スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は「社会体験学習」で「シュルレアリスム展」(六本木・国立新美術館)へ

2011.04.26.18:17

既に別紙で連絡してある通り、明日4月27日(水)はフリースクール・ぱいでぃあで毎月恒例の「社会体験学習」の日。今月は六本木・国立新美術館で開催中の「シュルレアリスム展」に出かけます。

眼の保養、感覚の解放を主眼として、何よりも「楽しんじゃおう!」という企画です。

ぱいでぃあの「Q&A」の小冊子にも簡単に書いていることですが、「毎月の社会体験学習」は「遊びと学びの融合」と掲げる「ぱいでぃあの基本理念」に基づく実践活動です。。平たく言えば、次のようなことです。
�「何でも見てやろう、体験してやろう!」
 私たちは「遊びと学びは同根のもの」「遊びもまた学びである」と考えます。「物との対話」を行い「物の不思議さ」に触れ、まずは五感を通して考えることです。教育には知的な営みの前に、この感性の器づくり、OSづくりが欠かせません。高度な抽象思考の楼閣もこの土台の上に成り立ちます。
�「書を捨てて野や街に出よう!」
 教科学習は大切です。でも、それも先人の自然や人間の営みの中から結晶化したもの。書物を通した頭での理解以前に、体験や経験を通した身体的理解がとても大切です。次代を切り拓く新しい展望もそこから始まります。
�「本はどこにでも開いている」
 「教える→教わる(覚える)」関係が支配的な日本の教育の中で、勉強することは最良の記憶マシーンとなることだと勘違いしている人たちがいます。そこでは、自ら問題を発見し考えるという営みがすっぽりと抜け落ちています。日本の学校教育とは結局のところ出来合いの知識の切り売り、知識の複製行為。しかし、本当に考える勉強、感じる学びはもはや教科書に限定されるものではなく、社会から保護され隔離された営みでもありません。特に、自然の野山や美術館・博物館等では直に本物に触れて学ぶことができます。こういう機会を最大限に活用したいものです。

そのような思いもあって、「ぱいでぃあ」では毎月、旬の体験学習を取り入れ学ぶことを大切にしています。これは、学校教育ではちょっと不可能なこと、フリースクールだからこそ可能な学びの活動でもあります。

以下は、今月の活動の案内です。
よろしければ覗いてみてください。

http://freeschool-paidia.com/paidiasyakaitaikengakusyu%2020110427.html



※展示等の詳細は、下記のサイトを御覧ください。
http://www.sur2011.jp/

******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.com/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

******************************************************

 良ければアクセスを。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

不登校の子どもたちをどう受け止めるか ─覚書から─

2011.04.25.14:14

▼「不登校とは何か」「なぜ不登校になるのか」「フリースクールとは何か」というようなことについてはっきりと認識していることは私たちの活動の原点である。しかし、それを経験のない一般の人に簡単に分かりやすく説明することはとても難しい。現象は同じでも、物の見方や考え方で大きく違ってくる

▼たとえば、よくビジネスの場合にはこんな話がある。ある靴のセールスマンがある未開の島に行った。ところが、そこの住民は誰も靴を履いていなかった。それで、セールスマンA氏は本社に電話した。「ダメですね。ここでは誰も靴を必要としていません」と。セールスマンB氏も本社に電話した。「凄いですね。ここでは誰も靴を履いていません。彼らに全部靴を履かせたらすごい儲けになります」と。さて、どちらが未来のビジネスの展望につながるか。明白だ。

▼「不登校」や「フリースクール」の考え方についても同様のことが言える。「ダメですね」と考えるか「凄いですね」と考えるか、その向き合い方や捉える価値観などの違いによって、その後の展開がまるで違ってくる
 学校を嫌う不登校の子どもがなぜフリースクールにはやってくるか。今までも、私たちのフリースクールがある南浦和の地に、ずいぶん遠方からやって来た子が何人もいる。埼玉県では熊谷や秩父から、他県では東京上野や福生、茨城県の古河などからも。秩父から来た子は片道2時間半くらいかけてやって来た。「学校に行くのは絶対嫌だ」と言ったその子たちは、逆にここに自分の生きる場所がある、学び場があると思えば、時間や距離を厭わない。労苦も厭わない。よく学校の教師が不登校生に投げかける否定的な言葉─たとえば、「怠け者」「人嫌い」「集団性の欠如」など─は彼らにはそのまま当てはまらない。

不登校の子どもたちは、いつ、どこで、誰に、どのように、なぜ、そのようなレッテルを貼られたのか、実に様々な見方をされて─そのほとんどはマイナスのものだが─やってくる。自尊感情が砕け散り、自己卑下でいっぱいの状態でやってくる。面白いことにそのどれもが自分で思ったことではない。しかし、「どうせ自分なんか…」と、他人に貼られたレッテルをあたかも自分自身そうであるかのごとく思い込んでしまっていることが多い。もう「ノー、そうじゃない!」とは自分では言えなくなってしまっている。
 自分づくり途上の子どもたちは、悲しいことに与えられた環境で生きるしかないのである。だから、もしその環境に大きく歪みがあったり、欠落しているものがあったとするならば、その子はそういう環境が当たり前のものとして育つしかないないのである。

だから、
(続く)



******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.com/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

******************************************************
 読んだらポチっと。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。