全ての不登校の子ども達に無償の教育支援を!

2016.04.18.15:33

全ての不登校の子ども達に無償の教育支援を!

義務教育段階の子どもは原則教育費は無償
不登校になった子ども達、とりわけ小学生や中学生の子ども達は義務教育段階の子ども達である。周知のように義務教育段階の子ども達は国家がその費用を負担して原則無償となっている。実際には学生服代、給食費代、部活の運動着等の費用、旅行費用の積み立て等々、必ずしも全額が無料となってるわけではないが、授業料や教科書代等の費用に関しては原則無償となっている。

●不登校の子どもは教育公費の恩恵に与れない
しかし、その学校に通っていた子どもが何らかの理由で学校に行けなくなったとき、義務教育費無償の原則は適用されなくなる。単に子どもが不登校になったというだけで、もしかしたらそれは本人のせいではなかったと思われる場合も含めて、一律に不登校の子どもは学校教育公費の恩恵には与れなくなる。
 何故そういうことになるのかというと、まず教育公費は原則公立学校に通っている生徒の人数分学校側に自動的に下りるシステムになっていること、そして、その教育公費のほぼ7割は学校教職員の人件費に使われることにあるようだ。

●教育公費は生徒の人数分学校に落ちている

だから、極端なことを言えば、子どもが学校に行っていようが長期欠席していようが、当該年度にはきっちりと生徒の人数分教育公費が学校に割り当てられる。一方、教員の方はどんなにその教師に問題があろうとも不登校の子どもを何人出そうとも、教職員への給与は支払われることになる。これが公立学校の実態であろう。私立や民間の教育機関ではまず考えられない恵まれた経済環境の中に公立学校の教職員は置かれている。(教職員の仕事そのものについては今論じない)

●不登校生は経済的棄民=教育棄民の状態に

だが、学校を離れた子ども達にとっては、逆に教育公費の恩恵には一切浴せず、経済的棄民=教育棄民の状態に止め置かれることになる。そういう中で、親御さんが不登校になった我が子のために十分な経済的精神的な援助をできる家庭はあまり多くはない。親御さん方もまた社会の中で容易に外れられない仕事を担っていることが多く、我が子に十分なエネルギーを注げない。結局、大部分の家庭の子ども達は不登校=教育棄民の状態に陥ることになる。昼間親のいない家で一人ヤモリをやっていることも珍しいことではないようだ。

●教育公費を子どもたちの学びのために使いたい
「義務教育は無償です」と謳っていながら(先進諸国では今や当たり前)、いったん不登校になったらその公費は子どもの教育支援のためには一切回ってこない。ただ子どもが通わなくなった学校で教職員の給与等に使われているだけ。どこかおかしいと思いませんか?
 少なくとも、子どもが不登校になって学校に行けなくなったのなら、その教育公費で子どもが学びたいというところで、学びたいという方法で学ばせてやりたい、その意欲を買ってあげたい、応援してあげたいというのが親心ではないでしょうか。

●不登校の子ども達に教育バウチャーを
そこで、今までは学校で無駄に消費されていた教育公費を子どもの教育に役立てるために、教育バウチャー(教育券)の発行を改めて提案したい。そして、子どもの教育支援に役立てたい。
 教育バウチャーを手にした子どもは、自分が学びたいところで教育バウチャーを使うことができます。それは公立学校でも、私立学校でも、フリースクールでも、ホームスクールでも、海外の学び舎でも行使することができます。義務教育卒業の資格は、いろいろな資格試験と同じく、共通の資格試験とすればいいと思います。既に高卒認定試験や中卒認定試験があります。必要ならそれの小学生版を用意すればいでしょう。

●卒業資格取得のための認定試験の導入を
義務教育において年齢主義を取っている日本の学校教育では、落第も飛び級もありません。建前上、卒業は学校長裁量とはなってはいます。しかし、実際に卒業に値する学力があるのかどうかも関係なく、場合によっては中学の3年間全く学校に通っていなくても、そのまま卒業させてしまうのが通例です。逆に、居残ってもらっては困るのです。それで、学校はただ籍を置くだけのところになっているのが現状です。
 このことが「何も学んでいないのに卒業させてしまう」とか「さっさと卒業したいのに無意味にいつまで留め置く」という批判を招くことにも繋がります。その意味からも、認定試験の導入は必要なのではないでしょうか。

●個性を尊重した学校教育への変換を
子どもが不登校になるにはそれなりの理由があります。でも、今日本の学校教育ではそこに触れるのがタブーです。「子どもが傷つく」という口実のもとに。
 しかし、子どもの声や行動に注意深く接するならば、そこにある一定の理由があることに気付きます。日本の学校教育では、先に大きな枠があり、そこに一人ひとりの子ども達が自分を合わせなければなりません。“I'm different.” ということが欧米では個性的な好ましいあり方とされるのに対し、日本でははみ出しという否定的な意味で使われることが一般的です。
 そういう意味からも、「自分の好きな方法で、好きなところで学べる」−−−そういう教育こそが望まれる時代になったのではないでしょうか。

※この項、今後も取り上げます。

↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

******************************************************

「こどもネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/

******************************************************


スポンサーサイト

ぱいでぃあ社会体験学習:渋谷文化村「だまし絵Ⅱ」に参加して

2014.10.01.19:32

ぱいでぃあ社会体験学習 渋谷文化村ミュージアム「だまし絵展Ⅱ」に参加して…
閉ざされた感覚を思いっきり開放して、イメージを遊んじゃいました!


「ぱいでぃあ社会体験学習 渋谷文化村で「だまし絵で楽しんじゃおう!」

クリック!(体験学習のパンフが見られるよ)

▼9月30(火)はちょっと遅れたけれど、ぱいでぃあ恒例の「社会体験学習」を実行。今回は別紙にもあるように、渋谷文化村の「だまし絵展Ⅱ」に出かけました。「だまし絵」とか「トリックアート」というものはもうかなり古くから流行しており、「トリックアート」の館なども各所に見られるようになりました。しかし、アートとして真正面から取り上げることは少なく、やはりこういう企画があるといいですね。

▼「だまし絵Ⅱ」とあるのは、2009年に「だまし絵」をやっているからで、その時は巡回展を合わせて計75万人の超える入館者があったといいます。一般に「だまし絵」と言われるものが実は「芸術とは何か」の基本的問いに密接にかかわっているといいます。
 パンフレットからBunkamura ザ・ミュージアムプロデューサー・木島俊介さんの言葉を引用します。
「…絵画というものが本来は「いつわり事」であり、その「いつわり」で人々を楽しませることが絵画にかぎらず芸術の素晴らしい」役割であるということ…。つまり芸術は先ず人間にとっての楽しい遊びであるべきだと…この「遊び」に芸術の本質を観ようとする考えは近・現代におきましても、オランダのホイジンガやフランスのカイヨワといった著名な思想家たちによって論じられてきています。われわれも面白い「だまし絵」にだまされてみて、こいれは実は嘘なのだと覚醒する。これは実は意識的な行為なのですが、観おわった後に思わず微笑に誘われる。その瞬間に人の心はあらゆるわだかまりから解放されて実に自由になる。この自由な状態から人は新たな創造に向かってゆくことになる。これも芸術の重要な役割なのです。…」

▼同じ芸術とは言っても、絵画は音楽よりもずっと子どもにも親しみやすい側面がある。生き物の行動を見ていると、人間のような高等生物だけでなく、生きとし生けるものすべてが「生きることは遊ぶこと」というような面を持っていると思うことがある。その「遊び」の根本にあるものはこのような絵画的側面ではないかなと思う。まだ年端の行かない幼児さえもが絵画の行為を行い、感覚の遊びを行っている。
 だから、子ども達には難しすぎるかもしれない絵画的な専門的な説明はわからなくても、絵を見れば理屈抜きにわかってしまうものがある。だから、専門的な解説を子どもにも分かるように噛み砕いた説明は多少したけれども、後は絵を見てそれに感応してもらえればそれでよいと思ったし、それで楽しんでいたように思う。会場で出会ったいくつかの映像を補足しておきます。

※渋谷文化村ザ・ミュージアム 25周年特別企画「だまし絵Ⅱ」

※「進化するだまし絵」ザ・ミュージアムトピックス

※渋谷経済新聞から

↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

******************************************************

「こども支援ネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/

******************************************************

間違わないための不登校の子ども達の学校選び(3)---不登校支援の展開とその変質---子どもの側であり続けることの難しさ

2014.03.02.19:46

白梅
白梅

間違わないための不登校の子ども達の学校選び(3)---不登校支援の展開とその変質---子どもの側であり続けることの難しさ

▼先に何回か飛び飛びに書いた私の「間違わないための学校選び」という少文を読まれた方の中には、もしかしたら私は「サポート校や専修学校の類を否定しているのではないか?」と思われた方がいらっしゃるかも知れない。一部そう思われかねない書き方をしたところがあるかも知れない。しかし、この際、はっきり言っておきたい。それは誤解であり曲解であると。

▼先にも述べた通り、中学3年までは不登校の状態できたが高校には行きたいという子ども達に、行政が動き出すのを待っていられない(教育行政や私学では不登校の子ども達を救済しようという気持ちは当時どこにも感じられなかった)(その中で、現在は埼玉県でトップの実績を上げている私立学校の当時の学長が私達の『ニコラ』を毎月定期購読されていたというような実例もあるが)民間で出来ることから始めようという経緯があった。

▼そこで、まだ産まれ立ての不登校の子どものための学院(学園)などに協力いただいて、月刊教育誌『ニコラ』を活動拠点に不登校支援の活動を始めたわけだが、それが今で言うところの不登校生のための「通信制サポート校」のハシリであった(その頃、埼玉県では武蔵国際総合学園(現・日々輝学園高等学校)の一校だけであった)。しかし、当時まだ今のような私立の広域通信制高校はなく、都内の通信制高校(例えば、北豊島高校などの)とのタイアップ等によって、不登校の子ども達の勉学や昼間の活動を支援するものであった。(後に次々と誕生した多くの広域通信制高校はサポート校がある一定の認知を得て広がった後、その受け皿として、学校教育法に合わせて誕生したもの。だから、設立母体がサポート校であるようなところが多い。)

そういう経緯を理解している方なら、「サポート校の存在を否定している」という言い方はまずしないだろうと思う。では、「どうして一見サポート校に厳しく見える言動が多いのか?」をいぶかる方もあるかも知れない。「厳しい言い方」?---そうかも知れない。サポート校とは一緒に運動を広げてきた仲ではあるだけに(今でも当時の学園等とは交流もあり、勉強会もある)そこに期待することも大きい。しかし、それは無条件のサポート校礼賛者であることを意味しない。むしろどこよりも厳しい批判者でありたいと思っている。それは自分はサポート校の側にいる人間ではなく、不登校の子ども達の側にいる人間であるからである。(私が敢えてフリースクールの道を取ったのもそこにある。)

▼実は、現在のサポート校とか技能連携校(専修学校)のあり方を批判するのには譲れない訳がある。それは、現在のサポート校のあり方は設立当初の目的とは大きく違うところに来てしまったのではないかという疑念がどうしても拭えないからである。
 当初、私達は不登校となって行き場がなく放置されたままになっていた子ども達に、今までの不登校状態はどうであれ、とにかくセーフティネットを敷くこと、先に繋がるケア&学びの場を用意することが急務であると考えた。だから、不登校の子ども本人やその家族から「やっと希望の光りが見えた」等の感謝や喜びの言葉を戴いたことは正直大きな喜びだった。しかし、残念ながら、そういう不登校支援の本来の目的とは裏腹に、サポート校等のその後の動きはそこから大きく逸れていくものとなったとしか言い様がない。
「悪貨が良貨を駆逐する」という諺があるが、そういうことが不登校ビジネスという動きの中でも起きているのである。教育もまたビジネスである---それは良くも悪くも、不登校問題であろうとも資本の論理が最優先する社会での厳正なる事実である。

(最終回に続く)
※相変わらず推敲なしの殴り書きです。ご判読ください。後日訂正が入ることがあります。



******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

「遊びの教育学」と「フレネ教育」(1)---あるべき「教育」を求めて(1) Cafetalk-2

2014.02.06.16:05

「遊びの教育学」と「フレネ教育」---あるべき「教育」を求めて


▼いま中3年生は私立高校受験の真っ最中。その先には公立高校の入試も控えている。各々が最後の仕上げに取り組んでいる。逆に、私立中学受験の場合には埼玉県も東京都も入試が終わり、今しばし休息の時にある。そのうちに「入学式までにやっておくべきこと」等のお知らせとか、制服その他の採寸とか、合格した保護者への説明会もある。そして、4月から早朝の電車に揺られて埼玉から都内に通う子も出てくる。今度は同じレベルの子ども達との熾烈な競争が待っている。やれやれ大変なことだ。でも、それは自分で挑戦して掴んだ道である。

▼だがら、もはや不登校だったことばかりに拘っていられないというのが正直な気持ちか。だが、しっかりと立ち直り、自ら切り開いた道だからこそ、今までの不登校体験やフリースクールでの体験が生きてくるというもの。一人でいても良し、大勢の中に入っても大丈夫、もう自分を失わずに力を発揮できる。自分に適した勉学の仕方も身に付けた。これからトップの大学を視野に入れた学びをするためにも、頭脳はもちろん、それ以上に心や身体のスキルも必須だが、もう大丈夫、不安はない。

▼そういうしばしの休息の時にやることの一つ、それがこの「遊びの教育学」。遊びの教育学とはいったい何か?その話はこの「フリースクール・ぱいでぃあ」の設立にまで遡る。 ( ↑ クリックする) 
 以前、さいたま市の「公民館講座」で2日連続の講座として話したもの。幸い、一部その記録も残っている。その資料を参照されたい。「学びとは何か?遊びとは何か?今、教育の何が問題なのか?不登校はなぜこうも増えたのか?」---そういうことを語ったものである。>

▼実際に、IQ140をはじき出す半端ではない頭脳を持ちながら、自分の創作活動に一生懸命で、それ以外はほとんどやらない小学生がぱいでぃあに通っていた。その子は毎週、独創的な長編創作漫画を仕上げて持ってきた。一筆書きにも似た流れるような曲線で一気に描いた画が特徴だった。その子にとって学校の勉強が面白くないのは当然だった。彼の五感に触れるすべてのものが考え感じる優れた教材だった。親御さんの都合で遠くに転校したが、そこでも弾みの付いた才能は更に花開き、進学先の私立中学では成績はトップとなり、他の活動でもみんなの先頭に立ち率先して行動した。でも、学校の勉強はお付き合い程度しかしなかった。だからこそ、その子には学校に本来の居場所はなかったのだ。そうして、自分の道を見つけた子は本物の強さを身に付ける。
 そういう考えを裏付けるような本も出版されているIQ140の子が育つ遊びのルール』(福岡潤子著)「ちょっとした工夫で子どもの才能は無限に伸びる」というサブタイトルも付く。ちょっと品のないタイトルだが、どうしてどうして中身は素晴らしい本である。 ( ↑ クリックする)

本来、フリースクールとは単なる不登校の子ども達の受け皿ではない。それは日本特有のこと。欧米で新教育運動が始まってからもう随分経つが、そこには近代学校教育への深い失望がある。国民のためであったはずの近代学校教育が本来の趣旨を外れ国家主義的な色彩を濃厚にして行った。それに対して鋭く「ノー」と言ったのは、そういう近代学校教育を憂え、新しい教育を模索し実践する人達だった。たとえば日本ではドイツのルドルフ・シュタイナーがよく知られ、その思想に従うフリースクールもある。ぱいでぃあの場合はフランスのセレスタン・フレネの教育実践に繋がっている。「フレネ学校」の教育実践を最初に日本に紹介した若狭蔵之助さん(秩父困民党事件の研究者でもある)から頂いたフレネ学校の録画したテープも手元にある。ただし、シュタイナーのそれのように教条主義的では全くない。あくまでも日本の現実に沿う形で子どもの教育を実践するための啓発の教材である。

▼しかし、「フリースクール・ぱいでぃあ」で実践する子どもの教育の探求はそれだけではない。一つがフランスの教育界を二分することになったこの「フレネ教育」による子どもの教育の実践(現在フランスの文部省に採用され各学校で実践されている)だとするなら、もう一つは、今ここで取り上げている遊びの教育学である。この二つの教育の考え方が「フリースクール・ぱいでぃあ」の根幹を形作っている。

▼「ぱいでぃあ」のあるビルの看板に、実は「フリースクール」という文言は書かれていない。「遊学統合のスクール」とある。そして、これが「教育ネットワーク・ニコラ」の本来のフリースクールの考え方なのである。
「ぱいでぃあ」(「ぱいでぃあ」とはギリシャ語で「遊び」「学び」意味する言葉を統合したもの)という命名もまたその考え方を体現している。「遊び」と「学び」---現れは全く違って見えるが同根である
 (「遊び」の探求はオランダのホイジンガの『ホモ・ルーデンス』(遊び的人間)の「すべての人間的営みは(文化も芸術も戦争さえも)遊びに起源を持つ」という考察に始まり、フランスのカイヨワの『遊び的人間』に受け継がれる。)

▼今、「ぱいでぃあ」では「遊びの教育学」の実践として、具体的に何をやっているの?その回答の一つを次回に述べようと思う「囲碁を楽しみながら頭脳を活性化させよう!」である。

※次回で「遊びの教育学」との関連でその「囲碁で頭を活性化させて楽しもう!」を取り上げたいと思う。


******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

《保護者のための不登校セミナー》の開催について

2013.08.13.17:13

▼私達の活動を紹介するサイト教育ネットワーク・ニコラで既に紹介済みですが、
もしご覧になっていらっしゃらない方のために、
 改めて官民連携による《保護者のための不登校セミナー パート1》の開催(9/14)についてご案内します。

※平成22年度の統計によりますと、全国には不登校の児童生徒数は小中学校で116,568人、うち埼玉県には6,045人の小中学の不登校児童生徒数が存在します。ここ数年減少傾向にあるとはいうものの依然として極めて高い数値となっています。
 そういう動向の中、埼玉県では「ぱいでぃあ」等の県内のフリースクールや親の会等が県教委・県教育局と話し合いを持ち、今年度も下記の日程で《保護者のための不登校セミナーパート1,パート2》を開催します。

■《保護者のための不登校セミナーパート1
●日時 9月14日(土)
    10時〜15時30分(開場9時40分)
●場所 さいたま市民会館うらわ
●入場料 無料(申込不要)
  ○第一部 シンポジウム(10時00分〜12時00分)
   「私の心の支えとなったもの」
   シンポジスト(不登校経験者)の体験談
  ○第二部 個別相談・情報提供等
    (13時00分〜15時30分)


▼《保護者ための不登校セミナー パート2
●日時 平成25年11月4日(月)
    13時00分〜17時00分(予定)


▼▼ここに完成した配布用のチラシを紹介します。
 なお、ものとPDFファイル形式のものは、県教育局のホームページ(「保護者のための不登校セミナー」(PDFファイル)にありますので、それをご覧ください。お子様のためによき情報が得られることを願っております。


******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村


プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR