FC2ブログ

「教育広場&ぱいでぃあ親の会」から…最終的な学び場として

2011.07.09.15:24

▼「教育広場&ぱいでぃあ親の会」(以下、親の会)は、フリースクール・ぱいでぃあが始まって以来、ほぼ毎月の恒例の行事として開催してきました。今まで多くは第3週の土曜日に行って来ましたが、昨年度は親御さんの要望もあり土曜日から金曜日に、更に第3週から第2週へと移動もありましたが、ずっと続けてきました。変動があったのは、近年家族の態様も変わり、親御さんのお仕事などの都合ということもあります。

▼1年の行事の流れに沿って、毎月その時期にあった話題、子どもたちの日々の行動や変化、不登校を取り巻く教育動向やフリースクールでの取り組みなど、その時々で取り上げる話題も違っています。子どもが不登校になり現在ぱいでぃあに通っているという状況は同じでも、お子さんの年齢・学年、不登校となったきっかけ、学校を取り巻く状況、子どもの現在、日々どう接すべきか、これからの目指すべきこと…、これは十人十色でみな違います。

▼フリースクール・ぱいでぃあの特徴(?)の一つに、リピータさんが結構いるということをあげてもいいでしょうか。たとえば、一度「教育相談」という形で訪れたことがあった生徒が当時はまだ通える気力がなかったけれど今はその気になって…とか、いろいろ他のフリースクールも回ってみたけれど自分に合うフリースクールはやっぱりここだと思って…とか、ここが完全に自分の学校になってもう何年も通い続け卒業までいるつもり…とか、様々です。当日は参加されませんでしたが、関東圏に転居されるに当たって、一都三県のフリースクールを体験して歩き、最終的にぱいでぃあに決めたという親子もいます。

▼今回の親の会も仕事上の都合等で親御さんの参加は決して多くはなかったのですが、そういう生徒の親御さんたちでした。この頃は学校でもPTAの役員は籤引きで持ち回りというところが多いようですが、子どもの第一の支援者として共に学んでくださるのは嬉しいことです。いろいろな他のフリースクールも当たってみた、勧められた相談機関にも行ってみた、そういう体験を経て改めてぱいでぃあの良さを知り、ここならわが子を通わせてみたい、と思われた親御さん達と言っていいかも知れません。親の会でそういう体験談が語られるのも毎年のことです。他のフリースクールに見切りをつけやって来られた方がいるのも例年のことです。総じて、自分づくりに真面目に真剣に取り組みたい子どもたちが来ると言えそうです。

▼そういう親御さんの中に今回は、民間で運営するフリースクールの大変さと存在意義を理解され、自分にできることをやらせて欲しい、ぱいでぃあの為に一肌脱ぎたいという方もいます。今回も同業の会社のトップの方を伴って参加してくれました。他の分野の発想と行動力でぱいでぃあが活性化できれば素敵です。それに限らず、親御さんの中には様々な職業の方々がおられます。仕事柄で子どもの問題に触れる親御さんもおられ、教育のシステムから零れ落ちた子どもたちの建前からは知り得ない悲惨な世界もあるようです。既成の枠に囚われずそういう社会の多様性に対応した教育の多様性もまた必然なのだろうと思います

▼何かの縁で私たちのフリースクールにやってきた子どもたちです。微力ではありますが、少なくともその子どもたちだけでも自然にコモンセンスを身に付け、自立できるよう(自立の中身は後日)支援を図っていきたいと思います。そして、ある一時期のフリースクールでの活動が、「貴重な道草体験」だったと振り返られるようになればいいなと思っています。

******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************

 良ければアクセスを。
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR