FC2ブログ

ぱいでぃあ:2学期の始まりに当たって思うこと

2015.08.29.14:04

★二学期の活動を開始します★

▼夏休みは満喫しましたか?
 自己採点などをした人もいるかも知れませんね。でも、人間って不思議です。その時は、いい経験、悪い経験…などと判定しますが、長い目で見れば、そのどれもが貴重な、人生で一度きりの体験であったことに気付かれることでしょう。
 ですから、どう総括するかが大事ですね。「総括」って言われても…と思われるかも知れませんが、簡単に言えば、その時の体験をどうまとめるか、ということです。
 たとえば、旅行に行ったとします。終わった後、その旅行の感想を訊かれたとします。あなたならどう応えますか?「疲れた!」…そう、大変でしたね。「楽しいこといっぱいあった!」…そう、それは良かったわね。同じ旅行という出来事が、180度違って評価されていますね。もちろん、先の答えの人も「楽しかった」という気持ちがあったかの知れません。でも、結論の言葉が「疲れた!」。

▼どう自己表出するかが大事
 その人の気持ちがどうあれ、他者に向かって表出した言葉が全て。周りの人はあなたの発したその言葉によって判断します。たくさん本を読み、知識をたくさん持っていても、発する言葉が片言であれば、人はその片言からあなたを判断します。そういうことは日常生活の中でもたくさんありますね。
 これは、相手に良く思われる言葉を使いなさい、ということではありません。そうではなくて、自分という人間をより正確に理解されるための言葉遣いが大事ではないかということ。自分が好ましい、良かったなと感じる言葉を使うように心がけてはどうかなということです。そして、自分の発する言葉は自分の行き先を照らしだすライトでもあります。思ったように、感じたように、発した言葉のように行動していく自分がいます。そういう態度を自分の習慣にするといいかも。

▼子ども達の悲しいニュースが次々と
 楽しかった夏休みも無事終わり、素敵な2学期の始まりです。そう思えば、本当に素敵な2学期が始まります。
 でも、2学期の開始を前に暗いニュースが多いですね。2学期開始に合わせるように、子ども達の悲しいニュースがたくさん飛び込んできます。新聞やテレビで、今日もまた。文部科学省や関係するNPO法人などが「家族に注意を」呼びかけています。新聞の見出しにも「子供の自殺、夏休み明けに集中=過去40年、9月1日が突出」とあります。
 本当は子ども達にとって文句なく楽しいはずの新学期の学校が、ある子にとっては「死んでも行きたくない」場所になっているんですね。誰も気付いてあげられなかったのでしょうか。

▼自分の命をたいせつに!
 本来、学校は子どもが主役で、自己実現に向けて自分づくりに楽しく取り組むはずの場所。ところが、そこは本人にとっては生きているよりも辛い生き地獄の場所。理由は様々でしょうが、本人には生の喜びを味わえない場所がそこにある。夏休みは束の間の休息に過ぎなかった。だけど、もうそこに戻る気力も体力もない。気持ちだけでなく激しく拒絶する自分の身体がある。
 だが、学校から家庭に何の連絡もなかったようだし、最後の頼りの家族の誰も自分のことを真剣に取り合ってくれない。こんな自分に多大な期待さえしている…。そう思った末のことだったのだろうか。10数年の人生経験の中で必死に考えての結論だったのだろうか。結果として、その子の命を受け止められなかった家族がいる。

▼逃げて環境を変えること
 理由はどうあれ、死んでしまったら敗北である。命より大切なことはこの世にはない。世間も家族も、様々なルールや常識も、大人も子どもも、先生や生徒の関係も、自分の命に比べれば全て取るに足らないことばかり!
 死んで復讐を…なんて考える人もいるかも。でも、人はただ忘れ去るだけ。見ぬふり聞かぬふりで蓋をする。
 自分の命が大事なら、自分で逃げること。人はアテにならない。生き抜いてこそ花が咲き、実もなる。死にたくなければ逃げろ!生きたければ逃げろ!逃げるのは自分。行動するのは自分。他人は100年経っても動かぬと見るべし。
 逃げるのは新たに生きるため。苦しさを紛らわし忘れるためではない。だから、忘れるために苦しさを紛らわすために薬に頼っても駄目である。薬は脳を麻痺させるだけで現実を変えてくれるわけではない。現実を変えるためには自分で動くしかない、自分で行動するしかない。自分を生かす環境を自分で選択するしかない。

▼登校で悩んでいる子どもがいたら、門を叩いてみて
 ただし「気を付けよう 甘い言葉に 暗い道」という標語は、この世界でも正しいかも。
 親身になって、自分のことを考えてくれているところはどこだろう?そう思って探してください。思いがあればその道は見えてくるはず。

↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

******************************************************

「こどもネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/

******************************************************



 
スポンサーサイト

春休みに、自分に適した学び方、生き方を考えよう

2015.03.21.17:16

▼2014年度(平成26年度)の「卒業・進級式」を無事3月14日に終え、「フリースクール・ぱいでぃあ」も春休みに突入しました。もう桜の便りも入ってきていますね。春爛漫、大いに感覚を開放して自然の運行に身を任せてみてはいかが?

▼「えっ、春休みはお休みなんですか!」という親御さんの声を聞くことがあります。「そうです。学校もお休みでしょう。この機会に家族で小旅行をするとか、ぜひお子さんと遊んでみてはいかがでしょうか?」と答えます。
親御さんとしては「不登校となった我が子を放っておけない」という思いなのでしょう。でも、お子さんは「みんなと違う自分」を責めているかもしれません。普通と違う関わりをしていいはずがありません。

▼だからこそ、学校も忘れ、勉強の遅れも忘れ、自己卑下する自分も忘れ、生きている喜び、今ともに家族といる喜びを存分に味わってほしいのです。
そういう喜びや気持ちの開放が実は本人の立ち直りには一番いいのです。勉強を含んだ学びにも断然いいのです。
「ぱいでぃあ」とは子どもが主体となる「遊び」と「学び」を統合した言葉。校名に掲げる理由です。

▼不登校の子どもたちが現今の学校教育に異議を唱えて全国で13万人を超えるようになった1990年代、まだ学校側は「学校教育に間違いはなく、悪いのは学校を離れる子ども達」という考えでした。
今でこそ、不登校を若者の引きこもりや就労にまで繋がるグレーゾーンの先駆けかもという社会的認知や理解が広まりつつありますが、それでもやはり依然として学校側は「不登校は子どもの問題」として処理することが多いようです。

▼近現代の不自然な生活の広がりとともに精神的な病やガンの増加などが指摘されるようになり(一方には風評被害という批判も)、もはや単に子どもの側だけの問題では片付けられなくなっているのは確かではないでしょうか。
たとえ健常者であっても発ガン物質の食事ばかりしていればやはりガンになるリスクは高まるように、あえてそうならないために、自分で自分を守ることも必要になりました。それまで周りのせいで済ますわけにはいきません。

▼また、もし自分に抵抗力があれば病に打ち勝つこともできます。周りに様々な細菌やウイルスが舞っていようとも、抵抗力があれば病気にはなりません。風邪が万延していても自分は風邪にかからないで過ごせます。でも、免疫力がなければ風邪で死んでしまうこともあります。それまでお任せにできますか?
同じく、院内感染が広がった病院から患者が逃げるように、不登校となった子どもたちも、自分を生かさないと判断した学校から逃げるのは極めて正当な行為なのです。子どもが生かされない場はもはや学校と言えません。

▼洋の東西を問わず、近代学校教育の始まるずっと昔から、民間の「教育」的営みはありました。
日本でも、奈良・平安の昔からそういう教育はあり、そういう土壌から紫式部や清少納言などの女性も生まれました。江戸時代には寺子屋が隆盛を極めました。明治維新を用意したにも民の教育があったからこそでしょう。国の学校教育があろうとなかろうと人々は我が子の教育の必要性を自覚し主体的に行動していたのです。
学校教育が始まったのは明治になってから、それも国の都合によって始まったものに過ぎません。

▼子どもの「育ち」や「学び」には様々な方法があります。学校で学ぶ、民間教育で学ぶ、家庭で学ぶ、海外で学ぶ、自分にあった方式で学ぶ(世界が学校の人もいます)…色々ですね。どれで学ぼうといいのです。国の都合に従って教科書で学ぶだけが勉強ではないはず。学びではないはずです。
自分はどんな形で学びたいのかな?この春休みがそんなことを考えるキッカケになればいいですね。

※「フリースクール・ぱいでぃあ」は春休みに入りました。通常の授業はありません。
 新年度に向けた様々な準備を行っています。
※子どもの育て方、不登校支援、教育問題など、「相談」を行っています。
 この春休みを利用して、新年度からの相談に乗りたいと思います。
 気軽にお電話等でお問い合わせを。


******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

学校の「同調圧力」の教育環境の中から不登校が生まれる

2015.01.09.15:24

新年おめでとうございます。
今年も変わらぬご協力ご支援をお願い申し上げます。
子どもたちが「教育」の名の下で無用な苦しみをしなくてもよいよう
今年こそ子どもたちに明るい展望を用意したいものです。
そのために大人の私達に何ができるかが問われていると思います。
皆様も社会参加いかがですか?



●この頃、教育の場以外でも「同調圧力」ということが言われるようになってきました。 今は「個性の時代」、集団に無原則に合わせる時代ではないと言われます。
 かつて「日本は単一民族」と平然と語られていた頃とは大きな違いがありますね。でも、法治社会と言われながら、実際にはそれは学校の教科書だけのお話。教科書を使用する学校の現場ですら個性の尊重は怪しい。

●実は、「不登校」という現象も学校のそういう「同調圧力」の中から生まれていることが多いのでは?教科書を手にした先生ですら、生徒に対して「人権保護」「個性の尊重」とは真逆の対応をすることが珍しくないようですね。
 本来は「子どもが主役」「子どもが主人公」であるべき学校で、実際は「先生が主人公」であったり、生徒の抗弁や反論は認めず、不登校の原因に自分達が挙げられるのを極端に嫌う先生方であったりします。

●確かに子どもの気持ちを理解し、親身になって考えてくれる先生方はいます。でも、その学校で主導権を取れることはまずないようです。一人の先生の思いより先に学校の都合を優先させなければいけないからでしょうか。
 そういう学校運営の中から「不登校」の子どもたちが排出されます。そして、そういう学校の背後には大小の「いじめ」があり、伸び伸びと息のできない「学校の雰囲気」があることが多いようです。

●学校の先生方は「学校復帰」を不登校の子どもたちに強く働きかけます。でも、不登校にならざるを得なかった子どもの気持ちに寄り添うことはあまりありません。かなり事務的です。
 「学校復帰」はこちらも望むところ。人的・物的環境や国や自治体の税金の投入なと、一番養育環境が恵まれているのは公立の学校なのですから。

●でも、不登校の子どもの「学校復帰」を望むなら、学校でまず「戻れる環境」を用意しなければなりません。それが難しいのであれば、「学校復帰」の強要はやめた方が当人のためでしょう。悪いのは不登校の子どもではなく、子どもが自分を生かされない学校のあり方の方にあるはずですから。そして、子どもが学ぶことは今や学校外でのことの方が多いかもしれないのです。

※今年度からは、不定期な形で、より思いつくままに書き綴ってみようかなと思っています。
 反響や疑問の声なども聞かせていただけたら嬉しく思います。
※定期購読の方はご登録を。

※「ぱいでぃあ」は「子どもの目」から考え実践するフリースクールです。
※新学期は1月13日から開始です。


↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

******************************************************

「こども援ネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/

******************************************************


本来の子どもの教育を目指して

2014.08.26.10:13

本来の子どもの教育を目指して

▼これまで「フリースクール・ぱいでぃあ」を含む「教育ネットワーク・ニコラ」の教育活動は、一貫して学校を離れた子ども達、いわゆる不登校の子ども達の支援活動を行ってきました。この活動方針に揺るぎはありませんが、もう一度教育ネットワーク・ニコラという民間からの教育活動の原点に立ち返ってみたいと思います。

▼当初、月刊教育雑誌『ニコラ』は、かつて農家の人達が一家に一冊「家の光」という雑誌をとっていたように、「我が子が学齢期になり学校というところに通うようになったとき、親御さんは様々な思いがけない場面に出会うようになるかもしれない。その時に子どもの成長を見守り支援する親の立場としてどうすればいいのか、だんだんと子育てが難しくなってきた現在、共に考えていきませんか?」という趣旨で発刊されたものでした。

▼すると、当時は学習塾批判の嵐が一段落し、それに呼応するように不登校生がだんだんと増加して日本の教育のあり方が学科教育だけでなく子育てという視点からも鋭く問い直されている時でもありました。その結果月刊教育雑誌『ニコラ』の活動が、毎日、朝日、読売の三大紙に大きく取り上げられただけでなく、群馬、新潟、大阪など次々と地方紙にまで拡大して行ったのです。しかし、それらの新聞が伝えたのは「子どもが学校に入るようになったら、一家に一冊『ニコラ』」という私達の思惑を超えて、「不登校専門誌『ニコラ』」という扱いだったのです。

▼その結果、関東を中心に、それだけでなく様々な地方からも保護者の問い合わせがあり、電話はパンク状態でした。そしてその多くは学校教育の中での我が子の窮状を訴えるものでした。そして、ほとんどは不登校かそれに近いものでした。そこで私達も埼玉県や各地の教育委員会に問い合わせました。しかし、当時の教育行政の見方は一貫していて、「不登校になる子どもに問題がある」というものでした。そして、今のところ「不登校対策は別に考えていないし、今後もその予定はない」というものでした。しかし、現実に不登校からの救いを求める声が電話の向こうから次々と響いてくるのです。私立学校へのアンケートでも、不登校生は門前払いという感じでした。

▼その時、「『ニコラ』の基本方針に変更はないが、これだけ問題になっている不登校の問題を差し置いて日本の教育問題や子育ての問題はない、不登校問題をもう一つの大きな柱にしよう」ということになったのでした。以来、月刊として84号まで続くことになります。そして、一方では毎月雑誌のオフ会として「ニコラの会」を開き、他方では東京や全国各地の不登校支援の組織や団体に働きかけて、「不登校生のための実践報告会&教育相談会」を開き、不登校生のための進路を開いて行ったのでした。1995年~1996年頃から開始しましたが、まだどこにもそういう組織はなかったのです。NPOはもちろんNPO法もなかった頃でした。

(続く)

※お急ぎの方は 
 048-829-9178 か 080-2152-8513(携帯) へお電話ください。



↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

******************************************************

「こども支援ネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/

******************************************************

不登校の子ども達をどのようにして立ち直らせるか?---早期対応のお勧め

2014.05.29.08:29

不登校の子ども達をどのようにして立ち直らせるか?---早期対応のお勧め

▼「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイトをご覧になった方は、もしかして、ぱいでぃあの料金設定が他のスクールに比べて意外に格安に設定されていることに驚かれるかも知れない。「社会情勢に鑑み…」ということは当事者ではなくても理解できよう。だが、時には長年の不登校や引きこもり、対人恐怖症や社会不安症等の発症、学業の大幅な遅れ、社会性等の感覚の欠如、高度の自閉症や場面緘黙等々…一口に「不登校・登校拒否」とは言っても、そうなった事情も実に様々であり、現在の状態も多岐にわたることは疑いようがない。そのいう状況下での料金設定であるのだから。

▼正直言って、環境を変えたり人との関わり方を変えるだけで何とかなりそうな子どもから、担任の教師、学校の相談室のスタッフやカウンセラー、心療内科医や精神科の医者、学校の補助機関としての特別支援学級、元不登校体験者の思い入れ(自身の問題は解決している?)などではもうとても手に負えない段階にまで突入してしまっている子ども(場合によっては人間として再起が危ぶまれる領域にまで達していたり、薬漬けで完全に廃人になってしまっている例もある)まで、フリースクールには実に様々な不登校の子ども達が相談にやって来る。

▼例えばの話であるが、軽い風邪くらいの症状の患者と、癌がかなり進行した段階の患者と、脳外科の手術を一刻も早くやらねば命にかかわる段階の患者と、救急車で絶命しかねない状況で運び込まれる交通事故等の患者と---、病院では皆同一に扱うであろうか。それぞれの状態や状況に応じて患者への対応は皆違うだろうし、料金体系もそれによって皆違っているはずである。当然のことだろう。中には保険でまかなえるものもあるだろうが、実費を別途請求されることもあるだろう。最近のことだが、アメリカで盲腸の手術をしたところ600万円から900万円くらい請求されたという実話もある。

不登校の問題には1900年代半ばから本腰で関わってきたが、当時は教育行政や私立学校協会等では全く相手にされず、対策もないままに放置されていた。私たちはその頃から現在に至るまでを俯瞰できる位置にいるが、一種の不登校ビジネスを目的に後発で参入してきた所はどうだろうか。
 いずれにせよ、そういう病院の患者さんの状況と同じようなことが不登校になってフリースクールの門を叩かれる子どもや親御さん達にも言えそうである。確かに、不登校の場合には心の問題が中心であるだけに、外科治療の患者のように外見では即断できないことも多い。体験入学を通して、さらに一月ほど様子を見なければよく分からないこともいろいろ出てくる。

▼本当は不登校の子どもを引き受けるスクールの料金体系も本来は一律の料金であるはずがない。具体的に言えば、まだ軽い段階でフリースクールで再起を図りに来た子どもであればそれなりの料金で済むのが当たり前で、法外な料金を要求される必要はないはず。もしそうだとすれば、一度疑ってみた方がいい。ところが逆に、とことん大変な領域にまで来てしまっている不登校の子どもの場合には軽い段階の不登校の子どもと同じ料金で対応できるはずがない。引き受ける側も安請け合いは出来ない。だから、それに見合った料金が求められて当然かもしれない。もし、それが「安かろう悪かろう」の範疇に当てはまるものならば、どこかに手抜きがあることになる。そうでなければ不登校の子どもを受け入れる機関を維持することができないはずだ。これは時には大変重いお子さんも引き受けて頑張って支援活動を続けている通信制高校対応のサポート校等へのエールでもある。

▼だから、主としてそれ以前の年齢の不登校の子ども達を支援している私たち「ぱいでぃあ」では、「脱・不登校!小中学生の不登校は早期・短期に克服を!」とサイトのページに掲げている理由でもある。その方が、不登校の克服は容易であるし、親御さんの負担もまだ想定内の料金で対応できることになるだろう(しかし、不登校の親御さん達は支援者に愚痴を言ったり依存したりするのに時間は割くのに、なぜ必然的に不登校の子ども達を生み出す日本の教育システムが内包する根本問題の解決のために自ら行動しようとはしないのか?)。
 しかし、不登校への真摯な対応が小学→中学→高校と先延ばしにされ続け、精神的にも、身体的にも、学業的な側面からも、対人関係や感覚的な面からも、社会人として復帰できるかどうか等の側面からも沢山の「???」のマークが付くような段階にまで至ってしまったような不登校・引きこもりの場合には、当然それだけの年数や労力、費用のかかることは覚悟しなければならなくなる。

▼フリースクールまでやって来るのは、学校の先生ではダメ、カウンセリングでもダメ、心療内科や精神科でもダメ---そういう切羽詰まった段階になってからのことが多い。「ようやく!」である。だから、フリースクールでそういうお子さんを引き受けるということは、支援者として関わるスタッフ一人ひとりにも、単なる机上の論を超えた、ここまでに辿り着くまでに関わった人達ではとても無理な実践の能力を要求されることになる。「何となく不登校」レベルの不登校ならいざ知らず、単なるレンタル姉さんやお兄さんの能力ではまず立ち直らせるのは難しかろう。(しかし、不登校の子どもの場合は基本的な「社会性の欠如」等に起因していることが多く、まだ社会体験の乏しい若者にどこまで務まるかも疑問でもある。補助ならいいかな?)

▼不登校の子どもを抱える親御さんはぜひその辺を理解してほしい。(今までも社会性が欠如して場面緘黙[バメンカンモク:人前で喋れなくなる。選択制緘黙とも]となってしまった子ども達を立ち直らせてきた経験からも言うことだが)出来るならば子どもをそこまで追い込まないうちに相談に来てほしいものだ。それが子どものためであり、費用を負担する親御さんのためでもある。「ぱいでぃあ」で「脱・不登校!小中学生の不登校は早期・短期に克服を!」をサイトに掲げる理由でもある。

※原稿に訂正加筆をすることがあります。ご了解を。

******************************************************

「こども支援ネット」(サイト)
http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」(サイト)
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」(サイト)
http://freeschool-paidia.com/

******************************************************

良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村
プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR