■インプットからアウトプットへ──勉強の変革(4)生徒主体の学びの確立

2010.10.31.01:10

▼先の「インプットからアウトプットへ」の(1)~(3)の連載のブログは少し専門的な領域に入り込んでしまったかなと反省しています。もう少し、具体的な実践に即して説明したいと思います。

▼結局、教育の主体者は誰であり、子ども達は学校で何のために勉強をしているのかということです。それを踏まえて子どもの本来の教育のあり方を考え、勉強を組み立てることが必要だと思っています。日本の学校の子ども達はほとんど目の前のテストでいい点数を取るために勉強をしているようですが、それが本当の子どもの勉強の目的なのかということです。

▼例えば、筆順一つにしても、大人になればそれを正確に覚えている人はまずいないでしょう。子どもにそれをきちんと指導できる人はさらに限られます。結局、それに詳しいのは小学校の現場で働いている先生方か日々子ども達と接し指導している親御さんや学習塾の先生方…そんなところかも知れませんね。では、それを詳しく知っている人が優れた人かと言うと、それは小学生の勉強という範疇でのみ通用することと言っても過言ではないかもしれません。そんなことは忘れてしまっても、文字を書いたり文章を認めたりするときにさして支障があるあるわけではありません。まして文章表現力が劣るなどということはさらさらないことです。

▼それは文字がきれいに書けるかどうかの問題であって、それ以上でも以下でもないでしょう。「字は人を表す」と言われますが、さてどこまでそう言えることでしょうか。奇妙な道徳論と結びついたりもしますが、本来は別に論ずべきもののはずです。知人の父君に相田みつをという書家がいましたが、その人はむしろそういう「字が上手」という作られた枠を絶えず壊し続けていった方ではなかったか。また石川啄木の文字などを見るとまるで子どもの落書きのようにつたなく下手くそな字です。でも、「だから人間の中身も…」なんてとても言えません。また、自分の経験上からも字が上手な人が人格者だなどとはとても言えないことです。

▼一事が万事で、学校での勉強の中で、それは一種の通過儀礼としての意味しかなく、そのためにテストまで課し、ノルマを与えたり理不尽な選別をしたりすることにどれだけの意味があるというのでしょうか。それを学ぶことが全く無駄とは言いませんが、あえてやる意味もないように思えます。これに限らず、子どもの勉強には、改めてその意味を問い直してもいいものが少なからずあるように思います。

▼しかし、それは今までの先生を主体とするインプット中心の学びの活動からは見えなかった部分かもしれません。逆に、生徒が主体となるアウトプット重視の学びを考えるならば、これは現在等閑になっているけれども来るべき社会のためにもっと力を入れて欲しいとか、国際社会の一員として活躍できる子どもの育成のために是非取り入れて欲しいとか、そういうようなものになるのではないでしょうか。

戦後日本の変化を考えても、この60年間に、テレビや冷蔵庫、電話やパソコンなど社会は目まぐるしく変化してきました。とても戦前の変化のスピードとは比較になりません。それにつれて産業も社会構造も大きく変化したというのに、日本の教育だけは十年一日の如き趣で、その中身はあまり変わっていないように見えます。確かに、「不易流行」と言う言葉があるように、人の教育には常に変わらざるべき部分があるでしょうが、他方には社会の変化、時代の流れに従って、変わるべき部分もあるはずです。ところが、日本の戦後の学校教育ではこの「流行」の部分がすっぽりと抜け落ちてしまいました。その結果として、国際競争力の低下とか、学力低下とか言われ、また教育改革が叫ばれる所以ともなりました。

▼勿論、文科省が今まで掲げてきた教育改革も決して無駄とは言いません。しかし、小学校低学年の「読み書き計算」から中高生に至るまで、日本の教育課程の中には組み込まれていなかった様々な学習、たとえば「メディアリテラシー」や「金銭教育」や「株の取引まで含めた起業家教育」、あるいは政治を読み解く「政治教育」などは喫緊の課題とも言えそうです。
 今まで日本の教育は社会の風が吹きこむことを極端に警戒し、教育への様々なタブーを設けてきました。その結果、日本の子ども達の学校教育は確たる目的を定めぬ単なる教養講座的な学習に終始することになりました。そして、社会人になる上で欠かせない基本的なスキルを受けることなく成長することになったのです

やがて自分がなるべき大人の真似事を含めて、子どもにはそれぞれの年齢や興味・関心に応じた学び=スキルが必要です。そして、本来子どもはそのために自ら進んでその学びに取り組むものです。彼らにとって自分たちの日々の変化や成長は喜びであり、励みでもあります。教育者とはそういう子ども達の心身の成長発達を支援する存在であって、それを自分たちの要求や都合に合うように評価選別する存在ではないはずです。

▼実は、教育システムの「インプットからアウトプットへ」とは、単に教師主体から生徒主体へと教育の流れが変わることを意味するだけではありません学びの方法そのものの大きな転換でもあるのです
 もはや教育の力点は生徒へのインプットのみに力点を置くべきではありません。どのような優れたインプットを施されようと、それがアウトプットに反映されなければ全く意味がありません。学び、スキルを積み、身に付けたことがどのようにアウトプットされるか──それこそが重要なのです。個々の生徒達に最善のアウトプットを可能にするにはどうすればいいか──それをこそ教師が考えるべきことなのです。

▼そう考えれば、先生だけが正しい解答を持っている教授法というのは、もう意味を持ちません。「教え→覚える」形式の教授法はもう終わったのです。そういう知識の営為はもうハードディスクに任せておけばいいのかもしれません。やがて経年変化で色褪せるのですから。そして、それは「考えない」学びの頭脳の使い方です。記憶し蓄えることは「考える」学びの前提でしかないのです。
 ちなみに、縁あって私達のフリースクール・ぱいでぃあにやって来た生徒達は全員、一人ひとりに自分に適した活動や勉強のプログラムを組み立てた後は、勉強に必要な全ての教材の解答を渡されます。自立学習にも解答を持っていることは必要ですし、勉強はインプットではない、アウトプットこそが全てという考え方はこういう形でも反映されています。ここから新しい教育の方法が始まるということです。しかし、これはよく言われる「教えない授業」というものとはまた「似て異なるもの」かもしれません。


******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.com/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

******************************************************

 良ければアクセスしてやって下さいね。

にほんブログ村 教育ブログへ

にほんブログ村



スポンサーサイト
プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR