埼玉県立近代美術館「これは、すごい!」を見学❘:ぱいでぃあ社会体験学習から

2015.10.10.23:48

ぱいでぃあ社会体験活動 2015年10月9日(金)
埼玉県立近代美術館「すごいぞ、これは!」見学会
  ↑ クリック

▼毎月恒例の「ぱいでぃあ社会体験学習」の今回は、読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋でもあるが、芸術の秋と洒落こんだ。ちょうど9月の半ばから「すごいぞ、これは!」というタイトルで、埼玉県立近代美術館で障害のある作家たちが制作した絵画展が開催されるの
にちなんで、北浦和公園での活動も兼ねて見学に出かけた。東京都からの参加者もいるが、午後のひと時一緒に埼玉の芸術を楽しんでもらった。その子から「今度は東京で」という提案もあったので、次回以降に考慮しようかな。

▼障碍者と不登校とは重なる部分と重ならない部分がある。それに、現在はぱいでぃあの子ども達の中には身体的障害を抱えた子はいない(以前は、車椅子の子や視力障害のある子や場面緘黙と言って学校で声を失った子も来ていた)。だから、見た目はみな健常者である。それに子ども達はたとえ学校には行かなくなっても自分たちが特殊な子ども達であるとは見られたくないし、私達スタッフもそう接するつもりはない。それぞれの人格は最大限尊重する。

▼そういう子ども達ではあるが、実際に障碍者の作品に触れて何を感じ取り、どう反応するかは、とても興味あることでもあった。
今回の企画展、小中学生は無料であるが、大人は500円。だが、会場に学校の子ども達ははじめから最後まで誰も来なかった。これが学校教育での障碍者に対する見方の現れなんだろうなと感じた。
 美術館の案内文には「障害があるということは、アートに関して言うならば傑出した才能に恵まれているということでもあるのです」とあるのとは大きな違いである。私流に言うならば、障碍者=アーチストということではなく、障害ということを生の絶対的条件として引き受けてアーチストとして生きるということは、健常者には及びもつかない感性を引き出さずにはおかないだろうと思う。

▼障碍者の制作した作品については様々な感想がよぎる。子ども達も同様かも。自分の世界に浸りきり、自由に感性やイメージを羽ばたかせる者もいれば、特定のテーマを追い続ける変質狂的粘着質的世界の作品もある。あるいは過去のイメージを追いかけ壊れそうな自分を慰撫するような悲惨な作品もある。連れて行った子の中には、何度も同じ作家の作品に戻っては眺めている子もいた。何か共鳴するものがあったのだろうか。
 端的に言って、障碍者の絵には完全に向こう側の世界に行ってしまいこちらの世界と繋がりが切れてしまったような作品もあれば、こちらの世界と繋がっていて向こう側からじっとこちらを見ているような作品もある。時には脅威、発見、疑問、不明、告発、叫びであったりした。

▼企画展の障碍者の作品展を鑑賞し、そこから触発された感覚を自分なりに表現してみるコーナーも体験した。その後、公園に点在する彫刻の数々を見て回った。広場では軽く運動もした。
 この時間、学校に行っている子ども達は座学で算数や国語を学んだり、校庭で遊んだりしたかも知れない。何かの縁なのか、ぱいでぃあに集う子ども達は不登校だからこそできる学びに挑戦している。ぱいでぃあでは、学校での学びも一つの学びでしかない。ところが、学校の側からすると「フリースクールではちゃんと勉強をやってくれるのか?」ということになる。なぜ子ども達がそこから逃げ出したのか、それでも気付かないようだ。日本の学校教育はとうに崩れてしまっているというのに。

↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

******************************************************

「こどもネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/

******************************************************



 
スポンサーサイト

tag : 学校教育

ぱいでぃあ社会体験学習:「晩秋の鎌倉散策」について

2013.11.28.01:06

20131129 ぱいでぃあ社会体験学習:「晩秋の鎌倉散策」について

▼今年の立冬は11月7日、関東で木枯らしが吹いたのが11日であった。だから、暦の上でも、体感的にも、季語的な意味合いからも〈時はすでに冬〉なのかも知れないが、相変わらずの暖冬という思いもあってか、木々の梢や葉の色から秋はまだまだ続くというイメージであった。しかし、いよいよ朝晩の寒さが身にしみ、ストーブやコタツやエアコンが恋しい季節となった。気が付くといつの間にか木々は紅葉し銀杏の木も真っ黄色である。さすがに季節音痴の身でも肌で分かるようになった。

▼そこで、行事その他で延期されていた感の強い毎月恒例の〈ぱいでぃあの社会体験学習〉だが、去りゆく晩秋を追いかけて鎌倉まで出向くことになった。ぱいでぃあの子どもたちにも、しばし受験に向けての勉学等の手を休めて、晩秋の季節の移り行きを身体が紅葉色に染まるほど味わってもらいたいとも思う。今の都会の子ども達には、こういう行事を意図的にでも行わないとそういう体験を持たぬまま成長していくキライがとても高い。子どもの育ちには、それぞれの発達段階があり、発達課題がある。それを面倒臭そうにやり過ごした場合後に禍根を残すことになるだろう。だが、やり直しは効かない。〈しまった〉と気付いた時には既に遅いのである。

▼何かの縁でフリースクール・ぱいでぃあにやって来た子ども達。その縁や絆を大事にしたいと思う。幸い、今回出かける鎌倉は多様な顔を持つ。春には春の、初夏には初夏の顔があり、秋には秋の顔がある。さすが古都鎌倉である。歴史的にも、地質学上からも、文化的にも実に多彩である。それだけでも関東に住む者の幸せがある。今年の社会体験学習の締めくくりとしても〈いいんじゃない?!〉と思っている。普段は勉学に打ち込んでいる子ども達が、〈感覚の解放〉の意義を理解し、こういう体験活動に積極的なのは嬉しいことである。
 
20131129 ぱいでぃあ社会体験学習:晩秋の鎌倉散策
 ↑ クリック
JPEG鎌倉散策


******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

ぱいでぃあ社会体験学習:埼玉県立「歴史と民俗の博物館」を訪ねて

2013.10.26.19:11

ぱいでぃあ社会体験学習:埼玉県立「歴史と民俗の博物館」を訪ねて

ぱいでぃあ社会体験学習 埼玉の歴史と民俗を訪ねて 2013/10/29
↑ クリック

▼2013年度も既に10月末、何かと慌ただしい季節となった。季節外れの台風も27号、28号と日本に近付き猛威を振るう。そういう中で毎月恒例の「ぱいでぃあ社会体験学習」を実行する。多分、台風一過の秋晴れに恵まれることだろう。幸いなことに今までも雨天順延ということはない(実は天候には最大の注意を払って実行日を決めている)。
 例年とは違って紅葉にはまだ早いこの時期、ちょいと「郷土埼玉の歴史と民俗」を求めて出掛ける。行き先は同じ政令市さいたま市にある大宮公園のそばに建つ埼玉県立「歴史と民俗の博物館」。もし、気が向けば各地の氷川神社の総本山大宮の氷川神社にも足を向けたい。「遊学統合」はぱいでぃあの理念。時と場合に応じて臨機応変に行動したい。

▼行動予定のパンフレットは今回はこちらで作成する。子ども達の関心は今、勉強やスポーツ、それに寸劇の練習やグッズ作りに向けられている。余裕があればこういう作業に取り組むことで埼玉県の地理・歴史・民俗などについて様々な知識を得られることにもなるのだが…。
 「苦労は買ってでもしろ」とは昔の言葉。今との比較論法は生産的ではないかも知れない。が、今の子ども達が昔の子ども達と比べてやることが少ないのは確かだろう。その上「勉強のポーズ」さえ取っていれば親から全ての雑用が免除される…そういう子も多い。が、親が肩代わりする分だけやってみるチャンスを失い「できない子」なっていることにまだ気付いてはいない。

▼「さいたま都民」という言葉がある。埼玉県民でありながら日常の行動は都民と変わらないかも。両親の職場や子どもの通う私立の学校も都内に多い。「埼玉は寝に帰るためだけの場所」…という現実もある。
 しかし、埼玉県は関東の要所。埼玉を外した東京と言うものはまず考えられない。そこで、改めて埼玉県を見れば、さいたま市を中心とする東西南北だけでなく秩父地方を含めて、この埼玉の地には実に様々な文物が豊富にあることに気付かされる。歴史的にも文化的にも民俗学的にも実に魅惑的な土地である。
 そこで「〈埼玉に生きる〉って何だろう?」というような問いに突き当たる。そして、自分を知るためにも、埼玉都民としての自己のアイデンティティを確認するためにも、埼玉と向き合うことになる…理屈めいて言えばそういうことにもなるだろうか。が、子どもと同じ土俵に立てば要は「埼玉県人として遊んでみよう!」ということなのだ。


******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

「川口SKIPシティ映像体験学習」 :ぱいでぃあ・社会体験学習 20120711

2012.07.09.10:55

フリースクール・ぱいでぃあ 社会体験学習 2012/07/11
「川口SKIPシティ映像体験学習」
私も未来の映画監督

 人間は五感を通じて外界を捉え学習し判断します。人は外界の情報の8割程を視覚・映像で捉えると言います。もっと詳細な研究によれば、視覚83%、聴覚11%、臭覚3.5%、触覚1.5%、味覚1.0%だそうです。かつて私達の学習の中心は《活字》でした。が、今や映像の世紀。テレビ・パソコン・スマホなど視覚で受信し発信することが格段に多くなってきました。おそらく今後、教育の方法も視覚を重視したものに変わっていくかも知れません。
そこで、今回は埼玉県の映像・技術の中心地川口SKIPシティを訪問し見学・学習します。特に映像ミュージアム、彩の国の暮らしプラザ、川口市立科学館、映像公開ライブラリーは、子どもから大人まで楽しめる施設となっています。大いに遊んで楽しんで学んでみたいと思います。
 
◆今回のSKIPシティ体験学習:
 ここは1~2時間程度で映像ミュージアムを見学・体験することが出来ます。静止画から動画までの映像の原理・歴史やテレビ・映画の仕組みを楽しく学ぶことができます。埼玉県内の小学校を中心に、中学、高校、大学まで、3年間で240校、約20,000名程がスタジオ収録などを体験すると言います。
skip-1
skip-2
skip-3

●映像学習ゾーン(2階)
 映画がどのように作られているか、その過程に沿った展示の見学です。
●301スタジオ(3階)ニュース番組制作体験
 実際に放送局等で使われているスタジオ機材を使って、ディレクター・カメラ・オーディオ・キャスター・照明・メイクスタイリストなどそれぞれの役割に分かれて、ニュース番組の収録体験を行います。
●302スタジオ/未来映像ゾーン(3階)302スタジオ
 空飛ぶ魔法のじゅうたんアトラクション、ブルーバックのスタジオでクロマキー合成の体験をします。
 未来映像ゾーン 様々な映像表現や新しい映像技術を、見学体験します。
●マルチメディアコーナー(3階)ニュース番組制作体験
 PCを使った体験学習パソコンを使った映像編集を体験します。
 素材を組み合わせたり音楽や効果音をつけて、自分だけのストーリーを作ります。

※ミュージアムツアー(無料)あり 11:00~ 14;00~

※【祝】山村浩二さんが、第30回川喜多賞を受賞されました!kawakita-film.or.jpおめでとうございます!!山村さんの代表作をご覧頂ける企画展「マイブリッジの糸:山村浩二とNFB作品」は7月22日までです。

■日時:2012年7月11日(水)午前10:00~3:00(予定)
■場所:川口SKIPシティ・彩の国ビジュアルプラザ 048-265-2590/FAX:048-265-2628
■料金:大人:500円 / 小中学生:250円(常設展示・企画展示共通)
※交通ルート:目的地まで自動車かバス・タクシーを利用 (15分程度)
※食事:原則現地で調達(1000円以内、持参可?)※水分補給、ハンカチ・ティシュ、生徒証、筆記用具

※ぱいでぃあの卒業生で、ここで映画制作を行ない早稲田大学映画祭で発表の先輩もいます。

※川口スキップシティのサイト

******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.hp.infoseek.co.jp/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
 良ければクリックを。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

フリースクール・ぱいでぃあ社会体験学習:「インカ帝国展」東京上野・国立科学博物館

2012.06.05.13:38

フリースクール・ぱいでぃあ 社会体験学習 2012/06/06

「インカ帝国展」東京上野・国立科学博物館

※6月6日は、ぱいでぃあの社会体験学習で上野・国立科学博物館「インカ帝国展」へ出かけます。
 概要は以下の通りです。

********************************************************************************************

スペイン人に征服されるまで栄えたインカ帝国。なぜ?どうして?など様々な不思議がいっぱい!「考古学・人類学・歴史学など様々な視点で迫る、国内初の大規模な展覧会だ」と言います。自分の目で見て、考えて、楽しんで、巨大インカ帝国のロマンを旅してみよう!

■3つの視点から捉えるインカ帝国展ー考古学・人類学・歴史学
▼世界遺産であるマチュピチュ遺跡の発見から100年を記念して行われる同展。考古学・人類学・歴史学などの最新研究を基に、インカ帝国の人々や文化、さらにスペイン征服後のインカ帝国の変化などを紹介します。
 ・遺跡から発掘されたインカ帝国の工芸品や儀礼に使われた遺物だけではなく、精密に、そしてエレガントに築かれた石造建築。そこにはインカ帝国の象徴的なデザインや、社会構造を反映する情報が残されていた。デザインを読み解き、情報を集め解読することにより理解出来るインカ帝国の王族や庶民の姿。考古学の視点で発見された遺物と建造物からインカ帝国の謎を解き明かす!
 ・インカ帝国の特徴であるミイラ信仰。インカ王はミイラとなったあとも生前と同じように権力を持ち続けた…。さらに、地方によりミイラの埋葬方法が異なっていたという。人類学の視点から、最新科学を用いてミイラに隠されたミステリアスなインカ帝国をひも解いていく。「まなざしのあるミイラ」が見てきたインカ帝国の秘密とは…
 ・悲劇のラストエンペラー、アタワルパ。たった160名余のスペイン軍によってインカ帝国は滅ぼされ、アタワルパは処刑された。歴史学の視点からスペイン人が書き遺した諸記録(クロニカ)や絵画資料を読み解くことにより、インカ帝国の最後とスペイン人によって植民地化されたインカ帝国の姿が浮かび上がってくる。第13代インカ王として最後に託したインカの未来と現実の姿とは…

■日時:2012年6月6日(水)(終了・解散は、ぱいでぃあ前ではなく、南浦和駅となります)
■場所:国立科学博物館(東京・上野公園)〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
            TEL:ハローダイヤル 03-5777-8600
■作品点数:160点
■入場料:一般・大学生 1,400円 小・中・高校生 500円
■運賃:IR片道:290円 
■食事:1000円程度用意して下さい。
■お土産その他に備えて 小遣いを少々(使い道は本人次第です)
※オプション1:アメ横散策、上野ウオッチング
※オプション2:国立科学博物館常設展見学(無料)

※これは、ぱいでぃあ活動(社会体験学習)の一貫です。今回は通常のぱいでぃあの活動の枠組みの中で行ないますので、始まりも終了の時間も普段と変わりありません。

*********************************************************************************

■ミイラが上野にやってきた インカ帝国展
■マチュピチュ発見100年「インカ帝国展」
■特別展「インカ帝国展」
■生でマチュピチュを見るという夢が半分叶う!? 東京・上野「インカ帝国展」

******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.hp.infoseek.co.jp/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
 良ければクリックを。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (26)
フリースクール・ぱいでぃあ (16)
身体活動と脳の発達 (1)
遊びと学びと (5)
右脳と左脳 (0)
社会体験学習の目指すもの (10)
スポーツ活動 (1)
クレヨンしんちゃんとコボちゃん (1)
学校教育と不登校 (5)
理科的思考 (2)
漢字学習 (2)
受験・進学 (2)
コーピング・スキル (1)
昔遊び (1)
「ぱいでぃあ」からのお知らせ (11)
ぱいでぃあの行事から (4)
国語の学習 (1)
不登校とフリースクール (161)
フリースクールの卒業生 (1)
本当の学びとは何か (6)
骨董アンチーク (0)
骨董アンティーク (1)
海外で勉強 (1)
親の問題・子の問題 (4)
最終的な学び場 (1)
コモンセンス (1)
不登校の子どもを持つ親 (4)
日本の教育 (3)
無用の用ということ (1)
ぱいでぃあ活動での学びから (7)
フリースクールでの学び (3)
脱・不登校 (1)
〈不登校〉って何だろう? (6)
東日本大震災 (1)
ぱいでぃあでの活動と学びから (9)
ぱいでぃあ社会体験学習 (5)
子ども達の教育を求めて (7)
ぱいでぃあに集う子ども達について (1)
NPOニコラ:教育ホーラム (1)
高校入試 (1)
アシスタント (1)
不登校からの羽ばたき (9)
フリースクールでの応援の形 (3)
夏期講座 (1)
官民連携の不登校セミナー (1)
不登校だからできる学び方 (0)
不登校だから出来る学び方 (1)
アンスクーリング (1)
親御さんへのQ&Aから (0)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR