スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「不登校セミナー」(2016年度第1回)開催にあたっての若干の覚書

2016.07.21.13:33

▼「不登校セミナー」の開催に先立ち
埼玉県で近年恒例となった「不登校セミナー」(7月23日))官民連携による)がさいたま市民会館浦和にて開催されます。これにはタイトルとして「保護者や教員のための」という前書きが付いています。私たちは何よりも絶えず子どもの生きる現場にいる保護者や教員の方々に「不登校の子どもの実際」を知って欲しいと思います。
最初、この官民連携の「不登校セミナー」は民間の話し合いのメンバーがフリースクールと不登校の親の会であったこともあり、絶えず子どもの側にいるのは保護者であることから、「保護者のための不登校セミナー」としていました。しかし、不登校が発生するのは学校教育の現場であり、その責任者である教員の方々に知って貰うことはとても重要なことであるという考えから、現在のような「保護者や教員のための不登校セミナー」という形になりました。

▼最初、このような「不登校セミナー」は約20年ほど前から、私達民間の側が先導する形で始めたことでした。1996年以降毎年の春と秋に、埼玉や東京を中心に「不登校実践報告会」という形で、まだ不登校支援の業務に乗りだして間もない様々なサポート校や通信制高校、専修学校群、技能連携校、フリースクールなどが協力し合って浦和市(当時)や東京の各地で開催したものでした。そういう記録は私達の発行していた日本で最初の不登校専門の月刊雑誌『ニコラ』を通じて発信し、後に単行本『行ってみないかこんな学校』という市販の書籍にもなりました(ハート出版社、現在希望者に無料配布)。
しかし、その当時は「不登校のための対策は特にないし今後の予定もない」と答えていた県教委も、都内ではチャレンジスクールを開校し始めたのを追いかけるようにパレットスクールという、それまでの夜間の定時制を統廃合と衣替えを図り午前・午後・夜間という三部制の定時制を開校し、不登校の子どもたちにも広く門戸を開くようになり、現在に至っています。

▼このように不登校の児童・生徒に対して、社会的認知度や許容度が高まり、県の教育委員会も前向きの姿勢を示したにもかかわらず、市町村の実際の学校現場は依然として旧態依然の対応のところが多く見られます。

ー(つづく)ー









スポンサーサイト

「不登校」って何だろう?もう一度原点に戻って考えたい

2016.06.28.01:13

「不登校ってなに?」「不登校って何だろう?…改まってそう聞かれたら、あなたは何と答えますか?

▼そもそも「不登校」とは「学校」を前提としている。だから、もし学校というものがなかったら不登校という現象もまた存在しない。 では、学校というものがいつ出来たのだろうか?というと、意外にその歴史は浅い。明治政府ができて、近代学校教育の始まりを告げる「学制発布」(明治5年8月2日)があってからである。その前の江戸時代には国営の学校教育と言うものはなかったのである。

▼それなのに、日本人の我々は子どもが「学校に行きたくない」と正直に今の気持ちをぼそっとでも言おうものなら、まるでその子の人生が終わってしまったかのように大騒ぎする。これほどまでに保護者の学校神話は強い。 だが、実際は、日本人はずっと昔から、学校があろうがなかろうが、子どもが自立して生きていくために学びや教育は欠かせないものとして、各自民間のレベルで淡々と行ってきたものである。

▼今でこそ日本は男尊女卑の社会と海外から誹りを受けるが、平安の昔から女性が文筆をものとし、『源氏物語』や清少納言の随筆を生み出したようなことは世界に類を見ないことである。そこに官製の学校はあっただろうか?学校がなかったら子どもたちは勉強しなかっただろうか? 今一度、「学校って何だろう?」「不登校って何だろう?」「なぜ子どもは学校に行きたがらなくなったのだろうか?」…と考えてみませんか?

▼この「ぱいでぃあ通信」の場が、不登校の子どもたちの教育や子育てに関して、様々な話題を交し合える場になれば幸いです。 そして、それが少しでも日本の教育の現実を変えるものに繋がって行けばさらに嬉しいことです。

▼現在、この「ぱいでぃあ通信」と併行して、子どもに関する様々な話題をトータルに扱える場として「子どもネット」をさらに充実させる作業に取り組んでいます。今までの「いきいきニコラ」のサイトに代わって、市民や子どもという民間の立場から稼働させたいと思っています。みなさまの率直な声もお聞かせ下さい。

↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村
******************************************************
「子どもネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/
「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/
「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/
「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/
****************************************************** ;

誰でもが利用できるリーズナブルな新料金で支援!

2016.05.10.00:28

※2016年度入学時費用・月謝表のページへ

▼小中学生は義務教育段階の子どもたち
 欧米をはじめ世界の先進国の国々では、小中学生という義務教育段階の子どもたちは原則「教育費は無料」というのが普通です。日本でもそれを踏襲しています。しかし、経済的には先進国の仲間入りをしたとは言っても、教育、文化、社会等の面を見れば必ずしもそうとは言えないところがあります。その上、経済的格差が教育格差に連動し、その度合いがますます拡大しつつあるのが日本の現状です。

▼一向に解決に向かわない不登校の問題
 そういう中で、何らかの理由で学校に行けなくなった、あるいは行きたくなくなって不登校となった子どもの場合には、義務教育で謳い文句の「教育の無償化」が全く絵に描いた餅に化してしまいます。不登校となった小中学校の子どもには、いっさい義務教育の恩恵はなくなり、教育棄民の状態に置かれることになります。ここに日本の教育の大きな欠陥が見られますが、一向に改善される気配はありません。

▼子どもが不登校になることで生じること①
 不登校の実態を知られるのは「学校として恥」とでも思っているのか、学校側が不登校の実数を伏せていることが多く、在籍クラスの担任を通じての個別な対応以外は(これも学校次第)学校側と家庭との接点はなくなりがちです(そういう点を考慮してか、学校側がその親御さんにPTAの役を割り振り、子どもが通っていない学校でPTAの役員などを回されることなどがあります)。ここには学校間競争を煽ろうとする教育行政の悪影響が出ているのかもしれません。

▼子どもが不登校になることで生じること②
 こうなると、「不登校を選択」した子ども本人だけでなく親御さんにも様々な不都合が生じてきます。学校との接触も極端に少なくなり、勉強も学校でやったプリント類がただ手渡されるだけでお座なりになります。履修しているいない、理解しているしていないにかかわらず、大体そのまま放置されることになります。ただ、定期的に学校に来たり、連絡をするように(まるで不登校の生徒が悪いかのように)要請はあるようです。でも、それは不登校の内情を外部に知られまいとする学校側の都合であり、本人のケアには何の役にも立ちません。

▼自分を生かせるところで勝負しよう
 でも、たとえ学校側に子どもが不登校になった過半の責任があったとしても、学校側の変化を期待することはあまり期待できません。ですから、『ここでは自分は生かされない」「ここにいれば危険だ」と思ったなら、まずはその場を早急に離れることは大事なことです。
 不登校の選択は間違いではなく正しかったのです。自分が生かされるところで勝負すればいいのです。 学校を離れたのは自分を本当に生かす場を求めてのことのはずですから。しかし、そのままではいけません。傷ついた心を癒すと同時に少しずつ強い心を身に着け、自立して行かねばなりません。

▼「ぱいでぃあ」とはどんなフリースクール
 「ぱいでぃあ」というフリースクールは15年以上の歴史があります。ここから様々なタイプの不登校生が飛び立って行きました。学校では」お荷物扱いを受けて全く存在感のなかった子もいれば、IQ140以上で天才的な異能・異才を発揮した子も何人もいます。共通するのはどの子も型に嵌った学校教育の中ではその個性や存在感を認められなかったということ。でも、ぱいでぃあでは誰もが認められ、自分の能力に自信を持ち、自分の目標に向けて飛び立って行きました。飛び立てずにいつまでも残る子どもは一人もいませんでした。

▼「ぱいでぃあ」で体得する学習とは
 他と比較していただければ分かるでしょうが、「ぱいでぃあ」は誰でもが利用できるリーズナブルな月謝性の料金設定になっています。年間の費用も極力抑えています。時間単価で言えば学習塾よりも安いかもしれません(いろいろな条件を考えれば料金設定は高く設定したいのですが)。不登校になったからと言って諦めず、自分を責めないで、「ぱいでぃあ」で再起を図ってほしい、そう願ってのことです。ビジネス優先ではありません。
 一つだけ付け加えると、「ぱいでぃあ」では教えられたことを覚えるための勉強が中心ではありません。「勉強するのはあなた」です。スタッフは本人が自立していくまでの支援者であり伴走者です。「ぱいでぃあ」で自分の心や身体を働かせ、自分の頭で考える学習を体得してもらいたいと思います。
 きっと「ぱいでぃあ」での活動の中で、どこかに弱いところがあって不登校になった自分が、いつの間にか強い自分になっていて、不登校が克服されていることに気が付くでしょう。

※2016年度入学時料金・月謝表のページへ

↓ 良ければクリック。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

******************************************************

「こどもネット」のサイト

http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」のサイト

http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)

http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト

http://freeschool-paidia.com/

******************************************************




tag : 不登校 フリースクール 脱不登校 小中学校

全ての不登校の子ども達に無償の教育支援を!

2016.04.18.15:33

全ての不登校の子ども達に無償の教育支援を!

義務教育段階の子どもは原則教育費は無償
不登校になった子ども達、とりわけ小学生や中学生の子ども達は義務教育段階の子ども達である。周知のように義務教育段階の子ども達は国家がその費用を負担して原則無償となっている。実際には学生服代、給食費代、部活の運動着等の費用、旅行費用の積み立て等々、必ずしも全額が無料となってるわけではないが、授業料や教科書代等の費用に関しては原則無償となっている。

●不登校の子どもは教育公費の恩恵に与れない
しかし、その学校に通っていた子どもが何らかの理由で学校に行けなくなったとき、義務教育費無償の原則は適用されなくなる。単に子どもが不登校になったというだけで、もしかしたらそれは本人のせいではなかったと思われる場合も含めて、一律に不登校の子どもは学校教育公費の恩恵には与れなくなる。
 何故そういうことになるのかというと、まず教育公費は原則公立学校に通っている生徒の人数分学校側に自動的に下りるシステムになっていること、そして、その教育公費のほぼ7割は学校教職員の人件費に使われることにあるようだ。

●教育公費は生徒の人数分学校に落ちている

だから、極端なことを言えば、子どもが学校に行っていようが長期欠席していようが、当該年度にはきっちりと生徒の人数分教育公費が学校に割り当てられる。一方、教員の方はどんなにその教師に問題があろうとも不登校の子どもを何人出そうとも、教職員への給与は支払われることになる。これが公立学校の実態であろう。私立や民間の教育機関ではまず考えられない恵まれた経済環境の中に公立学校の教職員は置かれている。(教職員の仕事そのものについては今論じない)

●不登校生は経済的棄民=教育棄民の状態に

だが、学校を離れた子ども達にとっては、逆に教育公費の恩恵には一切浴せず、経済的棄民=教育棄民の状態に止め置かれることになる。そういう中で、親御さんが不登校になった我が子のために十分な経済的精神的な援助をできる家庭はあまり多くはない。親御さん方もまた社会の中で容易に外れられない仕事を担っていることが多く、我が子に十分なエネルギーを注げない。結局、大部分の家庭の子ども達は不登校=教育棄民の状態に陥ることになる。昼間親のいない家で一人ヤモリをやっていることも珍しいことではないようだ。

●教育公費を子どもたちの学びのために使いたい
「義務教育は無償です」と謳っていながら(先進諸国では今や当たり前)、いったん不登校になったらその公費は子どもの教育支援のためには一切回ってこない。ただ子どもが通わなくなった学校で教職員の給与等に使われているだけ。どこかおかしいと思いませんか?
 少なくとも、子どもが不登校になって学校に行けなくなったのなら、その教育公費で子どもが学びたいというところで、学びたいという方法で学ばせてやりたい、その意欲を買ってあげたい、応援してあげたいというのが親心ではないでしょうか。

●不登校の子ども達に教育バウチャーを
そこで、今までは学校で無駄に消費されていた教育公費を子どもの教育に役立てるために、教育バウチャー(教育券)の発行を改めて提案したい。そして、子どもの教育支援に役立てたい。
 教育バウチャーを手にした子どもは、自分が学びたいところで教育バウチャーを使うことができます。それは公立学校でも、私立学校でも、フリースクールでも、ホームスクールでも、海外の学び舎でも行使することができます。義務教育卒業の資格は、いろいろな資格試験と同じく、共通の資格試験とすればいいと思います。既に高卒認定試験や中卒認定試験があります。必要ならそれの小学生版を用意すればいでしょう。

●卒業資格取得のための認定試験の導入を
義務教育において年齢主義を取っている日本の学校教育では、落第も飛び級もありません。建前上、卒業は学校長裁量とはなってはいます。しかし、実際に卒業に値する学力があるのかどうかも関係なく、場合によっては中学の3年間全く学校に通っていなくても、そのまま卒業させてしまうのが通例です。逆に、居残ってもらっては困るのです。それで、学校はただ籍を置くだけのところになっているのが現状です。
 このことが「何も学んでいないのに卒業させてしまう」とか「さっさと卒業したいのに無意味にいつまで留め置く」という批判を招くことにも繋がります。その意味からも、認定試験の導入は必要なのではないでしょうか。

●個性を尊重した学校教育への変換を
子どもが不登校になるにはそれなりの理由があります。でも、今日本の学校教育ではそこに触れるのがタブーです。「子どもが傷つく」という口実のもとに。
 しかし、子どもの声や行動に注意深く接するならば、そこにある一定の理由があることに気付きます。日本の学校教育では、先に大きな枠があり、そこに一人ひとりの子ども達が自分を合わせなければなりません。“I'm different.” ということが欧米では個性的な好ましいあり方とされるのに対し、日本でははみ出しという否定的な意味で使われることが一般的です。
 そういう意味からも、「自分の好きな方法で、好きなところで学べる」−−−そういう教育こそが望まれる時代になったのではないでしょうか。

※この項、今後も取り上げます。

↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

******************************************************

「こどもネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/

******************************************************


アンスクーリング:新しい子ども支援の在り方:家庭と学校とフリースクールを繋ぐこと

2016.04.02.18:20

アンスクーリング:新しい子ども支援の在り方:家庭と学校とフリースクールを繋ぐこと

▼「アンスクーリング」(unschooling)って何?
 「フリースクール・ぱいでぃあ」のトップページに「アンスクーリングへのお誘い」とあるけれど、「アンスクーリングって何?」と思っている方は多いのではないかと思います。その「アンスクーリング」の言葉の下には、「不登校支援 & 脱不登校支援 & 脱学校支援」とあります。
 はてさて、ますます分からないという方がいらっしゃると思いますので、簡単に説明させていただきます。

▼前にある「アンスクーリング」を言い換えた言葉が「不登校支援&脱不登校支援&脱学校支援」という言い方であるとお考えください。
 でも、この3つの言葉はそれぞれに対立し合う関係にないですか?並べただけでは、まさにその通りですね。ですから、これは並べて考えるのではありません。組み合わせてその関係を考えるのです。
 アンスクーリングとは、不登校を考えると同時に、脱不登校といってそこからの飛び立ちを目指し、学校から離れたといってもそれで引け目になることもない…そういう多義的なニュアンスを含んだ言葉が「アンスクーリング」なんだとお考えください。

▼学校を離れて不登校になると、とかく自分を卑下しがち。もう自分の人生が終わったように落ち込む人もいます。でも、大事なのは自分が自分らしく学び成長するために、どこでどう学ぶかということ。学校という場はその一つかもしれません。ある場合には家庭が適しているかもしれません。集団で同じことを学ぶより個別にじっくり学ぶ方が向いているかもしれません。レベルも周りよりも自分に合わせた方がいいかもしれません。いろいろですね。
 その時に、自分はこうだから相手も…と無理に考えなくていいかもしれません。自分は自分のペースでやる方がいいことだってたくさんありますね。

▼「アンスクーリング」というのは、子どもの学びにとってどんな方法がいいかという考察のもとに導き出された「子ども主体の教育方法」です。
 特に日本の学校教育は硬直化していることが多く、なかなか個人に光を当てた教育ができません。その結果、能力のある個性的な子どもほど不登校になりがちという特徴があります。フリースクール・ぱいでぃあでは、家庭と学校と繋ぎながら、そのどちらにも偏らず、その子本来の能力を引き出し開花させるために、そういう子どもたちを支援したいと思います。

▼お子さんを真ん中にして家庭と学校を結びますが、それは無用な対立はお子さんに害になるからです。お子さんの教育に必要な様々な情報や学びは家庭や学校から積極的に取り入れ、同時にお子さんの更なる理解のために、また家庭や学校に返していきます。
 ですから、お子さんは各自が自分主体に学びや活動を組み立てられると同時に、元気になって「また学校に行ってみたいな」という時には、本人の意志で自由に学校復帰に挑戦することができます。そのお手伝いもします。

▼子どもと大人では時計のリズムが違います。思考も行動も、子どもの方がずっと自由で柔軟です。一度不登校になったとしても、低学年ほど回復力があります。ですから、親御さんは子どもの先回りをせず、おおらかな気持ちで子どもの学びや活動を見守っていけば、お子さんはみるみる成長し変わっていきます。
 でも、それは魔法でも何でもありません。身体に自己治癒力があるように、子どもの心にもそれがあるのです。そして、そのためには、過保護でも過干渉でもなく、適切な距離を持った「親御さんのビタミン愛」ほど効果的なものはないのです。

※ご興味がある方には、電話でもお答えします。

↓ 良ければクリック。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

******************************************************

「こどもネット」のサイト
http://kodomo-sien.net/wp/

「いきいきニコラ」のサイト
http://www.os.rim.or.jp/~nicolas/

「教育落書き帳」(ブログ)<
http://blog.goo.ne.jp/gootyokipapa/

「フリースクール・ぱいでぃあ」のサイト
http://freeschool-paidia.com/

******************************************************
プロフィール

Bakiller

Author:Bakiller
不登校の子ども達やフリースクールを応援するブログです。
「不登校も過ぎてみればいい経験」がモットー。「脱・不登校」ですが、不登校の否定ではありません。それを肥やしにして、そこから飛び立つことが願いです。
 世の中にはもと不登校とか学校が合わなかったという人はたくさんいます。でもその人達は自分を否定せず自分を貫き通し自己実現した人達。不登校をはじめ様々な逆境をまたとないチャンスとして積極的に生かした人達。何も特別な人達ではありません。どの子もそうなることことを願っています。主役はあなたです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。