FC2ブログ

社会体験学習「パウル・クレー展:終わらないアトリエ」を観ての雑感

2011.07.28.18:28

paul klee1

「芸術の役割は見えるものを表現することではなく、見えないものを見えるようにすることである」(パウル・クレー)

▼先にぱいでぃあの月間予定表でお知らせしていたように、27日は東京国立近代美術館の「パウル・クレー展:終わらないアトリエ」に出かけた。学校はすでに夏休みに入り、クレーに興味のある一般の大人(日本人に人気がある)、家族連れ(夫婦・親子など)、先生の引率による中高生(修学旅行で来ているのだろうか?)、美術を志す画学生などで賑わう。それでも、土日ほどの混雑ではない。

▼クレーが画家として活躍した時代は、古典派や新印象派等の時代とは異なり、すでに世の中に写真機という文明の利器が登場していた。クレー自身、「アトリエ写真」という形で製作のプロセスを写真で記録に残すのに大いに活用している。ただし、写真の登場によって絵画に革命的な変化が起きたのは確かだろう。それまでの肖像画や風景画等を見れば分かるが、それまでの絵画には外部から見たままに写実的に記録するという役割もあった。絵画で描かれたものが「似ている・似ていない」という言い方はこうして生まれたのではないか。しかし、写真の登場によってそういう絵画の役割は劇的な変化を遂げることになる。単に視覚的に記録するだけなら、写真に勝るものはない。

▼だから、写真の登場によって、絵画は写実的な描写をするという役割から解放されたというか、永久に客観的に記録するという役割を失った。そのことによって絵画は新たな存在理由が求められることとなり、以後画家たちは内的必然による絵画表現の探求に乗り出す。たとえば、ピカソも完成された古典主義的技法からの脱却に新たな画家のあり方を求めたし、一時期同じバウハウスで仲間として過ごしたカンジンスキーの具象から抽象への試みも、このクレーの新たな線描と油彩の試みからのコラージュ的手法による解体や再構成の試みなども、そういう絵画表現活動に向けられた新たな返答の模索であったのではないか、と勝手に思っている。

▼今回のパウル・クレー展は、ところどころに実際に彼が活動したアトリエの写真を配し、4つの製作プロセスと特別クラスとで5部門に分け、良くも悪くも教化的な視点を強く打ち出した夏休み向けの企画となっていた。そのため、アトリエにカメラの視点を置き、その製作の現場に立ち会うという試みはある程度成功していると言える。しかし、逆にそのために彼の絵画の創造の秘密に深く分け入るというよりは、何となくその入り口で終わってしまったのではないかという感想も否定できない。

▼しかし、それでも彼自身が描いた素描をもとに新たに黒い描線を転写し、彩色していくという手法の説明はクレーの絵画制作の手法の一端をリアルに語る。彼の素描はそれ自体で完成品だ。線描に一筆書きの手法が巧みに取り入れられているのも注目だ。それ以降の製作プロセスの解説もコラージュ&コンポジション的手法の展開のバリエーションを上手く説明しているが、語りに落ちる趣も拭えない。もっと自由に作品そのものに語らせてはどうか。一枚の紙の裏表に別の作品が描かれていることの説明にしても、むしろ常識的な視点を当ててみることも必要だったのでは?画家の場合には彼に限らず習作としてはあり得ることだし、中にはそのまま独自の作品に展開していったものもあったろうくらいに。クレーの神聖化作業かなとも思え気になった。

クレーの作品には様々な音楽性がある。それは彼の線描にも色彩にも感じられる。様々な楽器が鳴り響き、交響的な音の重なり合いもある。彼の両親は音楽家であったようだし、クレー自身、自分でもバイオリンを演奏し、バッハやモーツアルトを愛して止まなかったという。ポリフォニー、フーガ…多彩な音の響きがそこにある。しかし、なぜか会場で私が合うかもしれないと思ったのはエリック・サティの音楽であった。いや、近現代の音楽の中にはもっと相応しい曲があるかもしれない。もしかしたら、彼の絵画をイメージして描かれた作品などもあったりして。会場の売店で、「キミもクレーになれる」という子ども向けの塗り絵が売られていた。「おもしろいな!」と思った。会場でも子どもたちがクレーの作品を謎解きのように楽しんでいる光景もあった。そういう遊戯性も彼の重要な持ち味だろう。

▼さて、こういう絵画の鑑賞がどう子ども達の絵画に活かされるか。児戯的なことからはじめて見たい。
▼ちなみに、晩年のクレーに「死と火」という作品がある。あたかも原子力発電所を扱う人間の未来を予告するかのように。

■参考
東京国立近代美術館:「パウル・クレー:終わらないアトリエ」
パウル・クレー
クレーの画像
日本パウル・クレー協会
パウル・クレー
パウル・クレー
よく分かるパウル・クレー、音楽を描いた画家 :日本経済新聞

******************************************************

「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  
http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

******************************************************

 良ければアクセスを。
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト

「教育広場&ぱいでぃあ親の会」から…最終的な学び場として

2011.07.09.15:24

▼「教育広場&ぱいでぃあ親の会」(以下、親の会)は、フリースクール・ぱいでぃあが始まって以来、ほぼ毎月の恒例の行事として開催してきました。今まで多くは第3週の土曜日に行って来ましたが、昨年度は親御さんの要望もあり土曜日から金曜日に、更に第3週から第2週へと移動もありましたが、ずっと続けてきました。変動があったのは、近年家族の態様も変わり、親御さんのお仕事などの都合ということもあります。

▼1年の行事の流れに沿って、毎月その時期にあった話題、子どもたちの日々の行動や変化、不登校を取り巻く教育動向やフリースクールでの取り組みなど、その時々で取り上げる話題も違っています。子どもが不登校になり現在ぱいでぃあに通っているという状況は同じでも、お子さんの年齢・学年、不登校となったきっかけ、学校を取り巻く状況、子どもの現在、日々どう接すべきか、これからの目指すべきこと…、これは十人十色でみな違います。

▼フリースクール・ぱいでぃあの特徴(?)の一つに、リピータさんが結構いるということをあげてもいいでしょうか。たとえば、一度「教育相談」という形で訪れたことがあった生徒が当時はまだ通える気力がなかったけれど今はその気になって…とか、いろいろ他のフリースクールも回ってみたけれど自分に合うフリースクールはやっぱりここだと思って…とか、ここが完全に自分の学校になってもう何年も通い続け卒業までいるつもり…とか、様々です。当日は参加されませんでしたが、関東圏に転居されるに当たって、一都三県のフリースクールを体験して歩き、最終的にぱいでぃあに決めたという親子もいます。

▼今回の親の会も仕事上の都合等で親御さんの参加は決して多くはなかったのですが、そういう生徒の親御さんたちでした。この頃は学校でもPTAの役員は籤引きで持ち回りというところが多いようですが、子どもの第一の支援者として共に学んでくださるのは嬉しいことです。いろいろな他のフリースクールも当たってみた、勧められた相談機関にも行ってみた、そういう体験を経て改めてぱいでぃあの良さを知り、ここならわが子を通わせてみたい、と思われた親御さん達と言っていいかも知れません。親の会でそういう体験談が語られるのも毎年のことです。他のフリースクールに見切りをつけやって来られた方がいるのも例年のことです。総じて、自分づくりに真面目に真剣に取り組みたい子どもたちが来ると言えそうです。

▼そういう親御さんの中に今回は、民間で運営するフリースクールの大変さと存在意義を理解され、自分にできることをやらせて欲しい、ぱいでぃあの為に一肌脱ぎたいという方もいます。今回も同業の会社のトップの方を伴って参加してくれました。他の分野の発想と行動力でぱいでぃあが活性化できれば素敵です。それに限らず、親御さんの中には様々な職業の方々がおられます。仕事柄で子どもの問題に触れる親御さんもおられ、教育のシステムから零れ落ちた子どもたちの建前からは知り得ない悲惨な世界もあるようです。既成の枠に囚われずそういう社会の多様性に対応した教育の多様性もまた必然なのだろうと思います

▼何かの縁で私たちのフリースクールにやってきた子どもたちです。微力ではありますが、少なくともその子どもたちだけでも自然にコモンセンスを身に付け、自立できるよう(自立の中身は後日)支援を図っていきたいと思います。そして、ある一時期のフリースクールでの活動が、「貴重な道草体験」だったと振り返られるようになればいいなと思っています。

******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************

 良ければアクセスを。
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR