さいたまスーパーアリーナの「骨董アンティーク展」へ

2011.05.29.20:43

つくしん子  子育て  農作業


▼「お知らせ」で案内したように、フリースクール・ぱいでぃあの5月の社会体験学習は、さいたまスーパーアリーナで開催の「骨董アンティーク展」へ決定。この開催に関しては、主催者に連絡しておくと、開催の案内が届く。通常は年2回である。

▼「骨董アンティーク展」とは、平たく言えば、古物商のイベントである。4月に六本木・国立新美術館に出かけたが、そんな高尚なものではない。芸術品として触れることも触ることも出来ないような威厳のあるものではなく、庶民大衆の生活の中で日常的に広く用いられ愛されてきた品々が多い。そういう一般大衆に馴染みのものと言えば、「リサイクル・ショップ」、「蚤の市(フリーマーケット flea Market)」だろうか。それの半ランク上の大きなイベントとでも言えばいいだろうか。とにかく、時・所を選ばない古今東西のピンからキリまでの異物(遺物?)がどっさりと集まっている。

▼昨年はメトロポリタン・ミュージアム経由のペルーのオカリナという掘り出し物を見つけたが、今年はなし。「いいな!」と思ったのはアフリカの木彫り人形。独特の雰囲気が堪らない。ひと際オーラを放つ日本人の画家の手になる陶芸作品もあったが、500万円の値札が付いていた。
 こういうアンティーク展は玉石混合の場だ。自分の真贋を見る目が試されるのかも。「何でも鑑定団」で「いい仕事をしているね」氏に認められるようなものもあるが、ジャンク物が多い。私のような節穴の人はは心すべきだろう。

▼しかし、美術・工芸品は自分で気に入ればそれが最高とも言える。家宝や財産目録にでも入れるのでなければ、保証書のマークは要らない。「ととやの茶碗」でも、自分が惚れればそれで良い。最高の品になる。
 で、私も観光用民芸品のようなただ同然のジャンク物を買う。でも、そこに庶民の生活の知恵や工夫が伺われる。柳宗悦とまではいかないが、民俗・風俗的な側面から見ればそれなりに面白いものである。子どもたちも好きな物を探している。ここには規制されない様々な個性と趣味が同居している。「蓼食う虫も好きずき」である

▼子どもたちと現地で解散した後、近くのcoffee shopに入った。お隣の席にやはり同じ会場から帰りがけのご婦人が。そこでその方のお気に入りの一品を見せてもらう。何とも言えない深みのあるマリンブルーの青磁の珈琲セット。これに香り豊かなヨーロッパ風の珈琲でも注いで味わえば最高だろう!思わずその方の感性に共振した。

******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
  http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
 良ければアクセスを。
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR