FC2ブログ

2019年8月4日:「不登校セミナー(第一回)」挨拶のための下書きから

2019.08.02.16:45

2019年8月4日、熊谷市立文化センター文化会館において、今年度第1回の「保護者や教員のための不登校セミナー」を開催します。主催は埼玉県教育委員会、協力・不登校児童生徒のための官民連携会議。


その挨拶の下書き、メモです。


<1 不登校セミナーの歴史 と 官民連携会議>


官民連携によるこの「不登校セミナー」はもう10年ほどの歴史を持つが、この「熊谷会場」での開催は初めてのこと。


当セミナーは最初は「保護者のための」という名称で始まり、次に「保護者や教員のための」という名称に代わり、さらに開催場所もそれまでの「さいたま市」(不登校が最も多い)の会場から「西の川越市」と広がり、今回は「北の熊谷市」へとやって来た。


この「官民連携の不登校セミナー」の開始は10年ほど前に遡る。その趣旨はお互いにその立場を尊重し合いながらそれぞれの持ち味、見方考え方をぶつけ合い最良のものを目指していこうというもの。

熊谷を舞台にした不登校のイベントは、実はこれが初めてではない。平成15年夏に、ここの熊谷農業高校を拠点に、県教育委員会主催の「彩の国スーパーサマースクール事業」というものが開催され、それに私ども民間のフリースクールが協力したという歴史がある。


しかし、不登校支援活動には、実はさらにそれよりも前の歴史がある。 <2 民間教育団体による支援活動>

1995年夏に、私共が全国で初と言われる現場から発信する不登校問題専門の月刊教育雑誌『ニコラ』を創刊した。それが朝日・読売・毎日の三大紙だけでなく、東京や埼玉、群馬、長野、新潟等の地方紙でも報道され、その読者の会(二コラの会)の主催よって、まずその翌年の1996年12月に浦和市(現さいたま市]の教育会館において約200名ほどの参加者、9校のサポート校や機能連携校等の不登校支援団体が一堂に会し「不登校相談と実践報告会」を行った。座る席がなく立ち見の参加者もかなり出て、主催者としてお叱りも受けた。それから毎年、春と秋に、埼玉と東京において5年間ほど開催した。 不登校の支援活動にはまずはこういう民間の活動が先にあったのである。


しかし、その頃はまだ世間一般では「不登校」に対する理解は乏しく、学校にあまり問題はなく「不登校は子どもの情緒障害」という見方だった。そして埼玉県だけでなく文部省(現文科省)においても不登校に対する明確な取り組みはなく、市民活動を支援するNPO法もない時代であった。大学での不登校研究もまだ端緒についたばかり。資料を貸し出したこともしばしばある。既に不登校の子どもたちが全国で8万人を超え、ほどなく10万人の大台を迎える頃だった。

当時、まずは県の教育センターに問い合わせた。「対策はありますか?」「特にありません」「今後は?」「まだ考えていません」という応え。しかし、不登校は「今これからどうするか」の問題。今15歳の子も5年も経てば20歳。座して「百年河清を俟つ」わけには行かない。それで民間から徒手空拳の状態で船出することにした。もう25年近く前の話である。


恐らく民間からのそういう已むに已まれぬ活動が全国に波及し、今日の官民連携の不登校セミナーにも繋がっていったのではないかと思っている。


<3 「不登校」って何?>


そういう不登校支援の歴史を振り返り、その道を歩いてきた者の一人として、改めて思うことがある。

「不登校って何だろう?」と。

今、改めて子どもたちからも問われているように思う。


「不登校」って、<「学校」に行くことが前提>になっている言葉。

でも、「どうしても学校に行かなきゃいけないの?」とか、「自分で好きなことしちゃあいけないの?」とか、「勉強は学校でするけど、学習ならいつどこででもできるし、やっている」「将来の資格が必要なら、運転免許のように国家試験にすればいい」「学校で社会性を身に付けると言うけれど、理不尽に堪える自分なら要らない」等、イジメの他にも不登校の理由は様々。実に多様である。


実際、あなた方が知っているTVタレントや芸人、作家とか芸術家とか、今個性的な生き方をしている人の中にかなり元不登校だったという人が多い。大学の先生やお医者さんなど、社会的ステイタスの高い分野の人にもいる。


私共が扱った子どもたちの中にも、いわゆる落ちこぼれさんもいれば、浮きこぼれ(噴きこぼれ)、今流の言葉で言えばギフテッド、昔なら神童かな、IQが140、150と高くて学校にいられなくなった子もいた。友達が自殺したショックと先生ので学校に行けなくなった子もいた。中学や高校を卒業してすぐに社会に出た子もいれば、早稲田、学習院、いわゆるMARCHとか西の同志社とかの四大に進んだ子もいる。顔や声がみな違うように個性はみな違う。人様ざま。小学4年5年6年と私どものフリースクールに通い、進学塾にも通わず都内の進学校に合格し、来春東大を受ける子ような子もいる。

「不登校」というマイナスの評価に挫けなければ、不登校ということで自分を否定しなければ、その子にはその子に合った多様な道が開けている。


<4 「不登校=教育界のカナリヤ」ではないか?>


不登校は例えれば「教育界のカナリヤ」。「炭鉱のカナリヤ」という表現がある。炭鉱夫が坑内に入るときに一緒に連れていく。カナリヤは炭鉱夫には分からないけれども今坑内がどんな状態にあるか、危険はないか、逃げなけくても大丈夫かを教えてくれる。もしカナリヤが死ねば、人は坑内から脱出しなければならない。カナリヤは死をもって周りにいかに今危険な状態にあるかを知らせてくれる。不登校という存在は今教育界が、学校現場が如何に危険な状態にあるかを知らせているバロメータではないか?

「歌を忘れたカナリヤ」という童謡がある。西城八十の作詞による。私の知っている認知症のお婆さんもよく歌っている。あなた方はその歌詞を知っていますか?

「歌を忘れたカナリヤは」どうなりますか?「後ろの山に捨て」ますか?「背戸の小藪に埋け」ますか?「柳の鞭でぶち」ますか?昔の人は、そんな歌を忘れたカナリヤのような存在でも大事に可愛がり、忘れた歌を思い出すまで、じっと待つこころのゆとりを持っていたのかも。

「教育界のカナリヤ=不登校」にもそういう思いやり、心遣いが必要ではないだろうか?


今、国会の参議院では二人の障害のある議員のために内部を改造している。今までは言葉だけ。建前だけだった。ところが、その二人の存在が国会を動かした。

では、不登校はどうか?「不登校は誰にでも起こり得る」「病気ではない」とは文科省の言葉。ならば猶更、「隔離」施設の拡充やフリースクールを従わせようとかの発想ではなく、まずは不登校の子どもたちの真摯な訴えに耳傾け、それを具現化する行動を各学校で試みてはどうか?


<5 コーディネーター紹介>


今日、この不登校セミナーの開催に当たり、第一部では元不登校体験のある子ども2人、保護者2人の4人のシンポジストとコーディネーターに十文字女子大学准教授加藤陽子先生をお招きしパネルディスカッション「不登校を振り返って、今思う」を、第二部では第一部を受けて「子どもの心を支え合うためのヒント」というタイトルでお話を伺う予定。その後には「不登校セミナー」のアンケートも用意。忌憚のないご意見をいただければ嬉しく思う。



↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
*********************************************
*********************************************


スポンサーサイト



フリースクール・ぱいでぃあ社会体験学習・埼玉県立近代美術館の県展を訪ねる

2019.06.04.09:59

毎月恒例のぱいでぃあの社会体験学習だが、今月は5月の行事が6月の頭にずれ込んだ。ぱいでぃあの社会体験学習は「旬」を旨とする。だから、実施の直前まで選択に迷うことも出てくる。で、今回は埼玉県立近代美術館で埼玉県美術展覧会(県展)が開催されることもあって、それに行くことにした。

▼知っている人には既知の事柄だが、「鎌倉の文士に浦和の画家」と言われるように、関東大震災を境に、それまで東京が活動の舞台であった芸術家たちが小説家や評論家などの文士は鎌倉に、画家たちは浦和周辺に居を構え直した。その名残りが現在まで続いている。だから、絵画に関係する人たちが埼玉には多い。ただ、残念なことは今は昔ほど美術関係に市などの予算が割かれることはなくなったようである。

▼今回、この県展では全国に誇るべき規模で催し物が開催される。年齢も少年から高齢者まで幅広い。これを機会に、館内の作品群だけでなく、周辺の様々な彫刻等も眺めたい。北浦和公園の散策もいい。新緑のこの季節、しばし非日常に心を揺蕩わせるのも乙なものとも思う。

↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
*********************************************
*********************************************


2019年度新学期の開始に当たって:フリースクールから思うこと

2019.04.08.18:15

▼新年度・新学期の開始
3月下旬からの短い春休みも終わった。今日4月8日から新学期開始の小中学校が多い。
4月8日と言えば、仏教の「釈迦の誕生日」(灌仏会・花まつり)と言われているが、キリスト教でもなくてもクリスマスを祝う人はたくさんいるのに、大部分が仏教徒と言われる日本人でこの日を祝う人は少ないようだ。学校行事でも話題に上らない。そういう日本社会の奇妙さが学校や学校を取り巻く巷にもたくさんある。
とにかく、新学期が始まり、新入生も入って来る。先輩のお兄さんお姉さんの活躍が期待される。

▼学校に行かない不登校の子どもたち
ところが、新年度新学期を祝えず、新学期が始まっても学校には行かない子どもたちがいる。「不登校」の子どもたちだ。前年度は不如意な結果であったとしても、新年度新学期からは他の生徒と同じく元気に登校したいと思っていた子も多いだろう。また、陰に陽に親から登校圧力を受けていた子も多いかも知れない。そういう子にとっては家庭は必ずしもシェルターとして十分であったとは言えまい。

▼近年再び増加の不登校の子どもたち
「不登校」(昔は登校拒否と言った)はこの現象が社会的な注目を集めるようになった1980年代~1990年当初から主に「子どもの問題」とされた。「情緒障害」とか「学校不適応」という表現がされた。これは全国初の不登校専門誌と言われた私達の発行した月刊雑誌『二コラ』の教育センターの取材記事にもある通りだ。以後、不登校は増加し続け13万人台のピークを迎える。教育行政の参加もあり一時は減少に転ずるが、平成25年(2013年)から再び、少子化で子どもたちの絶対数が減り続ける中でも、増加し続け、現在14万4千人超となっている。

▼家庭での不登校の受け止め方の違い
「不登校」という言葉の社会的認知度は高まったが、我が子が不登校になると思っている親御さんは少ない。そして大部分は「学校にやることが善だ」と思っている。だから、子どもが不登校なっとき、激しく動揺し、我が子を責めることになる。
もし、不登校への理解があれば、こうはならない。もっと冷静に穏やかに受け止められる。そして、無理に登校刺激をせず、その子の個性や特性に合った最善の方法はなにかと考える。子どもも安心して家庭で行動することができる。

▼「発達障害」という囲い込みが始まった
近年、自閉症やADHDなどの「発達障害」と命名される子どもたちの増加が話題となっている。食品や食品添加物の問題、薬物禍とりわけワクチンなどの問題も指摘されている。不登校でこの発達障害と看做される子どもたちが多い。今まで「不登校はどの家庭でも起こり得る」「不登校は病気ではない」とされて来たのに、今では不登校になると即「病院で検査を」の流れにある。おかしなことだ。
そして「またしても」と言うべきか、不登校の子どもたちに対してかつては心理的な側面から、今度は発達障害という科学的医療的側面から、学校教育や教育行政の無謬性を意図して、新たな「囲い込み」が始まったのではないかということ。
はっきりしたのは、モグラ叩きのような対症療法的不登校対応ではもう道は開かれないということだ。

▼不登校は近代教育終焉のシグナル
日本で不登校の存在が注目されるようになってから優に30年の歴史が経っている。その間、子どものいる現場から、家庭の親御さんや種々の民間の教育団体から、様々な教育関係者から、重要な指摘がされてきた。だが、根本的な解決になるものは採用されず、相変わらずの対症療法的なハウツーばかりが盛んである。
もう、学校や学校教育に期待するのは止めた方がいいかも知れない。近代国家建設時に採用された企画に合った良質の部品を大量に作る教育の役割は終わったと思った方がいいかもしれない。
そういう意味からすれば、不登校という現象は近代教育の終焉のシグナルであり、不登校となった子どもたちはそれぞれ自分に合った教育を求め始めたのだといっていいかも知れない。

▼不登校とは生き抜くための個性的な行動
春休みが明け、新学期が始まったが、新学期開始を前に自殺という暗いニュースも飛び込んでくる。学校とは死ぬ思いをしてまで行くべきところか?死ぬかもしれないのに子どもを送り出さなければならないものか?不登校とは間違った行動なのか?学校の教員が我が子の不登校を隠すのは何故か?
もし、我が子が不登校になり「学校に行きたくない」と言ったら、親御さんはどうすべきか?
「不登校万歳!」とまでは言わないが、同調圧力の強い教室の中で「皆に和せず自分を貫いた勇気ある個性」をこそ讃えるべきではないか?

▼子どもの目線で能力を開花させる教育のお手伝い
今後の教育は発展途上型の皆に和する教育ではあるまい。持って生まれた個性を最大限に引き出せる教育でありたい。「教え育てる」教育ではなく「能力を覚醒・開花させる」教育でありたい。それに社会と切り離され、塀を立て、遊びも感性も切り捨てた偏狭な「知育」に特化した教育でいいのか?
我が子が不登校になったのはいい契機と捉えたい。そこで我が子の偽らざる本音に耳傾けてほしい。彼は何を望み、どうなりたいのか?どう学ぶのがいいのか?子どもの目線に立って共に考えたい。そして、自分の人生に真剣ではあるがまだ非力である我が子をそっと支えてあげたい。我が子の最大の理解者として、最高の伴走者として。
その時、もし必要ならフリースクールの門を叩いてみればいいだろう。その子の育ちや学びの応援隊の一員としてできる限りの支援をさせていただく。それを最大の使命と考えて今まで取り組んで来たのだから。


↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
*********************************************
*********************************************

大宮梅まつり 「ぱいでぃあ社会体験学習活動」を終えて---卒業生の参加も---

2019.03.03.18:46

大宮梅まつり 「ぱいでぃあ社会体験学習」への追記---卒業生の参加---


▼ほぼ毎月、「ぱいでぃあ社会体験学習活動」を行っているが、今回2月27日(水)に行った「大宮梅まつり」&全国陶器市」のイベントには、久しぶりに「NPO二コラ」の会員だけでなく一般の希望者にも呼び掛けた。直前になっての呼びかけだし、あまり一般からの参加は期待していなかった。

▼ところが、意外なことに、元卒業生のKが大学卒業後の猶予期間を利用して、遊びに行きたいと電話を掛けてきた。中3で卒業してから何年振りだろう。今までも何度か「来たい、来たい」と言い、年賀状でも「今年こそは」とも書きながら、なかなか実現しなかったことがひょんなことで実現した。


▼思えば、お母さんはピアノ教室を運営し、お父さんは会社勤めの仕事をしてはいたが、生活は安定せず、家庭の都合とぱいでぃあとで互いに納得の行く支え合いの中での私達のフリースクール・ぱいでぃあへの通学だった。
 彼女は小学校低学年からの不登校で、「フリースクールに行くならぱいでぃあ」と親子で決めていたようだが、実際に通い始めたのは中学1年生になってからのことだった。そして、ぱいでぃあでは小学校時代の不足を補完しながらの勉強その他の開始となった。


▼ぱいでぃあに通い始めてから分かったことだが、教科の学習はどれもさほど得意ではなく復習と基本の理解に徹した。だが、驚いたことがあった。彼女は「絶対音感」の持ち主だった。後ろを向かせてキーボードのキーを押して試してみると、全てをピタリと当てた。

 小学校低学年の時から学校には全く行ってなかったが、両親のぱいでぃあへの絶対的な信頼とぱいでぃあでの無理のない後押しの下で彼女はコンスタントに通った。


▼休暇を取って父親も参加した自身の卒業式の時には、私の餞(文字通り「鼻向け」の言葉だけでなく(確かスチーブ・ジョブズの「ハングリーであれ、バカであれ」を紹介したのではなかったか?)、卒業生の余興として素敵なピアノ演奏を数曲弾いてくれたのを思い出す。


▼ぱいでぃあに通ってきた3年間で彼女は見事に自立した自分を築いていった。地元の学校ではきっと不可能なことだったろう。ぱいでぃあがあればこそだった。

 ただし、私等スタッフは本人に秘められた眠れる才能に気付き、それを本人の特性に従って無理なく引き出す産婆というか触媒の仕事を行い、その成長に寄り添う伴走者の役割を担ったに過ぎない。自分たちに誇れることがあるとすれば、それぞれの個性や特性に的確に反応できるセンサーを持ち、その支援を行ったことではないかと思う。

▼あれから何年経ったか。ぱいでぃあは基本的に義務教育段階の子どもしか扱わないから(この段階で自分づくりができれば後は大丈夫という考えだ)高校・大学はもはや脱落することなく自分の道をブレることなく歩めばいい。でも、彼女もご両親も今の自分の原点がぱいでぃあにあったことを忘れることはなかったようだ。
 彼女から話を聞いて知ったことだが、高校ではただ一人特待生の試験で満点を取り、その資格をゲットし、授業料免除であったらしい。


▼大宮の梅まつりへの参加を快諾し、その賑わいに彼女も参加したが、大学も無事に卒業し、既に社会人に成長した姿がそこにあった。この観梅行事はその門出に文字通り花を添えることになったと思う。おめでとう!心から祝いたい。
 同道していたメインの在校生にも、そういう卒業生の姿は大いに刺激になったのではないか。


▼もともと、ぱいでぃあのこの「社会体験活動」は寺山修司の「書を捨てて街に出よう!」の具現化の意味合いもあるが、東大的知のヒエラルキーが国会で無残な姿を晒している現在、その反証としてまた新たな展望として、大きな意味合いを持つと勝手に思っている。

 因みに、今年は小4・5・6年の3年間の小学校時代をぱいでぃあに通ってきて(当方は学習塾ではないよ)、どこの塾にも通わず、ただぱいでぃあで自立学習を積み重ねて、進学塾の生徒たちに伍して見事に第一志望の受験進学校に進み、今年東大を受験した卒業生もいる。

 結果はどうか。それもまた楽しみだ。自学自習の成果もここにある(この項は改めたい)。


 良ければクリック。

みんなでテスト(成果)を見せ合う

2019.01.19.13:04

◎みんなでテトスを見せ合う


学校に入ったとき「みんな助け合って」「友だちをたくさんつくろう」とか先生は言うけれど、偏差値の高いと言われる進学校ほど、校長先生自らが「今日から周りはみんな敵だと思え」なんて訓示を垂れたりする。


中卒で社会に出て、後に功成り遂げた素敵な人がいる。彼は勉強が嫌いだった。先生の言うことは自分の人生に不要だと思った。人生で世間が注目し、大勢のファンができた。その彼が言う。

「みんなで見せ合えばいい。できる人は見せ、できない人は感謝する。そしてクラスのみんなが100点になる」と。


「人ができ、自分もできる」、それが教育本来の姿かもしれない。



↓ 良ければクリック。
  にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
  ******************************************************
「こどもネット」のサイト http://kodomo-sien.net/wp/
「いきいきニコラ」のサイト http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
「教育落書き帳」(ブログ)< http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト http://freeschool-paidia.com/
  ******************************************************

プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR