スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰でもが利用できるリーズナブルな新料金で支援!

2016.05.10.00:28

※2016年度入学時費用・月謝表のページへ

▼小中学生は義務教育段階の子どもたち
 欧米をはじめ世界の先進国の国々では、小中学生という義務教育段階の子どもたちは原則「教育費は無料」というのが普通です。日本でもそれを踏襲しています。しかし、経済的には先進国の仲間入りをしたとは言っても、教育、文化、社会等の面を見れば必ずしもそうとは言えないところがあります。その上、経済的格差が教育格差に連動し、その度合いがますます拡大しつつあるのが日本の現状です。

▼一向に解決に向かわない不登校の問題
 そういう中で、何らかの理由で学校に行けなくなった、あるいは行きたくなくなって不登校となった子どもの場合には、義務教育で謳い文句の「教育の無償化」が全く絵に描いた餅に化してしまいます。不登校となった小中学校の子どもには、いっさい義務教育の恩恵はなくなり、教育棄民の状態に置かれることになります。ここに日本の教育の大きな欠陥が見られますが、一向に改善される気配はありません。

▼子どもが不登校になることで生じること①
 不登校の実態を知られるのは「学校として恥」とでも思っているのか、学校側が不登校の実数を伏せていることが多く、在籍クラスの担任を通じての個別な対応以外は(これも学校次第)学校側と家庭との接点はなくなりがちです(そういう点を考慮してか、学校側がその親御さんにPTAの役を割り振り、子どもが通っていない学校でPTAの役員などを回されることなどがあります)。ここには学校間競争を煽ろうとする教育行政の悪影響が出ているのかもしれません。

▼子どもが不登校になることで生じること②
 こうなると、「不登校を選択」した子ども本人だけでなく親御さんにも様々な不都合が生じてきます。学校との接触も極端に少なくなり、勉強も学校でやったプリント類がただ手渡されるだけでお座なりになります。履修しているいない、理解しているしていないにかかわらず、大体そのまま放置されることになります。ただ、定期的に学校に来たり、連絡をするように(まるで不登校の生徒が悪いかのように)要請はあるようです。でも、それは不登校の内情を外部に知られまいとする学校側の都合であり、本人のケアには何の役にも立ちません。

▼自分を生かせるところで勝負しよう
 でも、たとえ学校側に子どもが不登校になった過半の責任があったとしても、学校側の変化を期待することはあまり期待できません。ですから、『ここでは自分は生かされない」「ここにいれば危険だ」と思ったなら、まずはその場を早急に離れることは大事なことです。
 不登校の選択は間違いではなく正しかったのです。自分が生かされるところで勝負すればいいのです。 学校を離れたのは自分を本当に生かす場を求めてのことのはずですから。しかし、そのままではいけません。傷ついた心を癒すと同時に少しずつ強い心を身に着け、自立して行かねばなりません。

▼「ぱいでぃあ」とはどんなフリースクール
 「ぱいでぃあ」というフリースクールは15年以上の歴史があります。ここから様々なタイプの不登校生が飛び立って行きました。学校では」お荷物扱いを受けて全く存在感のなかった子もいれば、IQ140以上で天才的な異能・異才を発揮した子も何人もいます。共通するのはどの子も型に嵌った学校教育の中ではその個性や存在感を認められなかったということ。でも、ぱいでぃあでは誰もが認められ、自分の能力に自信を持ち、自分の目標に向けて飛び立って行きました。飛び立てずにいつまでも残る子どもは一人もいませんでした。

▼「ぱいでぃあ」で体得する学習とは
 他と比較していただければ分かるでしょうが、「ぱいでぃあ」は誰でもが利用できるリーズナブルな月謝性の料金設定になっています。年間の費用も極力抑えています。時間単価で言えば学習塾よりも安いかもしれません(いろいろな条件を考えれば料金設定は高く設定したいのですが)。不登校になったからと言って諦めず、自分を責めないで、「ぱいでぃあ」で再起を図ってほしい、そう願ってのことです。ビジネス優先ではありません。
 一つだけ付け加えると、「ぱいでぃあ」では教えられたことを覚えるための勉強が中心ではありません。「勉強するのはあなた」です。スタッフは本人が自立していくまでの支援者であり伴走者です。「ぱいでぃあ」で自分の心や身体を働かせ、自分の頭で考える学習を体得してもらいたいと思います。
 きっと「ぱいでぃあ」での活動の中で、どこかに弱いところがあって不登校になった自分が、いつの間にか強い自分になっていて、不登校が克服されていることに気が付くでしょう。

※2016年度入学時料金・月謝表のページへ

↓ 良ければクリック。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

******************************************************

「こどもネット」のサイト

http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」のサイト

http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)

http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト

http://freeschool-paidia.com/

******************************************************




スポンサーサイト

tag : 不登校 フリースクール 脱不登校 小中学校

ぱいでぃあの新学期(3学期目)が始まります。

2016.01.11.11:37

皆様、新年おめでとうございます。年末年始、お正月は楽しみましたか?
普段は近代的な装いの生活が主流で中々本来の日本が感じられることが少なくなりましたが、この次期は古来連綿と続いてきた日本的なるものが全面に浮き上がって来て、良きにつけ悪しきにつけ、様々なる意匠を通して味わえたのではないでしょうか。

「ぱいでぃあ」の新学期が1月13日から始まります。準備はできていますか?

例年、成人式の後から始まります。そこに日本人として生まれ育った子どもがこれからはこの日本を牽引していくメンバーとなったというその門出を祝う意味があります。別の側面から言いますと、そこに長年培われた教育の成果が示されております、教育の関わりとしてはほぼ集結した姿があります。
今後の教育はどうあるべきか、大きなヒントがそこにあるのを感じます。

ぱいでぃあにやってくるのは、大体は学校を逃れてきたいわゆる不登校の子どもたち。そういう子どもたちにとって、新成人の姿は一つの鏡であり、反面教師でもあります。
「ああ成りたいのかああは成りたくないのか」
そういうことを踏まえて、ぱいでぃあの新学期を開始します。

フリースクールとは、もともと個々人の個性・特性に合わせた指導・支援を行うところから個別指導が中心です。そして、学校を離れても大丈夫なように、また学校を離れたから大丈夫なように、単に学業支援だけではなく様々な側面から心身の総合的な支援を行って行きます。ところが、教科指導に特化し学校教育の補完強化的な受け皿的な役割を担っていた学習塾が営業的側面から個別指導塾化したように、従来のフリースクールも大きな変容を遂げようとしています。

ご存知かも知れませんが、フリースクールは文科省の管轄からは自由な、民間主導の独立した機関です。従って、税金等の公的な財政的援助もありません。全くの民間の教育寄付やボランティア的な支援によって運営されているスクールなのです。しかし、それは決してマイナスではなくだからこそ自由に理想の子ども支援の場を創り得たのです。
ところが、やはり日本という国は「寄付文化の育たない国」と言われたように、フリースクール自体の運営に行き詰まるところが色々と生じてきました。その生き残り策としてでしょうか、現在、本来のフリースクールとして運営されているところはほとんど姿を消してしまいました。

現在、フリースクールと言われるところの殆どは従来のフリースクールではなく、サポート校が母体であったり、技能連携校の下部組織であったり、株式会社立の通信制高校や私立高校であったりします。
そしてさらに近年は民間教育の窮状を見越した教育行政の側が、一定の財政支援を行うという名目の下に、民間のフリースクールの許認可権を得ようとしています。

NPO自体が行政のチェックを経なければならない構造になっていますが(本来、市民活動やNPOは行政のチェック機関の役割もありはずですが)、教育NPO的な位置付けでそこに地域の教育委員会の許認可を付与しようというもののようです。一見「安心できるフリースクール」というような感じで良さそうに見えます。
しかし、それが認められるということは、公教育の中に「二重基準:ダブルスタンダード」が導入されるということであり、命の危険さえ感じて学校から逃れてきたいわゆる不登校の子どもたちから、最後のシェルターとしてのフリースクールを取り上げることに繋がります。

本来のフリースクールとして、生き残ることができるかどうかの試練の年となりそうです。それは教育界での「炭鉱のカナリア」としてのフリースクールが生きられるかであり、そういう日本の教育の危機の声に賛同する人たちやそれを必要とする人たちが実際に具体的に支援してくれるかです。

日本に国家主導の教育が導入される明治以前には、「寺子屋」という公教育を上回る数の民間の自立した教育の営みがありました。そういう活動が優れた日本特有の文化を作り上げてきたのです。
皆様のご協力をお願いする次第です。

↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

******************************************************

「こどもネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/

******************************************************

始業にあたって思うこと---新しくやって来る子と羽ばたいて行った子と

2014.04.10.16:48

始業にあたって思うこと---新しくやって来る子と羽ばたいて行った子と

▼明日から「フリースクール・ぱいでぃあ」の新学期が始まる。さて、どんな一年になるのか、正直なところまだよく分からない。「ぱいでぃあ」は小学生と中学生という義務教育段階の子どもにほぼ特化したフリースクールだが、結果的に小学生が多くなるか中学生が多くなるか、女が多いか男が多いか、勉強は苦手か得意か、スポーツは好きか嫌いか、勉強ひたすら派か多芸多才派か---全ては蓋を開けて見なければ分からない。それが一般の「学校」とは大きく違うフリースクールの特徴の一つである。

▼しかし、どのようなタイプであろうとも、不登校を全くの人任せではなく自分の問題として考え、同時に後方支援に回る保護者の方たちも安定した心の状態にあれば、まず安心です。子どもが自らを成長させるためには、本人の良くなりたいという思いとそれが育つための環境がとても大事です。ある人が不登校からの立ち直りの条件として3つ「①生活リズムの安定、②本人の向学心、③育ちの環境」をあげています。自身の体験に基づく考察でもあり、基本的にはその通りだと思います。

▼不登校には様々なタイプがあり、一様ではありません。でも、だからと言って、「子どものイエスマン」になって何でも子どもの気に入るように従ってしまうとか、「子どもをペット」か親の付属物かのように何でも親好みに染め上げてしまうとか、「理解不能な子」として我が子を社会人として育てるのを放棄してしまうとか、親が自分の問題として引き受けず「○○セミナー」等の考え方に依拠してしまうとか---不登校の子育てにはやらない方がいいことがいろいろあります。

▼私たちは単なる口当たりの良いセールストークではなく、実際に実践の関わりを通して培ってきたものを重視しています。「ぱいでぃあ」は不登校生の収容所でもなく隔離施設ではありません。いつまでもとどまっていてもいいというデイケアのような施設とは考え方が全く違います。元気になってみんな羽ばたいて飛んでいってほしいのです。
 今年春の入試に挑戦した先輩たちもそうでしたが、「不登校の子どもとはこういうもの」という偏見(誰がこういう偏見を助長したのでしょう?)に囚われない考え方や行動を出来るように支援することが主眼です。しかもそれは外部から都合のいいようにメッキで塗り固めたものではなく、蒔いた種が芽を出し成長するように本人の内に秘められた内発的な意志=力によって自然に沸き上がってくるものです。私たちはそのための伴走者であり応援隊です。その子の内発的な芽が伸びるための心的物的環境なのです。「フリースクール・ぱいでぃあ」とは基本的にそういうところです。

▼3月の卒業式の時、教育ネットワーク・ニコラ(「ぱいでぃあ」の運営母体)の理事の一人がこんなお祝いのメッセージを下さいました。次の世界へと飛び立っていく子ども達だけでなく、新たに「ぱいでぃあ」にやって来る子ども達もぜひ伝えたい内容のものです。
「英語で『学問に王道はない』という言い方があります。でも、それは人生も同じなんです。『学問』を『人生』に置き換えて考えてください。『人生に王道はない』んです。」
 その人は若い時の逆境にもめげず、社会に出てからも独力で早稲田大学に進学し、自転車で日本一周の旅行をし、さらにナホトカからシベリア鉄道に乗って単身ヨーロッパに渡って北欧から南欧まで踏破し、日本に戻ってからは電通などに務め、埼玉県の某知事の私設秘書として埼玉県の土台を築いたブレーンでもあった理事。現在は福島が心配で単身寝袋をもって応援に出かけたりもしています。そういう人の語りでしたから机上の空論とは違う重みがありました。

▼「自分の人生は自分が主人公」。自分はどんな人生を送りたいのか。1年後、3年後、5年後、自分はどうなっていたいのか。そのためには今は休息も必要かもしれない。道草も意味ある人生行路かも知れない。高く跳ぶためには低く身を屈めることも必要。それこそ人生いろいろです。どれが正しくどれが間違いということはありません。決めるのは自分。行動するのも自分。不登校もその現れかも。
 でも、自分一人で決めるにはまだ非力。そこで、私たち「ぱいでぃあ」の人間は、そのための聞き役であり、伴走者であり、縁の下の力持ちであり、時には道案内者であり、育ちのための環境であったりします。

▼でも、そういう環境に恵まれなかった時、子ども心にも哀しい自分の人生を悟ります。
 「ボクは死んだ方がいいんだ。生きていたって何にもいいことがない---」
 そう呟いていたのはまだ小学校1年生の子どもでした。ここなら本音が聞いてもらえると思ったのかも知れません。でも、その子はそれっきりどこかに連れて行かれました。こちらはただ「元気でね!」と祈ることしかできなません。
 幸い「ぱいでぃあ」に集うのは、縁あって「ぱいでぃあ」を求めてやって来た子どもたち。ぜひ存分に生きる自分づくりに励んでください。


******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「こども支援ネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/
******************************************************
良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

新年度用のパンフレットの「まえがき」について---ほんのつぶやき

2014.03.29.01:20

▼3月14日に無事卒業式を終え、小学生と中学生の卒業生をつつがなく新世界へと送り出し、正直ちょっとホッとしているところ。束の間の休息です。公立学校の先生方は間もなく人事異動が発表となり、それで慌ただしい日々を過ごすことになる人もいるのでしょうが、フリースクールではこの時期、今年度の反省や修正点を踏まえて次年度の構想を練る時でもあります。

▼新聞報道によると、「ついに」というか「とうとう」というか、「経済格差=教育格差」となっている現実を、天下の文科省も認めざるを得なくなったようです。が、こんなことは何もお偉い学者さんの統計データを待ってその御託宣を聞くまでもなく、世間ではとうに常識となっていたことに過ぎません。後出しジャンケンのように後から出されても現実には何の役にも立たない。

▼さて、「2014年度のフリースクール・ぱいでぃあのパンフレット」が漸くできました。まだ未完成の部分もないわけではありませんが、一応仮止め。大きな変更を加えたいのは、「入学金」と「施設費」に関するもの。こういう社会情勢に鑑みて、両方とも様子見で始めます。でも、民間の教育機関の場合、必ずしもなしでは済ませられない事情があります。公立学校のように多額の税金は投入できませんし、私学のように助成金があるわけではないのですから。施設や人件費その他もろもろのものは結局利用される方の手弁当でということになります。
(本当は、公立や私立の学校から逃れて救いを求めてやって来た子ども達なのだから、《文科省が放っておくのはおかしい!》と声をあげても良さそうなものですが、親御さんは声をあげては下さらない。)

▼その鍵を握るのが、「不登校ファンド」。これが稼働したら(そのためには、一般の寄付行為がどれくらいあるかにもよる)、「どんなことがどれくらい可能になるのか」ということ。全てはその成功の可否にかかっている。それがやはり「それ見たことか!」と笑い話に終わる可能性も、寄付行為等にあまり馴染みのない日本では大いに有り得る。それはもうそれまでのことと腹をくくるしかないのかも。そうなれば「思いをかけた奴が馬鹿だった」ということになる。「猫に鈴を!」と言うのは簡単だ。いつまでも「不登校の子どもに教育バウチャーを!」と言うだけに終わってしまうかも。(「教育バウチャー」そのものは不登校支援の切り札、自由な学び推進の切符と思われたが、もはやすっかり色褪せ品質劣化が激しい。文教族は学校間競争を煽るツールにしたいらしいのだ---)

▼以下、ぱいでぃあ新しいパンフレットの挨拶文です。宜しければお目通しを。

------------------------------------------

「フリースクール・ぱいでぃあ」に関心を抱いて下さり有り難うございます。
2014年度のパンフレットが出来ましたのでお知らせいたします。

「フリースクール・ぱいでぃあ」はNPO法人教育ネットワーク・ニコラの(「子どもの心と命のために ---子どもの育ちと学びと人権と--- 」という)子どもの支援活動の一環として、特に不登校の子ども達支援を目的に2000年に設立しました。

子どもの不登校には様々な捉え方がありますが、その一つに日本の学校教育が偏狭な知育に傾斜する中で,それに対する子ども達の異議申し立ての声が真剣に考慮されずに来てしまった過程で生まれてきた側面もあると感じています。1980年代~1990年代に入ってから脱学校現象はさらに顕著になり(1997年以降常に10万人以上)、そこからさらに「引きこもり」移行していく若者も珍しくなくなりました。

不登校になると「もう自分はダメな人間だ」とばかりに、自己否定や自己卑下の感情でいっぱいにもなりがちです。不登校とは、本人にとっては何とも無念なことであり、社会にとっても人材の大きな損失と負担なのです。不登校は誰にとっても利することのないもの。「明るい不登校」などと言っても、所詮は強がりの遠吠えと思われるだけです。

でも、見方を変えますと、付和雷同するだけの周囲の人達と違って、不登校の子ども達はそれでも自分を曲げなかった優れた個性の持ち主であるとも言えます。それは誇るべきこと、褒められていいことです。他の人がなろうとして真似てもとてもできるものではありません。

後年「特別な能力を発揮した人たち」と称賛される人達を見てください。有名人の中にも多いですね。みな個性豊かな人達ばかり。そして、その人達はみな自分を否定せず自分の個性で勝負してきた人達ばかりです。

ぜひ、あなたも自分を信じ、自分の思いを大切にし、楽しみながら、自分づくりのスキルに励んでみませんか?そのためのお手伝いなら、喜んでさせてもらいます。

では、パンフレットをご覧になり、あなたに相応しいかじっくりご検討ください。自分づくりの手掛かりになるものが見つかるといいですね。疑問等は遠慮せずにどうぞ。

-------------------------------------------

******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
「こども支援ネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/
******************************************************

良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

夏休みも残りあとわずか…二学期開始のご案内

2013.08.20.23:22

日本海に臨む新潟上越市:うみてらす名立にて


夏休みも残りあとわずか…二学期開始のご案内

▼今日は8月15日、夏休みも残りわずか。みなさん、いかがお過ごしでしたか。夏休みは一年を通じて最も長い休暇。そして、全国的に不登校の日々。誰に気兼ねすることなく毎日をエンジョイできましたか(でも部活のある生徒には地獄の日々だったかも)

▼しかし、来春の受験生にとっては今年の夏は最も厳しく自分を律することが要求された日々であったかも。昔から〈夏を制する者は受験を制す〉という言葉があるほど。ぱいでいあでも学校には行っていないが、北辰テストや英検・漢検等を受けて受験勉強に取り組んでいる子ども達がいます。その子等にとっても貴重な夏休みであったはず。

▼でも、もともと《ぱいでぃあ》はフリースクール。進学塾ではなくフリースクール。学力は勿論大事なことですが、それ以上に本人が心身共に持てる能力を十分に発揮できるようになることを重視しています。
 これは現在医者にもかかっているか否かにかかわらずとても大事なことだと考えています。薬で症状を抑えることはできても治すことは出来ない--これが医学の限界ですそれができるのは唯一フリースクールのようなオープンで多様な学びの関わりの出来る所だけ。この確信は益々確かなものになっています。

▼《不登校》というのは〈長期間学校に行っていないという状態〉であって〈生得的な病気ではない〉と言われます。ですが、子どもが不登校になれば親御さん方は、学校からの勧めもあり、多くの場合、心療内科や精神科に出掛け、医師から何らかの薬の処方される。それが当たり前、普通の対応になっています。
 そういう親御さんにお尋ねしたい。〈それでお子さんは回復されて学校に行くようになりましたか?〉おそらく殆どの親御さんの答えは〈ノ〜!〉ではないでしょうか?

▼今、各地で不登校の子ども達に対するそういう精神科的な接し方が見直されつつあります。<生得的な病気ではない>と言われながら、不登校になると一律に心療内科等に回され、精神疾患的な病名を付与される。本人も親御さんもそれで原因が分かったような錯覚に陥ってしまう。<これは変だ、医学的詐欺に近い>と思っていても、誰も<変だ!>とは言わない。一人の人間の一生がかかっているのに!
 一見、あたかもそれが外科的治療のように科学的客観的な診立てに見えながら、実は極めて恣意的で、いわばそのお医者さんの気分によって診断名が符丁のように付けられるという感じ。医者を替えれば診断名も変わり、出される薬も異なる。どういうこと?さらに露骨なお医者さんになれば〈薬が必要でなければ来ないでください〉とまで言うようです。

▼もちろん、お医者さんの専門的な知見には確かな根拠があり、素人が勝手な判断で処方を変えるわけにはいきません。しかし、<医者選びも命のうち>と言われるように、不登校の子ども達にはその子達が立ち直るためには相応しい機関や関わりが大事なのです。それが人との関わりの中で起きたのであるならば、そこからの立ち直りもまた人の中にあります。失恋した人を立ち直らせるには異性を遠ざけるのではなく逆に素敵な恋を新たに体験させることだ、というのと似ていると思います。

▼ぱいでぃあには、いわゆる重度の生得的に障害のある子はおりません。障害があったり、当面は薬を処方されているとしても、普通の人として生きていくのにさほど障害にはならない程度の子ども達です。
 それで、ぱいでぃあでの関わりとしては、本来の自分の良さを取り戻すこと、学校では評価されなかった様々な能力に光を当てること、学校という枠組みの中では発揮できなかった隠れた才能を引き出すこと、学力はとても大事だが遊び・パフォーマンス・創造的な営みなど広い学びを体得すること、そして何よりもそれまでは否定的にしか考えられなかった自分を肯定的・積極的に考えられるようになること、等が重視されるところです。

二学期は、学校とはワンテンポ遅れて9月4日(水)からの開始となります。一年の長い射程を設け、確実な立ち直りを図っていきます。
 サポート校や技能連携校付属の小中学校のように<ダメなら上の高校部門に来ればいいよ>という対応はしません。国立、公立(全日制・定時制・通信制含む)、私立、民間のサポート校等、自己実現を遂げて自分の望むところ確実に進んでほしいのです《全員進学・全員合格》--これが設立当初からのフリースクール・ぱいでぃあの目標です。フリースクール・ぱいでぃあは<人生を諦めた不登校の子ども達の収容施設>ではないのです。
 《不登校になったからと諦めてほしくない》《本来の自分を取り戻してリベンジを図ってほしい》《学校では発見されなかったり認められなかった個性的な才能を大いに発揮してほしい》そう思います。
 ですから、ぱいでぃあは卒業生が出るたびに、ガラッと人数が減ります。飛び立てずいつまでも居座る子どもがいないからです。卒業して大学生になった、社会人になった、という元不登校の子ども達からの便りや中元等はあります。その気持ちだけでいいのです。
 

※外部生の相談も兼ね、8月26日から事務作業を開始いたします。ご相談のある方は、事前にご連絡をいただけると嬉しく思います。


******************************************************
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
******************************************************
良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村


プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。