FC2ブログ

否定ではなく無条件の肯定を!

2015.03.23.23:54

否定ではなく無条件の肯定を!

▼現アメリカの大統領バラック・オバマがヒラリー・クリントンと激しい大統領指名候補の予備選を戦う中で頻繁に使用した言葉がある。
Yes, I can. Yes, we can.
という言葉。そして、黒人とか無名とかいう様々な不利な条件をさえ飛躍のバネに変えて、みごと選挙戦を勝ち抜いた。まさに、
You can do it!
を自ら体現してみせたのである。
その後の展開が、どれだけアメリカや日本の国に寄与したかは立場によって評価の分かれるところだろうが、アメリカンドリームの体現者(最後の?)として、夢を夢に終わらせない姿を我々にありありと見せてくれたのは確かだろう。

▼彼のあの姿から、我々は実に多くのことを教訓として学ばせてもらった。その幾つかを思いつくままに列挙したい。
 ・「思わぬことは実現しない」
 ・「夢実現は未来の自分への投資である」
 ・「夢実現には期限を決める」
 ・「今できることから具体的に始める」
少なくとも、このくらいは誰でも共通の認識として持てるのではなかろうか。これは政治やビジネスだけでなく、個人の行動にも当てはまるかもしれない。

▼また、彼の行動は教育的な観点からも面白い。特に学校をはなれた子ども、いわゆる不登校の子ども達に一番解らせたい気もする。「不登校」などという呼称は「学校教育を無条件に善とする発想」から生まれた言葉ではないか。学校教育は明治時代に入って生まれたものだが、それは子どものためと同時に国家の拡大再生産のためであった(江戸時代の寺子屋の方がよほど子どもの生育に主眼を置いていたろう)のは明らかだ。たとえば、国家教育がどれだけたくさんのあたら若き命を国家目的のために散らせたことだろう。
1980年代後半から始まった不登校の増加も、依然として学校が善であるという発想から生まれている。育ちの危機や命の危機を本能的に感じ取った不登校の子ども達の側に立った視点はそこにはない。でも、それは明らかに子どもが主体の教育を失った学校の危機を訴える「炭鉱のカナリヤ」的な行動ではなかったか。

▼「ぱいでぃあ」にやってくる子ども達は小学生や中学生の子ども達。まだ人生の出発点に立って間もない子ども達だ。いやだからこそ「ここはどこかおかしい」「楽に息ができない」と身体で本能的に感じ取ることができたとも言える。彼等はすでに日本語だけでなく日本人としてのネイティブな基本的な感覚を培った存在でもある。
確かに、彼らはまだ自立して生きることはできない。あくまでも親の庇護の下にある存在であり、これから一生ものの身体や魂を形作りつつある存在である。だから、この時期、自分に相応しい育ち方や学び方に失敗すると、その後一生それを引きずって行く羽目にもなる。

▼親御さんの中には、学校を離れたら「勉強をどうしよう!」と狼狽える人がいる。家庭の学校化の現れだろうか。でも、まずは「ここは自分の生かされる場ではない。離れよう。」と自分で決断し行動したことを褒めてあげたい。同調圧力がとても強い日本の社会。周りの全てが「イエス」という中で一人だけ「ノー」と言うことは、大人でもとても勇気がいる。それをまだ自分で自分を律することさえ難しい小中学の子どもが、自分の人生を賭して「行きたくない!」と決断したということ、これはとても凄いこと。並みの思いで為せることではない。まずはその行動を讃えたい。前向きな、自律的な、主体的なその行動を讃えたい。

▼我が子を思えばこそ、逆に親御さんはその行動を否定的に考える。「学校に行かないでどうすんのよ!」等々、マイナスな言葉や反応のオンパレード。それでなくても、落ち込みそうな自分の気持ちを必死にこらえて、「誰も解ってくれなくても、きっと親だけは分かってくれるはず!」と思っていたのに、「家族からこんな非難を浴びるとは!」とショックを受ける。
不登校の子には親思いの子が多い。だから前提条件なしに深いところで「家族は分かり合える」と思っている。だから、その親からの非難の言葉は子どもの心にもの凄くこたえる。時にはその反動は修復不可能なほど大きく傷口を広げることもある。

▼ここではこれ以上難しいことは控えよう。ただ、子どもが「不登校を選択」するという場合、常識的な見方では考えられない他愛もない軽い気持ちで学校を休むことがあると同時に、大人の思いでは推し量れないほど苦しんだ末の止むに止まれぬ決断であることもまた多い。そして、そのどちらにも共通するのは、子どもにとって「ある特定の環境の中で選択の余地なく育ち育てられたことの結果」であるということである。そして、そのどちらにせよ、親に向かっての「わたし、このままではいたくない!」という訴えなのである。
その時、子どもが大人に向かって求めているのは、世間体を気にした出来合いの思いやりや忠告の言葉ではない。大人から見たらいかに舌足らずの表現であろうと、拙い行動であろうと、その言葉や行動を否定されたり非難されたりするすることではなく、それを「受け止め、肯定してくれる無条件の承認」なのである。何があろうと、どうであろうと、その子どもの思いを抱きしめてくれる愛の形なのである。

※細かいことに関しては、おいおい触れていきたいと思う。


******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 不登校・ひきこもり
genre : 学校・教育

子どもが育つ最大の環境としての家庭---「親が変われば子も変わる」

2014.06.02.17:28

子どもが育つ最大の環境としての家庭---「親が変われば子も変わる」

▼6月は伝統的な感覚に従えば「衣替えの季節」。初夏から本格的な夏への服装に変わる季節です。でも、地球温暖化のせいなのか、この頃は盛夏に突入するのが早まった感じです。実際には衣替えはもう5月の段階で終わっていますね。
 こういう現象は何も季節だけのことではなく、いろいろなところで起こっているようです。日本が今、大きな転換点に差し掛かってきたのかも知れません。ひとことで言えば、「昔からこういうもんだ」という守旧的な考え方に対して、実際には「もう昔流のやり方は通用しない」ということでしょうか。

▼「新しい酒は新しい革袋に」と言わます。これは学校教育にも通じそうです。学校に行きたくても行けない」不登校の子ども達がいる一方で、新しい生き方や学びを求める子ども達が誕生しています。でも、そこには旧態依然の学校システムしかありません。現在の不登校現象はそういう子どもの教育の問題をはっきりと映し出しているように見えます。
 「不登校」という現象そのものは日本だけのことではなく、欧米の「先進国」にもあります。でも、欧米では我が子が不登校になったからと言って「大変だ!この子の人生どうなるんだ!」などと日本のように大騒ぎはしません。それも一つの生き方の選択と鷹揚に受け止めています。むしろ、学校離れ=脱・学校(アンスクーリングunschooling)の動きの方がこの頃は盛んなようです。その子の親御さんたちは規格品の公立学校に合わない子どもが出るのは当然で(親御さんがの望まない場合も多い)、その子たちに合った別の活動や学びの場を求めればいいと思っているようです。(実際、英国などではそういう子ども達が参加できる場が別にあります)。

日本で不登校になった子ども達が辛い思いをする最大の理由は、実は学校にあるのではなく、家庭の側にあるのかも知れません。学校に行かなければ将来の道は何も開かれない(これを「学校神話」と言います)と考えるご家庭では、どうして我が子が不登校になったのかを冷静に理解しようとすることよりも、「とんでもない問題が起きた!」「どうしよう!」と考えがちです。時には、我が子がまるでとんでもない犯罪を犯したような調子で語られことにもなります。「まさかウチの子が不登校になるなんて…!」というわけです。それはほとんど「子ども支援ではなく子ども批判」の叫びなわけです。

▼確かに文科省が全てを統括している日本の学校システムにおいては、学校外の生き方を考えることはかなり難しいのです。ですから、子どもには家族愛が一番とお考えのご家庭においても、無理してでも「お前を愛しているよ」と口では言うものの、冷たい眼差しを我が子に注いでしまうことになりがちです。変わるべきは子どもではなく親の方なのかも知れませんね。

▼それでは、不登校の子ども達をサポートするという、フリースクールや通信制サポート校・技能連携校(専修学校)などの場合にはどうなのでしょうか。表向きの謳い文句とは裏腹に、そこでも学校と同じような対応が散見されます。「言っていることとやっていることが違った」などの批判の言葉を携えて相談に来られるご家庭の方もいらっしゃいます。中には様々な教育機関等をジプシーのように渡り歩き、触れるものをことごとく批判されるような方もいらっしゃいます(逆に、現場の人に同情です)。ですから、額面通りには受け取れないこともありますが、「やはりそうなのか」と思うところもないわけではありません。
 でも、これは支援者側にとっては自省すべきことでもあります。こちらが良かれと対応することが必ずしも相手方に喜ばれるとは限らないのです。不登校支援の難しさですね。

▼ただし、ぱいでぃあに相談に来られるご家庭の多くの方は、「総合パンフレット(現物と同じ)」を読まれたり、「ぱいでぃあ通信」や「教育落書き帳」等のブログに目を通されているようです。ですから、不登校に対するこちらの基本的な考え方もまた理解されていらっしゃるのではないかと思います。後はぱいでぃあでの子の育ちと立ち直りのための実践のプログラムを人的&物的な側面(箱物思想ではありません)から用意するだけです(長くて2~3年の関わりで立ち直ります)。
 そして、子どもにとって最大の環境であるご家庭の親御さん方に、「教育広場&親の会」等への参加を通じて、不登校となった子どもに対する最大の応援者(批判者ではありません)となっていただくための親業等のスキルも積んでいただくことになります。「親が変われば子も変わる」とは、少なくとも小中学校の子どもたちにとっては真理なのです(高校生以上の年齢では随分難しくなります)。

今年の夏休みのお知らせ=私立中学受験&公立高校受験のためのサマー授業(オプション)を予定しています。「夏を制するものは受験を制する」とも言われます。ご期待ください。詳細は追ってお知らせいたします。

******************************************************

「こども支援ネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/

******************************************************

良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

我が子が不登校になったときどうすればいいか--「知識」から「行動」へ

2013.11.12.13:53

1996年12月21日 ニコラ、浦和にて進路相談会開催
1996年12月21日 教育ネットワーク・ニコラ主催、
浦和にて初めての不登校生のための進路相談会、
不登校相談では全国で初めてのことだった
(現在、記事にある住所・電話番号は使われていません)

我が子が不登校になったときどうすればいいか--「知識」から「行動」へ

▼当たり前と言えば当たり前なのだが、不登校になったお子さんの保護者で不登校に関する正確な情報やじっくり比較対照すべき判断材料をあまり持たないことが多い。
 クラスや学校の中で異質な存在とみなされるだけでなく、その学校から情報がもらえることも少ない。せいぜい学校付属の相談室行きを勧められるか公的な外部機関を紹介されるだけではないかと思う。

▼不登校を扱う民間の教育機関にはいろいろあるが、それはあくまでも民間の機関であって文科省下の教育機関ではない。だから、特定の民間機関との癒着を疑われることを避けたいという思いもあってか、民間の教育機関の紹介は、健全であればあるほど行わない。

▼そういう中、官民連携という形で、埼玉県の教育委員会と民間の諸団体が協力し合う形で「保護者のための不登校セミナー」を開催するということはある意味画期的なことかも知れない。
 県教委の側は官報や各学校への通知により、あるいは新聞等のマスコミへの働きかけも行う。民間の側からも様々なルートを通じて広報を行う。出来るだけ広く不登校になったご家庭に公平に届けるためである。

▼しかし、それでも不登校や引きこもり状態になったご家庭に届けるのは難しい。防御意識も働いてか、外部の情報が無防備に飛び込むことに警戒心が強くなり、例えば電話にしても〈非通知〉のようなことが多く見られる。だから、〈不登校セミナー〉を開いても一番聞いて欲しい人たちが参加していないという奇妙なことも起きてくる。

▼中には「たくさん勉強しているから」という人もいる。だから、「敢えて参加しない」と。でも、言葉だけではダメ、聞くだけではダメなのである。動かなければならない。行動しなければダメなのである。自らが行動することによって周りの風景が変わり、状況が変わる。
 では、具体的にどうすればいいのだろうか。

(続く)

******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

教育という営みと《不登校》ということ

2013.04.25.14:40

●新年度新学期が始まったと思ったら、すでに4月も終わりに近い。ぱいでぃあは民間のフリースクールだが、基本的に一般の学校と大きな違いがあるわけではない。ただここに集まっている子ども達というのは学校には行かない(行けない)子ども達であるというだけのこと。《それ見ろ、大きな違いがあるじゃないか》と言われれば、そうかもしれないが、それは見解の違いというものだろう。区別することはできる。しかし、そのことにどれ程の意味があるか。問題はもっと別のところにあるはず。そもそも、子どもにとって《教育》とは何なのか?

●このことは以前に、浦和市(現さいたま市)の岸町公民館での連続講座の中ですでに触れている。《遊びの教育学》というのもその一つ。興味のある方はご覧ください。その中で取り上げたことの一つに、《子どもの学びと遊びに本質的な違いはない》というのがある。ところが、学校教育が始まると同時に《遊びと学びの分離》が始まり、そこに学校教育での本質的な問題点があると述べた。今もその考えに基本的な変更はない。《遊ぶ》という行為こそ人間に本質的なものなのだ。これは、ジャン・ジャック・ルソー以来説かれている人間教育の本質的な意味、《人は二度生まれる》ということと対をなして、私の教育観の根本的な部分を形成している。もちろん、その反映がぱいでぃあにもある。

●《人は二度生まれる》というのは、一度は動物学的生物学的な誕生であり、二度目は教育を通しての文化的社会学的な誕生のこと。親は誰でも我が子が誕生する時、健康にすくすくと五体満足にこの世に生まれてくることを願う。これが第一の生物学的な誕生である。この過程で人の子はある時は鰓(えら)が生え、ある時は尻尾が生え、体毛が生え…生物がこの世に生まれ人間に進化するまでの全ての過程を経るという。そのどこかでミス(エラー)があると、残念ながら、その子は五体満足な人の子としては生まれない。それが第一の誕生である。しかし、それは人間の場合には身体的な基本条件が満たされたに過ぎない。人の子として生まれた生命が真の人となるなるためには、教育が必要なのだ

●人間《教育》の根本的な役割はここにある。人間以外の動物であれば、親から多少のことを学び、後は本能に従って行動すればそれで足りる。ペンギンは本能的に泳ぐ能力を備えているであろうし、チーターは速く走れる身体能力を生まれながらに持っている。だが、自然界ではとてもひ弱な裸のサルである人間は、生得的なものではとても他の生物に敵わない。その代わり、人は本能の連関から脱し、頭脳によって社会文化を形成しそれを進化させる方法を手に入れた。だが、それは生得的な本能ではない。生後に学ばなければならない。そこに子どもを《教育》する必要が生まれた。しかも一万年前の文化社会と現代のそれとでは雲泥の差がある。人間の社会は不可逆的に進化する。だから、現代に生まれた子どもたちは現代の社会に生きる学びをしなければならない。それが人間の《教育》という営みである

●しかし、近代国家が成立するまでは、子弟の教育は一部の富裕層が行っていたに過ぎない。しかし、近代国家が成立しそれを維持発展させ国家間の対抗を行っていくためには、全国民を対象とした教育が必要となった。近代学校教育の誕生である。日本においては明治5年に学制発布がなされ近代学校教育がスタートしている。しかし、その学校教育は国家の要請に基づいく教育工場であり、必ずしも国民一人ひとりの要求に沿うものではなかった。さらに近年は個人主義の高まりもあり、先に述べた日本の学校教育の本質的な欠陥もあり、さらに教育権や学習権への高まりに学校の変革ではなく学校の秩序維持(学内暴力の封じ込め等)を前面に出したこともあって、学校教育に異議申し立てを行う人たちはその意思を外部に向けるのではなく《不登校》という形で自己に向けるものとなった。1990年代になって《不登校》という現象が広がった現象の背景にはそういうことがあったと思っている。


******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

官民連携の「保護者のための不登校セミナー」で、声をぶつけよう

2012.09.05.17:27

■■■ 不登校を取り巻く様々な話題 ■■■

「保護者のための不登校セミナー」
  ( ↑ ここをクリック!)

▼「不登校になった子ども達が今一番求めているものは何だろう?」 昨年に引き続き、埼玉県教育委員会と「保護者のための不登校セミナー」開催に向けた官民連携会議を持つようになった時、真っ先に思ったことは、そんなことでした。昨年度は主として不登校の子どもを持つ保護者のためのセミナーという形になりましたが、今年度は働きかける対象は同じであったとしても、より不登校の子ども自身の声なき声に応えるものでありたい…というのが偽らざる気持ちでした。

▼今回、3回の討論を踏まえて、私共3つのフリースクールと2つの親の会が開催までの黒子役に徹し、9月17日(月、敬老の日)にさいたま市民会館うらわにおいて「保護者のための不登校セミナー」という形で開催することになりました。午前中には6人の元不登校の子ども達のトークがあります。不登校を体験した子どもが元気になったよく姿をご覧ください。不登校をマイナスとして否定した生き方をしなければ、こんなに元気になり堂々と雄弁に語るようになるのです。「不登校も過ぎてみれば貴重な経験」とはフリースクール・ぱいでぃあのパンフレットの言葉ですが、実際にそういう姿が本当であると納得いただけることでしょう。

▼大津の皇子山中学校でのいじめ自殺事件を契機に、今までは《教育的配慮》の名の下になかなか外部に漏れ出ることのなかった学内での様々な事件が、そういう建前上の防波堤を越えて押し寄せる荒波のような批判の声を受けて次々と明らかになってきました。学内の出来事においてさえそうであったわけですから、学校を離れて直接学校との関わりを絶ってしまった不登校の場合には、統計上の数値やそういう子ども対象の公立学校の建設等の話題でその存在は知らされるものの、学校教育そのものからは外れた扱いを受けてきたことに変わりはないわけです。それがここに来てようやく官民が連携する形で不登校の子ども達のために協力しあう形ができてきたわけです。

▼不登校となって学校を離れているお子さんのご家庭では、様々な思いをお持ちのことと思います。なぜ義務教育なのに学校を離れた子はその恩恵にあずかれないのか、不登校は本当に子どものせいなのか、学校に問題はなかったのか、不登校で薬物療法を勧められたが薬で不登校は治るのか、なぜ日本の学校教育はこんなに不登校を生み出し問題とするのか、不登校の学校を作るより既存の学校で不登校を出さない教育をすることこそが大事なのではないか…など、その思いを、ぜひお子さんにやその保護者の口から発して欲しいと思います。そこから不登校の新しい展望も開けてくるのではないでしょうか。

******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村
プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR