FC2ブログ

ぱいでぃあの春休みの中で…新年度に備えて

2012.03.24.18:48

赤塚城址山頂から眼下を望む
  赤塚城址山頂から眼下の太公望を望む

フリースクール・ぱいでぃあは今日(24日・土)から本格的な春休みである。東京新聞の4コマ漫画には、今日から寺子屋も春休みとある。寺子屋の休暇が実際にどうなっていたのかは寡聞にして知らないが、面白いと思った。ただその中で、子どもが春休みを学校(寺子屋)から解放されたと考えるのではなく、自立した自分づくりの休暇と考えているのが面白いと思った。言うなればフリースクールも寺子屋の流れ。そう考えてもらえると嬉しい。

▼が、子どもが春休みになったからと言って、フリースクールが暇になるわけではない。普段できなかった雑務がドットある。だが、普段の時よりも問い合わせ等が多くなるのも確か。そういう相談も欠かせない。面白いことに、フリースクールの4月というのは、文科省下の学校と違って生徒が一番少ない時かも知れない
 もう腹を据えて4月からフリースクールで通うことに決めた親子が来るのも確かだが、子育ての時期は子どもにとって一番大事な時期であると同時に、親御さんにとっては一番仕事で忙しい時でもある。働き盛りの時期でもある。逆に言えば、家計に余裕が生まれるのはむしろこれからのことなのだ。

▼だから、勢い、もうこの子は学校に通うのは無理かもしれないと気付いていても、不登校になった我が子をフリースクールに通わせる時期をなるべく先に伸ばしたい。できたらその間に、我が子に立ち直って欲しいとも思っている。そこで、3学期の間は「もしかしたら4月から通いだすのではないか?」と期待し、4月にそれが上手く行かなかったときは「もしかしたら4月中には…」と思い、さらに「5月の連休明けまでには…」と思い、とうとう6月までスレ込み、結局1学期の間「もしや、もしや…」で終わってしまうということも決して珍しいことではない。だが、先延ばしされた分だけ、子どもの方は確実に心の状態が重く進行していくことになる。

▼そういう中、毎年のことだが、それまで家庭で悶々と過ごしていた親子とか、他のフリースクールに行っていたという子が、「フリースクールに行くなら、ぱいでぃあにと思っていた」という人達が必ずやって来る。中には小学校の時から思っていたけれど、中学校になったのを切っ掛けに…」などという家庭もある。そういう家庭は、上辺の宣伝だけでなく、じっくりと検討した結果であることが多い。義務教育ならタダではないがそれなりに廉価だが、民間のフリースクールに通うにはそれなりの構えも必要になる。だから、出来得る形で「ここに来て良かった!」と思えるようにしたいと思っている。幸い、微力ながらそれに応えてこれたかなと思っている。

「生きる喜び・学ぶ楽しさ」ーーこれがフリースクール・ぱいでぃあのモットーである。『不登校のエリートが行くところ」とか「勉強第一のフリースクール」等という評が一部にあるようだ。不登校になったからといって勉強を放棄しない、自分に投げやりにならないということでは必ずしも間違っているとは思わないが、活動の全体からすると大きく的を外れているといつも思っている。結果として自分を肯定的に捉えられるようになった子ども達がそうなるのであって、まず何よりも先に「自分にイエスと言えるようになる」ことが大前提である。
 だけど、このことを敢えて言わなければならないほど、今は子どもの世界も大人の世界も大変な状態になっているのだと思うととても悲しい。せめて何かの縁あってぱいでぃあにやって来た子ども達には、人の有難み、人の温もりに触れることで、自分自身にも自信を持って生きられる人間になって欲しいと思っている。

******************************************************

「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.hp.infoseek.co.jp/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

******************************************************

 良ければクリックを。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ぱいでぃあ春の社会体験学習:安野光雅絵本展(板橋区立美術館)のご案内

2012.03.21.19:52

▼新年になってから、バタバタした日が続きましたが、啓蟄に三寒四温…徐々に陽気も春めき、ぱいでぃあの行事も動き出しました。この3月、卒業・進級を祝う会をはさみ、東日本大震災一周年の写真展見学に引き続き、春の安野光雅絵本展・板橋区立美術館見学です。

3月22日(木)11時00分、南浦和駅改札口集合です。1時間ほどで現地、板橋区立美術館に到着します。安野光雅さんは、たぶん多くの人達にとっても馴染み深い絵本作家・デザイン画家・etc…であり、お偉い画家さんというよりは親しみ深い画家さんという存在ではないかと思います。梅も咲き次第に春の陽気が漂い始めた一日、街角のあちこちに春を見付ける感覚の体操を行うとともに、普段は眠っている内なる感覚にも春だよと呼びかけてあげたいものです。

▼詳細は、別刷りの「安野光雅の絵本展 板橋区立美術館」のチラシを当日お渡しします。また、出来ましたら最寄りの駅から板橋区立美術館周辺の「お散歩マップ」で周辺を確認してください。(これは、自由登校日で21日に来られなかった子どもたち用です)

※確認事項です
▼3月22日(木)11時00分、南浦和駅改札口集合です。← 12時00分ではありません。
▼ぱいでぃあは、10:00から開いています。ここから出かけるのも可。
▼11時00分、南浦和駅集合のため、昼食は現地で賄うことになります。1000円程度の備えをお願いします。(各自で選定)


※「大人のフリースクール・ティーパーティ第4回」〈思春期までにこそ心豊かに〉
 の詳細は、下記の「教育落書き帳」のブログからどうぞ。

******************************************************

「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.hp.infoseek.co.jp/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

******************************************************

 良ければクリックを。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR