不登校をめぐる親の問題・子の問題

2011.06.30.17:07

▼フリースクール・ぱいでぃあには主に学校を離れた子どもたちが通ってきています。そして、原則として困っている子どものことならどのような事情があっても引き受け、様々な相談にも乗り、自然な立ち直りを支援しています。そして、もしお子さんが今トラブルに巻き込まれているのなら、なるべく早めに相談に来られることを望んでいます。長引かせれば長引かせた分、立ち直りが難しくなってしまうからです。

▼ところが、中には《小さな時分から学校には行っていない。ずっと今まで家で過ごしていた。けれど、このままではこの子は一生社会と触れ合うこともなく、この世に人として生まれてきた喜びも味わうことなく終わってしまうかもしれない。親が元気な今のうちはまだいいけれど、親の支えもなくなった後この子はどうなるのだろうかと考えると不安で一杯になる。それで、思い余って連れてきました。今からでも何とかならないでしょうか》──というような場合もあります。

▼「この子のために出来る限りのことをしてあげたい」──この思いはとても大切です。その思いが親御さんにあれば、紆余曲折を経ることはあっても最終的には立ち直っていける、自分らしさを取り戻してやっていける──そう確信していいいだろうと思います。それに必要な1~3年間、その子のために親身になって力添えになってあげればいいことなのです。しかし、それが幼児の頃に始まり中学も終りになる今でも同じ状態にある──となると、果たして、今まで通り親御さんの言うやり方に従っていていいものかどうか、見極めがとても大事になります。

▼たとえば、子どもが罹る症状の一つに場面緘黙(ばめんかんもく)と呼ばれるものがあります。これは子どもが集団の中で言葉を発しなくなったり発することができなくなってしまう症状のことです(ただし、いわゆる「緘黙」とは違い家族とは当たり前に会話をすることが出来ます)。たぶん小さかった頃に何かの精神的ショックがあったのでしょう。そして親御さんはその子の気持ちをおもんばかって様々なケアを行って来たことでしょう──それ自体には何ら問題はありません。しかし、それは当初必要な対応の仕方なのです。実際にそういう子どものケアに携わったことのないお医者さんの場合には教科書通りの慰めの言葉を言ったりしますが、果たしていつまでもそれでいいものかどうか「今までは自分たちで何とかしようとやてきた。しかし、このままではもうどうにもならない。確かな展望を開きたい」という切羽詰った思いで、最後の拠り所としてフリースクールの門を叩いたのではなかったでしょうか

▼しかし、「お願いします」とは言うものの、いざ今までの慣れ親しんだ状態から変わらねばならないとなると子どもは変化を恐れて頑なになったり、親御さんの方も「子どもがそう言うんだから…」といつものように子どもを庇ってしまいます。一刻でも早く楽にさせてやりたいと望みながら、肝心のところで親子の共依存の感情に絡め取られて、その関係を断ち切ることができず、変わること(社会化すること)を本能的に拒絶してしまうのです。そこにはそれを生理的に避けてしまう本人の問題というよりは、そのような方向に子どもを仕向けてしまう親御さんの問題が色濃く反映しているのを感じてしまいます。

▼「親が変われば子も変わる」とは不登校問題ではよく引き合いに出されるもはや古典的な言い回しです。そして、ある程度これは真実なのです。しかし、逆に言えば、子どもへの親の支配力がいかに強いか、子どもの自由を親御さんがいかに奪っているかの証明でもあります。つまりは、一見子どもの病理のように見えながらその実、親の病理の反映であることがとても多いということです。そういうこともあり、フリースクール・ぱいでぃあではほぼ毎月「教育広場&親の会」を開催しています。それは子どもの問題を解決するためには、まずは親御さんに変わってもらわなければならないということ、なぜ我が子が不登校にならざるを得なかったか、それが良いとか悪いとかではなく、正確に知ってもらうことが何よりも必要だと考えるからです。

(つづく)
******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.com/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

******************************************************
 良ければクリックを。

にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト

自分を活かす場をアメリカに求めて飛び立った中学生

2011.06.08.23:32

▼今日、一人の日本の中学生がアメリカに向けて飛び立ちました。まだ中学3年生の女の子です。日本人離れした上背と容貌を持ち、おそらくその体躯と同じく心理的な面においても日本の教育の枠組みにいつも窮屈さを感じていたであろう彼女は、このまま日本で過ごすことの不安とより広い世界への羽ばたきの思いを持って、一路アメリカへと飛び立って行きました。

▼3月の親の会にはお母さんが参加されていましたが、ちょうど会合の真っ最中の2時46分に激しい揺れが私たちを襲いました。東日本大地震でした。窓の外の電柱や送電線が激しく揺れ、これは未曾有の大地震だと直感しました。しかし、私たちの入っているビルは頑丈です。このくらいではビクともしません。壁にはそれなりの地震揺れ対策も施してあり、棚から本一冊落ちては来ません。ただ、壁の脇にあった水槽の水だけが激しく揺れ、こぼれました。

▼親御さん方には「横揺れだから大丈夫。そのまま座っていて下さい」とお願いし、椅子に腰掛けたままでいました。幸い、変に狼狽える人もなく、事態に備えた的確な動作ができるよう様子を見ていたのですが、お一人だけとても辛そうに顔を引き攣らせ湧き上がる恐怖の思いを必死にこらえておられる方がいました。彼女のお母さんでした。少し揺れが落ち着いたところでお話を伺うと、上のお子さんがまだ小さかった頃、震度7の地震に会い、地面には大きな地割れも出来、家の全てのものが倒れてくる怖い経験をしたことがあったとのことで、明らかに地震に対するトラウマの心的状態にあるようでした。

▼彼女の場合、直接その地震は体験していませんので地震に対する不安はなかったのですが、それによって引き起こされた福島第一原子力発電所の爆発事故とその結果撒き散らされた放射能については、はっきりと「怖い!」と口にしていました。彼女はちょうど春休みに既にアメリカに留学して勉強しているお兄さんに会いに行く計画を立てていたこともあり、原発による放射能汚染による恐怖も手伝って、単身アメリカに行きました。そこで始めて、彼女はアメリカ等の海外で日本の原発事故がどう見られているかを知ったようでした。

▼向こうで彼女のような日本人を受け入れホームステイの仕事をしている人とも話をし、アメリカは素早く正確な情報を入手し福島原発から80キロ圏内の人達に退去命令を出したように、アメリカでは当初からFukushimaの事故をかなり深刻に受け止めていたようです。その方から「日本は危ない、こっちに来なさい」と強く勧められたようです。自分の原発事故への不安な思い、日本の学校への見限り、新天地での勇躍、そして実の兄もこちらにいる…。彼女がアメリカで勉強する道を選ぶのにそんなに時間はかからなかったのかもしれません。今までも「ぱいでぃあ」の生徒の中にイギリスやニュージランド等に行った子はいましたが、このような形での転進は始めてです。

正直なところ、彼女には日本よりもアメリカの教育風土の方があっているように見えました。特別に語学堪能ではありませんが、おそらく慣れがそれを解決することでしょう。「大丈夫、君ならしっかりやれる。期待してる」とエールを送りました。幸いビザもすんなりと取れ、後は体が行くだけ。向こうから誘いのメールもあったようです。残念ながらお母さんは日本に残ります。寂しくなりそうですね。でも、我が子に期待しない親はいない。変なことが彼女のホームステイの切っ掛けとなりましたが、彼女の向こうでの水を得た魚のような活躍に期待したいものです。

※ただ、他の子どもたちは日本に生活し頑張ることにかわりはありません。この子たちの現在と未来のためにも日本に明るい展望を開いて欲しいものです。心から願います。

******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
 良ければクリックを。
にほんブログ村 教育ブログへ

プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (29)
フリースクール・ぱいでぃあ (16)
身体活動と脳の発達 (1)
遊びと学びと (5)
右脳と左脳 (0)
社会体験学習の目指すもの (10)
スポーツ活動 (1)
クレヨンしんちゃんとコボちゃん (1)
学校教育と不登校 (5)
理科的思考 (2)
漢字学習 (2)
受験・進学 (2)
コーピング・スキル (1)
昔遊び (1)
「ぱいでぃあ」からのお知らせ (11)
ぱいでぃあの行事から (4)
国語の学習 (1)
不登校とフリースクール (172)
フリースクールの卒業生 (1)
本当の学びとは何か (6)
骨董アンチーク (0)
骨董アンティーク (1)
海外で勉強 (1)
親の問題・子の問題 (4)
最終的な学び場 (1)
コモンセンス (1)
不登校の子どもを持つ親 (4)
日本の教育 (3)
無用の用ということ (1)
ぱいでぃあ活動での学びから (7)
フリースクールでの学び (3)
脱・不登校 (1)
〈不登校〉って何だろう? (6)
東日本大震災 (1)
ぱいでぃあでの活動と学びから (9)
ぱいでぃあ社会体験学習 (5)
子ども達の教育を求めて (7)
ぱいでぃあに集う子ども達について (1)
NPOニコラ:教育ホーラム (1)
高校入試 (1)
アシスタント (1)
不登校からの羽ばたき (9)
フリースクールでの応援の形 (3)
夏期講座 (1)
官民連携の不登校セミナー (1)
不登校だからできる学び方 (0)
不登校だから出来る学び方 (1)
アンスクーリング (1)
親御さんへのQ&Aから (0)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR