう不登校の子ども達は ─ もちろんその中には「いじめ」を受けた子ども達もいる(不登校になる子ども達は何らかのいじめ体験を持っている)が ─ 広汎性発達障害(この定義もすこぶる便宜的だ、つまり何も説明していないに等しい)と分類される子ども達とか、学校の平均的なカリキュラムを超えた能力を持つ子ども達だったりする。逆にめでたく公立や私立の進学校に入ったが挫折してしまった子もいる。そういう不登校の子ども達まで含めて、一律に扱うにはとても無理がある。どのような診断名が付くかも、相談にかかった医者によって違っていたりするのは今も変わりはない。中には「WISC-Ⅲ」(ウイスクサード)のような検査を受けてより客観的なデータを求める者もいるが、これをどう読み取るかも判定者の力量による。
 このように、落ちこぼれや障害のある子だけが不登校となるわけではない。一口に不登校と言っても、実に様々である。こういう多様性に日本の教育はどこまで応えられているだろうか。

※(その2)に続く

******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.hp.infoseek.co.jp/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
 良ければクリックを。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

公立・私立高校の不登校が自己再生に取り組む「ぱいでぃあ」

2012.04.18.13:02

公立・私立高校の不登校が自己再生に取り組む「ぱいでぃあ」

▼「フリースクール・ぱいでぃあ」では今まで、小中学校の不登校の子ども達だけでなく、私立や公立の高校に進学しながら無念にも不登校となってしまった高校生を何人も引き受けてきた。埼玉県内でトップと言われる県立高校や私立高校の生徒達も何人もいた。中には自分が不登校になったために先に東大などに進学した仲間がいる苦しい胸の内を語ってくれた子もいる。もとより彼らは受験の激戦を勝ち抜いてきた生徒達である。知的で聡明であることは言うまでもない。しかし、それが災いしたのか、他のことを切り捨てる受験勉強で逆に生きる力をそぎ落としてしまったからなのか、合格と同時に力尽きてしまい、互いに仲間として競うのが難しくなり(周りにいるのは同等の学力かそれ以上の者達だ)、念願の高校に籍は置いているものの通えなくなってしまったという生徒達である。

▼そういう生徒達であるから、心の状態としては基本的に小中学校の不登校生達と違いはない。むしろ高校生活という一つの目標を成し遂げたことによって小・中学校時代から引きずっていたものをとうとう発症してしまったというパターンが多いかも知れない。しかし、せっかく激戦を勝ち抜いて親子で掴みとった有名高校生というスティタスである。たとえ今、心がボロボロになっているとしても絶対にその地位を失いたくないという思いも強い。これは中学校時代にスポーツの優秀さが認められ、殆んど勉強はせずともスポーツ推薦・特待生という形で私立高校に進むことはできたが、その高校で全く目が出ずに居場所を失い、もっと下位の高校に転校したりサポート校などに流れる生徒たちとは対照的である。基本的には頭の良い生徒達。だから、囲碁などに興味のある子の場合には2~3段の有段者は珍しくない。だが、陰では心療内科や精神科などに通っていることも多いのである。だが、有名進学校というところは基本的に公立も私立もそういう類の子は殆んど問題視されていないようだ。あるいはなかったことにされているのかも知れない。

▼では、ぱいでぃあでは主に将来は帝大や有名私大に進むような生徒を面倒みるところかというと、そうではない。そういう◯◯予備校まがいのことをするのが主眼では全くない。では、なぜ彼らはぱいでぃあにやって来るのか?それは彼等高校生が受験勉強の中で失っってしまった自信を取り戻したり、折れてしまった翼を癒すためである。だから、今いる高校に籍を置きながら、癒しと再生のためにぱいでぃあにやって来るのである。別に私達は「〇〇カウンセリング研究所」などという看板を掲げてはいない。しかし、閉ざされた空間で言葉を媒介とするカウンセリングの効能と限界というものもある程度心得ている。むしろ彼等の場合には、単なる出来合いの言葉による導き=洗脳ではなく、新たな人間関係を紡ぎ出す行動とそれによる覚醒が求められている。それが可能になれば、彼等はまた自分を取り戻し、学校や社会という研鑽の場へ立ち返っていくことが出来る。そのための〈道場〉としてぱいでぃあを活用するのだ。こうして今まで何人もの子ども達がまた力を取り戻し、次のステップへと羽ばたいて行った。サポート校とは違って、今いる学校に籍を置きながら通って来ることができるぱいでぃあのような場所は、そういう彼等には丁度いい場所なのかもしれない。

フランス語で「知る(認識する)」という言葉は〈connaitre〉と綴る。この〈connaiter〉という言葉は〈con + naitre〉と分解できる。つまり〈con = 共に〉と〈naitre = 生まれる〉である。つまり、「知ることは共に生まれる」こと(共生)なのだ。ヘレン・ケラーの逸話を思い浮かべるまでもなく、人が〈ものを「知る」〉ことの本質的な意味合いがここにある。「知る」とは単に断片的な知識を詰め込む作業ではない筈だ。しかし、残念ながら私たち日本の学校での学びの方法はこの受験的知の獲得という範疇から自由ではない。その結果、せっかく優れた思考を持ちながら、知的行為の袋小路に入ってしまったり(知的行為のガラパゴス化)、優れた人材が社会の中で有用に生かされず、不登校や引きこもりを招いてしまっている部分もないわけではない。人の経験で無用なものはないと言われる。不登校も自分を見つめ直すよい経験かもしれない。そのためにフリースクール・ぱいでぃあが何らかの貢献を出来れば嬉しいことだ。

******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.hp.infoseek.co.jp/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
 良ければクリックを。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 
Pagetop
Pagetop
プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (29)
フリースクール・ぱいでぃあ (16)
身体活動と脳の発達 (1)
遊びと学びと (5)
右脳と左脳 (0)
社会体験学習の目指すもの (10)
スポーツ活動 (1)
クレヨンしんちゃんとコボちゃん (1)
学校教育と不登校 (5)
理科的思考 (2)
漢字学習 (2)
受験・進学 (2)
コーピング・スキル (1)
昔遊び (1)
「ぱいでぃあ」からのお知らせ (11)
ぱいでぃあの行事から (4)
国語の学習 (1)
不登校とフリースクール (172)
フリースクールの卒業生 (1)
本当の学びとは何か (6)
骨董アンチーク (0)
骨董アンティーク (1)
海外で勉強 (1)
親の問題・子の問題 (4)
最終的な学び場 (1)
コモンセンス (1)
不登校の子どもを持つ親 (4)
日本の教育 (3)
無用の用ということ (1)
ぱいでぃあ活動での学びから (7)
フリースクールでの学び (3)
脱・不登校 (1)
〈不登校〉って何だろう? (6)
東日本大震災 (1)
ぱいでぃあでの活動と学びから (9)
ぱいでぃあ社会体験学習 (5)
子ども達の教育を求めて (7)
ぱいでぃあに集う子ども達について (1)
NPOニコラ:教育ホーラム (1)
高校入試 (1)
アシスタント (1)
不登校からの羽ばたき (9)
フリースクールでの応援の形 (3)
夏期講座 (1)
官民連携の不登校セミナー (1)
不登校だからできる学び方 (0)
不登校だから出来る学び方 (1)
アンスクーリング (1)
親御さんへのQ&Aから (0)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR