スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリースクールとは何か ─ 学校教育の枠に囚われない学びを求めて(2)

2012.05.08.11:12

フリースクールとは何か ─ 学校教育の枠に囚われない学びを求めて(2)

▼総じて、知的レベルにはさほど問題はなく、むしろ学校的な価値基準では評価されにくい、言わば「異能」豊かな子どもたちと言った方がいいかも知れない。しかし、それ故に一般的な評価を得られずに苦しむこともおきる。自分に自信を持てなかったり、自己卑下の感情が強かったり、プライドが高いために自らに高いハードルを課して超えられずに苦しんだりもする。とかく明確な根拠もなく自己否定の蟻地獄で自縄自縛になっていることも多い。

▼しかも、「勉強さえ出来れば認めらえる」という日本の教育思想がそういうトンデモナイ価値観を創り出してしまったのか、「勉強さえ出来れば…」という思いで雁字がらめになっている子も珍しくない。現実には、勉強が出来るけれども他のことは不得意な子もいれば、勉強は出来ないが他に得意なものを持っている子もいるし、勉強も苦手だし他のことにもあまり意欲を持てない子もいる。だが、子ども達は勉強の出来ないことでは人一倍悩むけれども、リンゴの皮をむけないことで悩むことはまずない
でも、本当は逆ではないのか。本来、子どもの教育には狭義の勉強の出来の良し悪しと同様に人として育つことが必須の条件としてあったはずである。それは古風な言い方を用いれば、知徳体を備えた人間ということである。だが、残念ながら、日本の学校教育では勉強が出来ることが人として育つことの十分条件と錯覚されてしまった感がある。学校の先生にして然りなのだ。その結果、今頃になって国際社会での競争力のなさに愕然としている始末である。それは教育のあり方を抜きには考えられないはずえある。

本来、学校教育の不備を指摘するのは学習塾の役割かも知れない。1970年~1980年の頃、日本の社会が次第に高度学歴社会に突入する時期に学習塾や進学塾が次々と誕生した。だが、当初学校側は塾の存在に否定的だった。「学習塾なんて行くな!」とは当時の学校教師の殆んどの声であった。そこには対抗意識と同時に学校教師としての自負もあったはずである。だが、学力を維持するために今や学習塾抜きの指導は半ば考えられない状態にある。学校の先生の子弟もまた学習塾に通い進路を決めている。何という変わり様だろう。
しかし、学習塾は当初期待されたように日本の学校教育の変革者となることはなかった。逆に日本の公教育の不備の補完者となってしまった感がある。学習塾や進学塾は学校の勉強の補習をするだけでなく、学力の足りない生徒の尻を叩いて進学指導を行ない受験させる。それは基本的に学校での学習路線を踏襲しそれを強化したものに過ぎない。それが現在の学習塾や進学塾の役割のように映る。

▼フリースクールの場合はどうか?塾の場合とは本来の役割に大きな違いがあると思っている。第一に、フリースクールは学校教育が行われている昼間の時間帯に開かれて、学校教育を補完する目的で夕刻から夜にかけて開かれている塾とはスタンスが違う。第二に、通って来る生徒も主として学校に行けなくなってしまった生徒や学校に行くことを拒否した子ども達である。つまり、フリースクールは基本的に学校教育のあり方に批判的な存在であり、その枠を超えた(本来の)教育活動をしようとすることに端を発しているのだ。もちろん敢えて教育行政と対立する必要はないが、国が主導する学校教育からは比較的自由な位置に身をおいて、より多様な個人のニーズに沿った形で教育活動を行なおうとするものである。

▼国が主導する教育活動はともするとその国のより良い発展を志向するよりも国家目的のために偏向させられがちである。そして国家の目的に沿った人物の育成を目指そうとする。そういう時代の要請から完全に自由になることは難しい。それが歴史教育などに色濃く反映する。
 しかし、教育が時の政府の意向に従っていては本来の教育を目指すことはできない。特に今や一国で物事を処理することは難しい時代となって来た。よりグローバルな感覚や視野が必要とされる。その意味からも、必ずしも国家の枠組みに囚われない、より自由な視野を持ったフリースクールの存在やその活動は日本の教育の中でもっと注目されてもいいと思っている。

******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.hp.infoseek.co.jp/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
 良ければクリックを。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「大人のフリースクール」第3回、〈不登校からのはばたき〉へようこそ!

2012.02.22.23:50

「大人のフリースクール」第3回、〈不登校からのはばたき〉へようこそ!

「大人のフリースクール」第3回は〈不登校からのはばたき〉と題して、主に〈フレネ教育とぱいでぃあ〉〈遊学統合とぱいでぃあ〉という二つの側面から、日本でのフリースクールのあり方、「フリースクール・ぱいでぃあ」の誕生の経緯、日本の教育の問題点、現に今不登校である子ども達に対するアドバイスなどを行ないたいと思っています。
 そのための素材として、今回秩父困民党事件の研究者でもあり、日本にフレネ教育を広めた功労者でもあった若狭内蔵助さんから直に手渡しされたフレネ学校の実録映像(約一時間程度)を観ながら、トークを進めていきたいと思っています。

▼日本では何故か神秘主義者でもあったルドルフ。シュタイナーの運動が知られているが、一方ではセレスタン・フレネのはじめたではフランス初のフリースクールの現代学校運動を忘れてはならない。スクリーンでフレネ学校の実録映像を観ながら、第一次大戦、第二次大戦と二つの対独レジスタンス運動を貫いフレネ、国家主義の教育ではなく子どもからの発想による学びを確立しようとしたフレネ、レジスタンスの闘士で兵士に絶えず希望を発信し続け、フレネ学校の生徒たちも暗誦するエリュアールの〈自由〉という詩の由来、日本の学校教育とルソーの思い体現したフレネ学校の学校の教育との違い、そして本来のフリースクールの活動とは何か、なぜこれほど日本の不登校は問題視されるのか、数々の辛い思いを体験しながら不登校に負けずに自分を生きた子ども達は今どうしているか、などの話題も挟みながら時間の許す限り語り合いたいと思います。

東京新聞が2月12日の朝刊で紹介してくれました。
*****************************************
大人のフリースクール 不登校からのはばたき

25日午後6時半、浦和コムナーレ(浦和パルコ10階)8・9集会室で。
参加費500円(ドリンク付き)
申し込み、問い合わせは
フリースクールぱいでぃあ
TEL 048(813)6177

*****************************************
利害のある方は勿論、興味関心のある方、当日はどなたでもどなたでも参加できます。飛び入りの参加もOKです。週末の一時、ワンコインで、日本の教育と日本の未来について熱く語り合いませんか?お仲間・同士も増えるかも。


******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

フリースクールの見分け方(3)卒業後の追跡調査

2011.11.18.00:11

chainpuzzle
チェーンパズル:生徒作品から(12個のループを用いて)

▼フリースクールが学校と同じような空間であってはならないというのは言わずもがなの自明のことだが、学校的価値観にどっぷり浸かってきた人には、そこを離れざるを得ない事態になってもなおその思考のしがらみから自由になれないということがかなり見られる。そればかりかそのシステムの犠牲者ほどそのシステムの一番の支持者であるということは、世の中にはいくらでもあることである。あっさりとその桎梏(足かせ手かせ)から自由になった人からすれば不思議な光景だが、事実である。

▼そういう保護者の方がまず心配するのはその子の心の状態ではなく、学校を離れて今後どうやって学校的疑似環境を我が子にあてがったらいいかということ。(その前に必ず学校に行きたがらない子どもと何とか行かせようとする親との激しいバトルがあるはずだが、こういう場合は最終的に無理矢理でも親の論理に従わせてしまっていることが多い。)そこで親の口から出てくるのが「おたくのフリースクールでは何人不登校生がいますか。同じ学年の生徒は何人いますか…。」と言うような問いである。

▼ここでちょっと考えて欲しいのだが、フリースクールは《終の住み処》ではない。基本的に心の傷が癒えたら飛び立って行くべき場所であるということ。だから、親御さんがそういう問いかけをして安心感を得ようとする(不登校になった人の通例として人数が多ければ安心した気分になる)のは、本来おかしなことなのである。フリースクールには最終的に飛び立てない子どもが残る。だから、不登校の子が沢山いるということは、結果として飛び立てなかった子の確率が高いフリースクールだということになり、我が子もその仲間になるための選択をしたことにもなる。

▼それよりも、そこを飛び立った子ども達が今どうなっているのか、聞いてみる方が良いのではないかと思うのだがどうだろうか。それに不登校の子ども達にこそ集団の力学だけでなく、個人の動きがよく見える一クラス20名程度の少人数クラスこそが望ましいのだ。

▼時に学校関係者や教育委員会に尋ねたところでは、公立学校では不登校の子の卒業後の追跡調査は行っていないとのことであった。私立や民間の学校と異なり公立学校では教師が長期間ずっと同じ学校に居続けることは好ましいこととはされていないし、卒業生の調査自体が難しいのかもしれない。


******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
良ければクリック。
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (29)
フリースクール・ぱいでぃあ (16)
身体活動と脳の発達 (1)
遊びと学びと (5)
右脳と左脳 (0)
社会体験学習の目指すもの (10)
スポーツ活動 (1)
クレヨンしんちゃんとコボちゃん (1)
学校教育と不登校 (5)
理科的思考 (2)
漢字学習 (2)
受験・進学 (2)
コーピング・スキル (1)
昔遊び (1)
「ぱいでぃあ」からのお知らせ (11)
ぱいでぃあの行事から (4)
国語の学習 (1)
不登校とフリースクール (172)
フリースクールの卒業生 (1)
本当の学びとは何か (6)
骨董アンチーク (0)
骨董アンティーク (1)
海外で勉強 (1)
親の問題・子の問題 (4)
最終的な学び場 (1)
コモンセンス (1)
不登校の子どもを持つ親 (4)
日本の教育 (3)
無用の用ということ (1)
ぱいでぃあ活動での学びから (7)
フリースクールでの学び (3)
脱・不登校 (1)
〈不登校〉って何だろう? (6)
東日本大震災 (1)
ぱいでぃあでの活動と学びから (9)
ぱいでぃあ社会体験学習 (5)
子ども達の教育を求めて (7)
ぱいでぃあに集う子ども達について (1)
NPOニコラ:教育ホーラム (1)
高校入試 (1)
アシスタント (1)
不登校からの羽ばたき (9)
フリースクールでの応援の形 (3)
夏期講座 (1)
官民連携の不登校セミナー (1)
不登校だからできる学び方 (0)
不登校だから出来る学び方 (1)
アンスクーリング (1)
親御さんへのQ&Aから (0)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。