FC2ブログ

子どもの育ちと環境~植物の観察から~(2)

2010.07.15.08:39

※(1)の続きです。

▼失敗から学ぶこと
 ところが、こういう事態になると、子どもだけでなく先生の方まで「失敗した」「うまく行かなかった」と総括してしまうらしい。「教科書通りにできなかったからダメ」なんだと。この頃の子ども達は「失敗」をとても恐れるが、こういうところにその遠因があるのかもしれない。でも、人は失敗体験から多くのことを学ぶものだ。逆に成功体験しかない子どもは怖い。教科書と同じことが出来たと喜び、生の現実から何も学んでいないことがあるからである。教科書以外の現実に出くわしたらどうするのだろう。

▼「教科書通り」の考え方・生き方
 以前、「ぱいでぃあ広場」という引きこもりの当事者の集いを開いていたとき、「学校で勉強の教え方は習ったが、社会でどう働けばいいかを教えてくれなかった…」と言った有名四大卒の若者がいたなあと、妙にリアルに蘇る。確かに日本の教育には起業家教育的な視点が欠けているが、果たしてそれは学校教育だけの問題なのだろうか。残念ながらいわゆる生真面目人間(この中身が問われなければ…)が落っこちる陥穽であるのは確かなようだ。

▼「ヘマをしろ、恥をかけ、バカになれ」…が学びの出発点
 ノーベル賞をとるような偉人には、自身の失敗や弟子の失敗などからヒントを得たという人が実に多い。その感性をこそ見習うべきだろう。本当に「考える人」というのはそういう感性を持った人のことのようだ。ところが、単なるいわゆる世の秀才にはそのアンテナがない。そういう能力を育てないで来てしまっているのだ。かつて日本の教育は教科書に書かれているようなことをそつなくこなせる秀才をもてはやしてきた。しかし、今やそれは必要条件だとしても、十分条件だとは言えまい。
 だから、何かの縁があって「ぱいでぃあ」にやってきた子ども達には、「いっぱい失敗をしな。ヘマをしな。恥をかけ。ドジをしろ。バカになれ」と繰り返し繰り返し言って聞かせる。そういう自分を受け入れ、そういう自分になれること─それこそが「学びの出発点」だと思うからである。

▼ラディッシュの育ちと環境と
 さて、そういうわけで、ラディッシュの出来は散々なものに終わったが、植物の観察日記を通じて子葉とか本葉とか教科書にあることは一通り理解できたし、アブラムシという想定外のこともまた貴重な勉強となったはずである。が、その他にも体得できたものがある。
 実は、ラディッシュの種は一箇所ではなく数カ所に分けて蒔いていた。太陽の直射日光を浴びられる日当たりの良い所、他の植物の葉の陰になる所、多少暗っぽくあまり光の差さない所、というように。
 ところが、教科書にはそういう記述はない。育てるために大事なことが描かれているだけ。これでは頭では理解できたとしても、実際には役立たない。そういう知識が血肉となるためには、いろいろな現実の場面を想定して、実際にそういう環境の中に身を置くとどうなるか…を体ごと知ることが大事なのだ。特に小学校の学齢期には

▼太陽の光がなければラディッシュは育たない
 敢えて光の差さないところで育てるキノコやモヤシと違って、ラディッシュを育てるためには「適度な水や気温」だけでなく、陽の光が絶対に欠かせない。先にアブラムシにやられたラディッシュの例を出したが、あれは少なくとも、ガラス越しとはいえ十分に日光に当てた場合である。他の場合はどうであったか。
 他の植物の陰になり日光が十分でなかったラディッシュは、本葉を広げて育ちはしたが、根は膨らまなかった。日陰にあったラディッシュは弱々しい芽を出したが、やがて枯れてしまった。その後に、他で間引いたものを移植してみたが、ろくに虫もつかず、またもや枯れてしまった。そこではラディッシュが育つ条件が満たされたいなかったのである。たとえ、適度な水や気温はあったとしても。

▼子どもの育ちにも「太陽の光」のあたる環境を
 しかし、これは単にラディッシュだけの話ではない。子どもの育ちも学びも同様である。子どもの周りの環境がとても大事。水や気温という直接的物理的な条件は勿論大事、だけれども陽の光という─この場合は物理的であると同時に精神的でもある─環境条件はそれに劣らずとても大事なのだ。経済的格差が教育的格差に連動しているのは事実だが、子どもの育ちや教育に「太陽の光」は絶対に欠かせない。が、子ども自身ではまだどうすることも出来ない。
 ところが、日本の教育ではそういう問題があること自体が問題にならない。あっても見ようとはしない。いや、見ようとしても見えないのかもしれない。そこに心の焦点が合っていなければ、見えるものの見ていないし、聞こえるものも聞いていない。
 ある人はそれを「ビタミン愛」などと呼んでいる。漠然として捉えどころがないが、言い得て妙である。どんな表現でもいい、どんな形でもいい、人の育ちにおける太陽の光とは何か─を共に考えたい。

※植物が自ら環境を選べないのと同じ様に、動物とはいえ人間の子どももまた親の庇護下にあるうちは自分で生きる環境を選べません。与えられた環境を唯一の条件として受け入れるしかないのです。ですからもし、環境に欠けたものがあったなら、その子はそれが欠落したまま育つしことになります。良くも悪くも。
 けだし、その環境を用意するのはその子の親・保護者なのです。


******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.hp.infoseek.co.jp/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
 良ければアクセスしてやって下さいね。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

theme : 子育て・教育
genre : 学校・教育

子どもの育ちと環境~植物の観察から~(1)

2010.07.13.01:07

radish1

▼小学校理科「植物の観察」:ラディッシュ
 小学3年生の理科の植物の勉強も兼ねて、教室の一角にラディッシュの種をまき、最初のうちは毎日それを観察。発芽した当初は、成長の変化が速いので、その変化を「ぱいでぃあ」に来た時と帰りの時の2回測定した。
 小さいうちは密に植え、子葉から本葉へと成長し、大きくなるに従って間引きをする。やがて間引くのになぜ最初は密集して育てるのかも、理屈ではなく実際の観察から探りたい。そのためには、密に植えた場合と最初から間隔をおいて植えた場合の成長の違いなども知っておきたい。


▼小学生低学年は絵日記で観察記録
 植物の観察に絵日記は効果的である。言葉は基本的に説明であり抽象化作業だが(それゆえ、子どもに詳しく書かせるのは難しい)、絵画は個別的であり具象的である。勿論、写生の技術の優劣はあるが、それ以上に大事なのは、観察記録の「目の付け所」をその子に教え、実際にやらせてみることだろう。それではじめて低学年の子どもは会得できる。

▼「やってみせ 言って聞かせて させて見せ…」の個別指導
 そして、指導する側としては、そういう子一人ひとりに対応しなければならない。時には密着して手取り足取り教えたり、ある時は離れて子どもの行動を見守ったり…、遠近の距離の取り方が微妙である。そういう関わりを通して、子どもは周りの事物や事象を理科的な感覚で捉えられるようになっていく。だから、大人数の一斉授業方式では大変だろうなあと、学校の先生に同情する。

▼「教科書通り」には行かない現実のこと
 さて、そうやって観察絵日記をつけ、成長の記録を追っていったが、物事は「教科書通り」にはいかない。図鑑のモデル通りの植物の様子が現実ではなかなか得られないのと同じである。発芽の時期もみなバラバラなら、成長の度合いもみな違う。第一、「二十日大根」と書いてあったって、実際に種の袋に描いてあるような立派なラディッシュが二十日で育つものなんて一本もないのだ。

▼アブラムシという想定外のことも
 さらに、想定外のことも起きてくる。アブラムシが付き始めたのだ。気が付いた時には、もう小さな奴がびっしりとくっ付いていて、手遅れに近い。すぐに対応するものも用意していない。こういう時にはどうするか。まず、やれるだけのことはやってみる。「アブラムシ退治には、牛乳が効果的」とは家庭菜園家からの知恵(牛乳に殺虫効果はないが、アブラムシを窒息させることができる)。これは昨年度もやり、実際にそれでアブラムシを退治したのを子どもは見ている。

▼アブラムシとの戦いで力尽きたラディッシュ
 そこで、「食べる野菜」でもあるから、今回も牛乳作戦で行くことにした。が、気付くのが1日遅れたこともあり、敵は強かった! 昨年のようには行かない。何度も散布したが、死滅するアブラムシ以上に繁殖するアブラムシの方が多い。最終的に、野菜果実用の市販の殺虫剤に頼ることになったが、これも遅かった。今度はもうラディッシュ自体がアブラムシの猛攻撃に耐えられなくなっていたのである。袋に描かれた絵とは似ても似つかない赤い大根を幾つか残して、ラディッシュは力尽きてしまったのだ。

▼「無農薬野菜」と簡単に言うけれど…
 「無農薬野菜」と人は簡単に言うけれど、現実はこうである。「庭の雑草の間に植えた野菜は、全部虫に食べられてしまった」とはアシスタントさんの言。自然のままの状態では、野菜はかくも脆い。また、一方にはダンゴ虫にさえ触れないような子ども達がいて、「虫が付かない野菜を良い野菜」と勘違いしている大人もいる。
 育てたラディッシュに多量の虫がついてしまったけれど、なに、残念がる必要はない。これは虫にとってはとっても美味しい野菜だったということの証明である。

(続く)

******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.hp.infoseek.co.jp/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
 良ければアクセスしてやって下さいね。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


theme : 子育て・教育
genre : 学校・教育

プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR